« 音楽の教員であった二番目の姉が逝く | トップページ | 盆の入り 亡き父母を 迎えに行く »

2019年8月12日 (月)

御巣鷹の尾根には今後もお参りに行きます。

P1000990


 34年前に群馬県御巣鷹の尾根に墜落した日航123号便の現場に今まで3回お参りし、520名の尊い御魂のご冥福を祈りました。今後も訪れる人の少ない季節に登り、お参りしたいと思います。

 前回は11羽の鳩を持参し、お参りし、併せて航空機事故が起こらないよう祈りました。現地を毎日管理してる上野村の黒沢さんの話では、音楽演奏はあっても、ここで鳩を飛ばした人は私一人とのことです。

 それにしても、山頂まで歩いて鳩を運ぶのは重くて大変で、10歩歩いては休みました。駐車場から現場まで標高差180メートルです。


 I have ever visited three times so far at the site of the JAL123 flight that had crashed on the ridge of Mt. Osutaka 34 years ago in Gumma Prefecture, Japan and prayed 520 precious souls. From now on, I would like to visit in the season when there are few visitors.

 Last time, I brought 11 pigeons to pray that there would be no aircraft accidents. According to Mr. Kurosawa from Ueno village who manages the site every day, even though there was music performance, I was the only person who released pigeons here.

 Even so, walking to the summit carrying pigeons was heavy and hard. I took a rest after walking every 10 steps.

 

|

« 音楽の教員であった二番目の姉が逝く | トップページ | 盆の入り 亡き父母を 迎えに行く »

決意」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽の教員であった二番目の姉が逝く | トップページ | 盆の入り 亡き父母を 迎えに行く »