« βーカロテンも摂取します | トップページ | 胸部レントゲン結果やっと届く »

2019年10月 8日 (火)

天文学上から考える「寒露」

Photo_20191008210001

 今日は二十四節気の一つ「寒露」です。太陽から約1億5千万km離れ、秒速約29㎞の速度で公転してる地球から見ると今日の太陽の背景は「おとめ座」の下の位置です。

 ですから太陽は一等星スピカの近くです。スピカは黄道上にあるので有名な一等星です。もちろん眩しくて今は見えません。「おとめ座」がよく見えるのは、4月上旬の深夜に真南に見えます。今日の太陽黄経は春分点から195°です。赤経は13hです。


 Today is one of the 24 solar calendars, “Cool Dew” is Kanro in Japanese. Looking from our Earth, which is about 150 million km away from the sun and revolving at a speed of about 29 km / s, the background of the sun today is below Virgo.

 So the sun is near the first-class star Spica. Spica is a famous first-class star on the ecliptic. Of course, it's so bright in daytime that we can't see it now. “Virgo” can be seen in the due south at midnight in early April. Today's solar longitude is 195 ° from the vernal equinox. Right Ascension is 13h.

 

|

« βーカロテンも摂取します | トップページ | 胸部レントゲン結果やっと届く »

天体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« βーカロテンも摂取します | トップページ | 胸部レントゲン結果やっと届く »