« 鎮魂曲として「愛の喜びは」を演奏・・soprano sax | トップページ | 人生に好奇心という刺激を・・・今日は敬老の日 »

2019年9月16日 (月)

太陽と満月がほぼ同じに見える理由

P1060032

 太陽と満月がほぼ同じ大きさに見える理由を考えました。

 太陽の直径は約1,391,000 kmで、月の直径は約3474㎞と計測されてます。つまり、太陽の直径は月の約400倍です。

 一方、地球から太陽までの距離は約149,600,000 kmで、月までの距離は約37万㎞と計測されてます。つまり、太陽までの距離は月までの約400倍です。

 故に、両者は直径も距離も約400倍の相違となり、宇宙空間にできる三角形は相似形となり、地球から見る両者はほぼ同じ大きさに見えます。


 The reason why the sun and the full moon look almost the same size is considered as follows.

 The sun's diameter is about 1,391,000 km and the moon's diameter is about 3474 km. So the sun's diameter is about 400 times of the moon.

 On the other hand, the distance from the earth to the sun is about 149,600,000 km, and the distance to the moon is measured to be about 370,000 km. So the distance to the sun is about 400 times of the moon.

 Therefore, both of the diameter and the distance are about 400 times, the triangles that are made in outer space are similar, so that both seen from the earth look almost the same size.

|

« 鎮魂曲として「愛の喜びは」を演奏・・soprano sax | トップページ | 人生に好奇心という刺激を・・・今日は敬老の日 »

天体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎮魂曲として「愛の喜びは」を演奏・・soprano sax | トップページ | 人生に好奇心という刺激を・・・今日は敬老の日 »