« 白露でも 台風一過で 猛暑の日々  | トップページ | 今日は立春から数えて二百二十日 »

2019年9月10日 (火)

本心から己の望むことをすれば、人と比べなくなる

P1080017

【画像をクリックし、拡大してください。】

 現在、室内の気温は33°、湿度は45%、気圧は1015hPaで白露の季節とは思えません。午前中、ご覧のサルスベリの根元の池にたくさん水を入れました。植物は水をたくさんやれば長く咲くでしょう。

  このサルスベリはかなり大きく、枝から枝まで6mです。いくら大きくなっても大丈夫なので、これからもしっかり育て我が家のシンボルツリーにしたいです。

  ところで私には情熱が不足し、人生が味気ないのでサルスベリの赤からいろいろ燃えることを教わろう。


 At present, the indoor temperature is 33 degrees Celsius, the humidity is 45%, and the atmospheric pressure is 1015 hPa. I entered a lot of water to the pond at the base of the crape myrtle in the morning. Generally plants will bloom longer if we give a lot of water.

 This crape myrtle is quite large, the width is 6m from branch to branch. It doesn't matter how big it grows, so I'd like to continue to grow it into a symbolic tree of my home.

 By the way, I have less passion and I feel bored with my life, so I will learn burning with love and music from the red crape myrtle.

|

« 白露でも 台風一過で 猛暑の日々  | トップページ | 今日は立春から数えて二百二十日 »

情熱」カテゴリの記事

コメント

   百日紅 残暑一服の 白露かな

「本心から己の望むことをすれば、人と比べなくなる」。心に響く、身につまされる言葉です。学校、職場では有無を言わせず、競争に身を置き、比較の目にさらされていました。
 人と比べることは、向上心につながりますが、多くの場合はコンプレックスにさいなまれがちです。人と比べず、自分にとっての喜び、やりがいは何かということを考えると周囲から振り回されるような雑念がなくなり、集中力が増し、自信のようなものが生まれます。しがらみから解放された高齢者の特権である有り余る時間を栄養にして、日ごろ疎遠であったものから大いに学び、自分だけの生きがいを見つけよう。
 

 

投稿: BDの時代 | 2019年9月10日 (火) 18時47分

BDの時代 さんへ・・・現職時代は本当の教育とはかけ離れてることが多く、文科省の学習指導要領の、どこを見ても「他に勝つことを目的とする」とは書いてありません。
 スポーツはもちろん芸術までコンクールと称し、競争させ、結局、殆どは負けます。理由が分からず泣き崩れる生徒に何と言っていいか、ことばもありませんでした。
 競争に勝利した顧問も俗に出世街道を登りました。誠の真理探究は人と競うことではなく、物事の本質を捉え、人生を豊かにすることです。
 このブログは「負け犬の遠吠え」ではないので、これからも人間の喜び、人生の真の希望を掴むことに集中いたします。これからもご指導をお願い致します。

投稿: カッキー | 2019年9月10日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白露でも 台風一過で 猛暑の日々  | トップページ | 今日は立春から数えて二百二十日 »