« 屋根に鳩が何羽いるでしょうか。 | トップページ | 心で楽しんだ中秋の名月・・上毛新聞「ひろば」より »

2019年9月18日 (水)

発展しつつあるインド経済を学ぶ

P1010472

 誰でも意外に早く来る還暦です。「先んずれば老後を制す」の考えで、寿命が延びれば、それだけ長い期間、生活費が必要になります。私たちは長生きするのと同時に「大事な資産を長生きさせる工夫」をしなくてはなりません。一般的に経済を学ぶことは少ないです。

 今日は午後、高崎駅前の野村証券でインドの経済に関する講義を受けます。現在、インドは急激な経済発展を遂げてます。では、学生になったつもりで頑張ります。


 60th birthday will come unexpectedly early to anyone. With the idea of “controlling old age in advance” if the lifespan is extended, the cost of living will be required for a longer period. In other words, at the same time as we live long, we have to devise “ingenuity to make important assets live longer”. Generally, studying is indispensable for us because it is rare to study economy.

 Today, in the afternoon, I will take a lecture on Indian economy where I lived, at Nomura Securities in front of Takasaki Station. Currently, India is developing rapid economy. Then I will do my best with the intention of becoming a student.

 写真の説明…これは有名な画家が描いたヴィクトリア・メモリアルではありません。私がカルカッタ市に滞在中、日曜日に描いたものです。描いてる最中、後ろにインドの方々が集まり、私が筆を動かすと何か言ってるのです。絵が苦手な私は恥ずかしかったです。屋根の上についてる黒いものはラッパを吹いてる像ですが、風によって向きが変わります。

  

|

« 屋根に鳩が何羽いるでしょうか。 | トップページ | 心で楽しんだ中秋の名月・・上毛新聞「ひろば」より »

経済講演会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋根に鳩が何羽いるでしょうか。 | トップページ | 心で楽しんだ中秋の名月・・上毛新聞「ひろば」より »