« どこからか 藤の香りに 熊蜂飛行 | トップページ | 藤の花 ドーダンツツジと 饗宴中 »

2019年4月22日 (月)

最近は牡丹に夢中の日々

P1070658

 今や65才以上が3人に1人になりつつある少子高齢化時代です。やがて来る令和20年頃には2人に1人が高齢者と予測されてます。

 このような時代にあって年齢を重ねても、精神が決して錆つかない生き方こそ求めなければなりません。それは常に心を夢中にさせる対象がある日々です。

 小学生時代に飼い始め、その後60年間、レース鳩に明け暮れた私の生活は昨秋で飼育を終えました。北海道・稚内から群馬倉賀野まで帰還する鳩をめざし、日々、夢中にさせるレース鳩でした。

 理由は一人暮らしゆえ、体調不良になったら80羽ほどいるレース鳩では誰にも一度に引き取ってもらえないからです。幸運にも鳩友ピジョンクレージーさんや、町内のレース鳩愛好者に徐々に引きとってもらうことができ、これには感謝です。今後、ピジョンクレージー鳩舎経由で全国に散らばる鳩の直系が長距離を帰還することを一つの楽しみとしています。  

P1070649

 ところで、私たちの日々が充実し、時間を忘れるほど心熱く燃える生き方は、その人によって対象は異なっても、何らかの芸術性を含んだ自らの好きな分野に没頭でき、次第に成果が出ることではないでしょうか。

 レース鳩に変わり、私が最近、夢中になってることは恰も「庭を一つのキャンパスにする」方向に向かってます。2~3年前、手にした牡丹に今春は蕾が15個ほどつき、現在よく咲いてます。牡丹は他の植物に比較し花が大きく、色も豊富です。

 各種シャクナゲ、花梅、しだれ花桃はその枝ぶりに優しさを感じてますが、花の大きい牡丹にはその大胆さ、優雅さ、色彩に心を奪われてます。そういえば、昭和時代に他界した両親も牡丹が好きで、よく渋川市の牡丹寺を訪れてました。今になって両親の血が蘇ったらしいです。

 実は先週、埼玉県花園に行って一株の牡丹を見ていたら離れられなくなりました。他の牡丹に比べ、幹がしっかりして、蕾が如何にも健康そうだからです。色彩は絵札により、およそ分かりました。

P1070660

 本当の色彩は咲いてのお楽しみですが、下の写真が絵札のものです。ピンクと橙の中間ほどでしょう。

 私が花木を買う時の鉄則は花の色を見てからですが、今回だけは樹勢と蕾の大きさ、全体の健康度で判断し、珍しく蕾のまま購入です。実際の色彩はどうでしょう。およそ1週間後に開花てす。

P1070661_1

 ところで、現在の庭は日本シャクナゲ、八重桜、赤紫の藤がよく咲いてます。これらに朝夕、水遣りです。井戸水なので無尽蔵です。お近くの方は見にいらしてください。下の写真は珍しい日本シャクナゲで開花中です。

P1070657

 西洋シャクナゲは一般の植物のように葉の裏側が緑ですが、日本シャクナゲは茶褐色です。庭はこれからサルスベリに葉芽が出てきます。今日もこれから水遣りです。水を与えると植物は生き返ります。

 

|

« どこからか 藤の香りに 熊蜂飛行 | トップページ | 藤の花 ドーダンツツジと 饗宴中 »

頭の活性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこからか 藤の香りに 熊蜂飛行 | トップページ | 藤の花 ドーダンツツジと 饗宴中 »