« 今年二度目として咲き始めたハイビスカス | トップページ | 倉賀野上四地区・・・防災訓練は明日行われます。 »

2019年9月 5日 (木)

仲秋の名月で日本列島の大きさを考える

Photo_20190904205501

   稚内から鹿児島までは直線距離で約1800㎞です。月の直径は3,474 kmで、地球の直径は12,742 kmであるので、もし月に日本列島があれば、図のような対比になります。

 今月13日は旧暦では8月15日なので仲秋の名月です。昔は7月、8月、9月が秋だったことから、8月を仲秋と言ったようです。

 今回、十五夜を見て「日本列島が月にあったらこの大きさである」と想像するのも楽しいでしょう。つまり、月から日本列島を見ればこの大きさです。因みに仲秋の名月は未来永劫、必ず仏滅です。


 The beeline distance from Wakkanai to Kagoshima is approximately 1800 km. And the diameter of the moon is 3,474 km and the diameter of our earth is 12,742 km, so if there is a Japanese archipelago on the moon surface, the contrast is as shown in the diagram.

 The 13th of this month is August 15th in the lunar calendar, so it is the famous harvest moon. As you know, in the olden days in our nation, July, August, and September were autumn, so August was said to be midautumn.

 It will be fun for us to imagine the comparison of the size between the moon and the Japanese archipelago when watching the harvest moon this time. In other words, it is the same size if we look at the Japanese archipelago from the moon. By the way, the famous harvest moon in midautumn is surely unlucky day.
 

|

« 今年二度目として咲き始めたハイビスカス | トップページ | 倉賀野上四地区・・・防災訓練は明日行われます。 »

」カテゴリの記事

コメント

 月と日本列島の大きさを比較した場合、日本列島は月の直径に対してかなりの面積を占める事が分かりました。13日は令和最初の仲秋の名月。月に日本列島を配置して夜空に輝く満月を見る月見もまた乙です。

投稿: かささぎ | 2019年9月 5日 (木) 06時25分

かささぎさんへ・・・地球から見て最も身近な天体が月なので、いろいろ想像すると、また違った見方ができますね。
 月には不思議なことがたくさんあります。黄道と白道は角度が5°ほど異なることから日食や月食が起こる時と起こらない時があり、また、月の裏側は見られません。生きてるうちに一度は見たいものです。皆さん、宇宙に行ってみたいようですが、私はもうすでに宇宙に行ってる感覚をいつも持ってます。地球の表面にいるだけで、もう、宙に浮いてる事実があります。夜中に空を見て今地球の下にいる感覚も持ちたいです。十五夜を見て、日本列島と比べ、月の大きさを考えると楽しいです。

投稿: カッキー | 2019年9月 5日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年二度目として咲き始めたハイビスカス | トップページ | 倉賀野上四地区・・・防災訓練は明日行われます。 »