« 早朝に 土星と木星 ランデヴー | トップページ | 柑橘類 常に摂りたい デザートに »

2019年4月 8日 (月)

春爛漫、シャクナゲ咲いて 庭キャンパスに

P1070587_1

【豪快に咲き出した西洋シャクナゲ大輪】

 どうしたことでしょう。年齢を重ねてきた現在、私が花木に心を奪われる人生を送るようになるとは、若い時には考えられないことでした。しかし、その遠因は血統にあったかもしれません。父母ともに庭の花が好きで、毎年、ダリアやチューリップ、そして花木を楽しんでました。当時の私はそれらに目もくれず、レース鳩飼育や仕事柄ピアノを弾いてました。

 両親は昭和時代に共に88才で他界しましたが、現在でも両親が植えた花木は毎年咲き、それらは、ツツジ、コデマリ、ユキヤナギ、しだれレンギョー、八重桜、蔦、金木犀、モクレン、柊南天、ドーダンツツジ、椿、南天、水仙、ご神木の杉です。このうち本日咲いてるのはドーダンツツジ、モクレン、水仙、ユキヤナギです。主亡き後まで咲き続ける植物は人間より、長寿のものがあり、その生命力は計りしれません。

 特に、水仙は球根であるが故、年々株が増え、生命力に永遠性があります。私は両親の年齢に近づくにつれ、両親の喜びであった植物に益々愛着を感じ、今でも、新たな品種を探し求め、前橋の花木センターや埼玉県花園花木流通センター巡りに、少年のように胸をときめかす日々です。これは両親の植物愛好の血が今になって蘇ってるのかもしれません。

P1050577

【次女の次女の誕生記念樹・源平しだれ桃】

 この源平は2年前に花園で手に入れ、現在、見事に二色に咲き分けてます。一般の源平より赤が濃いです。ところで、誕生記念樹を植えると楽しみが増えます。それは本人と記念樹が揃って成長を続けるからです。

 この源平しだれも、手に入れたときより幾分か大きくなってます。本人が高校生くらいになれば、おそらく高さ3mほどに成長するのではないでしょうか。孫娘が心身ともに成長することを願いつつ、年間を通じての水遣り、剪定、時に肥料、虫たいじなど樹木の世話は、日々の人間への教育に通じるでしょう。

P1070583_1

【父が植えたしだれレンギョー】

 枝の長さは2mほどあり、その姿は私に不足する優しさや思いやりが十分に表現されてます。このしだれレンギョーも、おそらく半永久に毎春この風流な佇まいを見せ続けることでしょう。

 庭は5本の花梅の開花が過ぎ、現在は色とりどりの花木が咲き始めています。その中心は次女の長女の誕生記念として植樹した築山の源平しだれ桃です。こちらの紅は文字通り、桃色で枝ぶりは何とも表現できない優しさを見る人に感じさせてます。樹齢としては数年の幼木であり、本人は保育園の年中で、本人ともどもこれから大きく枝を張り出し、周囲を明るく楽しませる人柄、そして樹木となることを期してます。 

P1070585

【今春は若干、白が多い玄関前の源平しだれ】

 ご覧の通り、この木の幹は恰も蛇の如く曲がってます。おそらく種から生えた1~2年ころ、植木職人が人工的に紐で縛って、あるいは企業秘密によってこのようにくねらせたのでしょう。

 その後、そのまま成長を続けてます。植え木に関して私は素人ですが、彼らの技を想像し、自ら試行錯誤でこの木の子供が幼木のとき試してみました。そしたら、まあまあの出来栄えになってます。こちらも将来性が感じられ、成長が楽しみです。人間とは考えることと、その実践により、創造性が培われます。この樹形はいかがでしょうか。 拡大して、枝ぶりをご覧ください。

 

P1070542

【初めて幹を曲げた私の作品】

 この他、現在の庭はチューリップが咲き、赤紫の藤の蕾も膨らみ始め、前の道から眺められるようになってます。青が多い中にあって赤紫の藤は珍しく、咲けば庭全体はいよいよ色とりどりのキャンパスになり、どこからともなく多くのミツバチがやって来て、生命力あるホバリングを始めます。私も孤独な生活に弱音を吐かず、多くの方々に花の楽しさを味わってもらうべきと、植物たちから「強く生きよ」と後押しされてます。 

 

|

« 早朝に 土星と木星 ランデヴー | トップページ | 柑橘類 常に摂りたい デザートに »

anti-senile dementia」カテゴリの記事

コメント

   花冷え 
 お風呂で気持ちよく温まっていたら天井から冷たい水滴がポタリ…。いきなりの冷たさにびっくり。せっかくのくつろぎタイムが台無しになってしまった。   

   いい湯だな
●いい湯だな いい湯だな
 湯気が天井から
 ポタリと背中に
 つめてェな つめてェな
 ここは上州 草津の湯

「湯気」が気になる。湯気は水蒸気。つめてェのは「雫」「水滴」。ぎりぎり「露」ぐらにしてほしい。

●いい湯だな いい湯だな
 湯気にかすんだ
 白い人影
 あの娘かな あの娘かな
 ここは上州の 万座の湯

湯煙りに浮かぶたゆたうような人の影、湯煙りこそ、湯気であり情緒がある。


投稿: 湯殿山 | 2019年4月 9日 (火) 08時03分

湯殿山さんへ・・・万座の湯は雲上温泉であ、今まで3回行きました。これからの喜びの一つは折角、群馬に生を授かったのですから、群馬の温泉巡りにしたいです。

投稿: カッキー | 2019年4月 9日 (火) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝に 土星と木星 ランデヴー | トップページ | 柑橘類 常に摂りたい デザートに »