« 歯ブラシを縦に持って磨く | トップページ | 過ぎ去ったカレンダーはメモ用紙に・・大切な資源 »

2019年10月30日 (水)

今年は草を庭に埋めました。

P1010989

 写真は昨年、庭の草むしりをしたときのものでゴミ収集車に出しました。今年は10月に除草を行い、草は庭の穴にすべて埋めました。つまり、土に返しました。

 概して、人間は草を邪魔者扱いにしがちですが、実は、草も光合成を行ない、私たちの生命維持に欠かせない酸素を生産してます。また、草は8月中旬より鈴虫の聖域を作り、私たちはその鳴き声に季節の変化と安らぎを感じます。何事も悪い面ばかりでなく、物心両面にわたり、人間に潤いを与えてくれてます。感謝の念を持って草むしりです。

 
 The photo was taken when weeding in the garden last year and was put in a garbage truck. This year I did weeding in October, and all the grasses were buried in the hole in the garden. So I returned it to the soil.

 In general, humans tend to treat grass as a nuisance, but in fact, grass also photosynthesizes and produces oxygen that is indispensable for maintaining our lives. In addition, grass has created a sanctuary for "bell-ringing" cricket since mid-August, so we humans feel relaxed and seasonal changes in her chirp. Everything is not only bad, but also moisturizes humans both materially and morally.
 We have to weed with gratitude.

 

|

« 歯ブラシを縦に持って磨く | トップページ | 過ぎ去ったカレンダーはメモ用紙に・・大切な資源 »

庭作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯ブラシを縦に持って磨く | トップページ | 過ぎ去ったカレンダーはメモ用紙に・・大切な資源 »