« 種こぼれ 子が後の庭 飾る桃 | トップページ | 白い花 壮麗漂う 彼岸前 »

2019年3月14日 (木)

歩く姿勢が示す健康度・・・もう一人の自分で観察

P1070462【今まさに満開の花梅】

 高齢になるとロコモティブシンドローム【運動機能の低下】やサルコペニア【筋肉減少】に陥りがちで、それは今まで何ともなかったことのうち、先ず歩く姿に異変が出やすいです。これは足腰が重量ある体重を支えてるからです。
 
 平成28年の調査では、65才以上の人は人口の27.3%に達し、これは4人に一人以上となり、このうち、70才以上の人は人口の20.7%になり、こちらは初めて2割を超えました。これは今や、全人口の5人に1人が70才以上の高齢者です。(総務省)
 
 今後、高齢化率は少子化と相まって年々増加するでしょう。いつかは誰でも必ず到来する高齢期です。しかし、意外と長いこの期間を日々健康で、どこへでも自分の力で行ける足腰の強さ、及び、人に頼らないで生きる精神面を維持するには、ある程度の芯の強さと、運動の取り組みが必須です。
 
 最も良くない習慣は、朝から晩まで、楽に寄りかかれるソファーなどに座ったままでいるとエコノミー症候群に陥り、血液循環に支障を来たします。座る場合はソファーでなく、一般の硬い椅子で、姿勢が保てるものが健康的と考えます。
 
 寄りかかるようなソファーでは、血中酸素が不足し、各臓器の活動に支障を来たし、のみならず、足腰には全身の70%の筋肉が集中しており、この筋肉の中にもエネルギー源となる酸素が不足する状態が続きます。同時に、使わないことからルーの法則により、下半身の筋肉が減少し、ある日、突然にあるいは次第に下半身の運動機能に異変が生じることになります。
 
P1070466【開花が遅かった思いのままも満開に】
 
 この状態を未然に防止するため、私たちは思ったより速めに歩くことや階段を上ることなど、日々のちょっとした工夫を習慣化することで、サルコペニアを防ぐ基本的生活習慣が向上します。
 
 ところで、私の住む群馬県では今朝の日の出は5時57分とついに5時台になりました。日の入りは17時50分と伸び、昼の長さは11時間53分です。実際には昼の長さと夜の長さがほぼ同じです。早朝の運動は血圧の関係から、野外では行なってはなりませんが、1日が長いことから、今までより野外に出る時間を多くし、日中、身体をよく動かし、血液循環をスムースにし、具体的には心拍数を平時より30前後多くしたいものです。
 
 また、日の出が早まったことで、朝食時間を7時前後にすると、消化器の循環機能が活発化し、昼食時が待ち遠しくなったり、便秘に陥らず、充実した一日になり得ます。
 
P1050468 【亡父が半世紀前に植えた水仙が咲き出す】
 
 一方、日中、街角を歩くと多くの高齢者が目立ちます。男性も女性もいても、やはり女性が多いです。私はその人たちの「歩く姿」を観察しつつ、振り返って客観的に自分の姿勢のあり方を、もう一人の自分の目で判断するようにしてます。
 
 90%の方々の姿勢はあまり健康とは言えない姿であり、如何にもお年寄りという風貌を自ら作っている気がします。前屈みでは、いつも肺や胃を圧迫し、背中の筋肉は弛み、あまり腕は振りません。遅い歩き方で姿勢が悪いのはサルコペニアが考えられ、また、内臓に何らかの疾患があるとも考えられます。
 
 「歩く姿勢こそ、その人の健康度を表わすもの」と考えるとき、目は遠く前方を見つめ、胸を広げ、呼吸筋の柔軟性のため腕は後ろへ振る感覚を持ち、常に颯爽と歩く習慣です。この感覚を1日10分~15分でよいから持ち続けることで、サルコペニア対策はもちろん、精神的に前向きに生活する基盤が確立するのではないでしょうか。
 

|

« 種こぼれ 子が後の庭 飾る桃 | トップページ | 白い花 壮麗漂う 彼岸前 »

anti sarcopenia」カテゴリの記事

コメント

ちょっとした工夫を習慣化することでサルコペニア対策になるとありましたが「家の中もつま先立ち歩きで歩く」のはいかがでしょうか。
思い切り背伸びした状態で、つま先立ちで歩くのは意外に難しく、普段歩くときには使わない筋肉も使うことができそうな感じがします。自分的にはちょこまか運動なので長続きしそうです。外出時もできるだけつま先で歩くようにしたいと思います。
犬や猫はつま先で歩いているイメージがあります。

投稿: えりまきとかげ | 2019年3月14日 (木) 10時33分

えりまきとかげさんへ・・・いいですね。私も実験してみましたら、背が高くなった感じです。これは脹脛がすごく鍛えられます。下半身の血液を上半身に押しやるには、第二の心臓といわれる脹脛が鍛えられ、血液循環によいでしょう。
私はよく一か所で踵の上げ下げします。これはキャフレイズと名がついてます。
ところで、初めて本日の午前中に、富所三郎さんが眠るお寺に行き、お墓参りし、線香を供えてきました。「私はこの世にいるんだ」と認識を新たにしました。これから一杯羽ばたこう。

投稿: カッキー | 2019年3月14日 (木) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 種こぼれ 子が後の庭 飾る桃 | トップページ | 白い花 壮麗漂う 彼岸前 »