« 諦めず、失敗から学ぶ | トップページ | 高速道路でエンジンの煤を取りました。 »

2019年4月16日 (火)

恐竜が 群馬にもいた 中生代 

1億6千万年前の中生代に生存した恐竜の足跡が現在でも群馬県神流町中里地区に残ってます。ここは埼玉県秩父市に近い県境付近です。足跡の周囲に波の形もたくさん残ってます。この時代は群馬県も海であった証です。日本列島が大陸と陸続きであったことからモンゴルに生息していた恐竜が群馬県にやってきたと推測できます。写真の二つの穴が恐竜の足跡です。


The footprints of dinosaur that had inhabited 160 million years ago in the Mesozoic era still remain in the Nakazato area, Kan-na-town, Gumma Prefecture, Japan. Here is near the prefectural border between Chichibu-City, Saitama Prefecture. A lot of wave shapes remain around the footprints as well. It is proof that Gumma prefecture was also in the sea at that period. Since the Japanese archipelago was one part of the Eurasian continent, it can be inferred that dinosaurs that inhabited in Mongolia came to Gumma prefecture, Japan. The two holes in the perpendicular cliff are dinosaur's footprints.

Dscf0381

 

|

« 諦めず、失敗から学ぶ | トップページ | 高速道路でエンジンの煤を取りました。 »

群馬の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 諦めず、失敗から学ぶ | トップページ | 高速道路でエンジンの煤を取りました。 »