« カルカッタでは洪水がよく起こりました。 | トップページ | 今年も残すところ65日、未だ一仕事できます。 »

2019年10月26日 (土)

日本でこのように見える下弦の月は珍しい

P1090033

 今朝4時30分に東の空に上った下弦の月です。日本の緯度でこのようにお椀の形に見えるのは珍しいことです。赤道に近い位置では日頃このように見えます。月は一日に12°東へ行くので明日はもっと細くなります。

 今日は旧暦で9月28日です。概して、北半球の日本で見える下弦の月は明け方、左側が光ります。一方、上弦の月は夕方、西の空で右側が光って見えます。南半球ではこれが逆になります。


 This is the waning moon that climbed to the east sky at 4:30 early this morning. It is rare to look like a bowl at latitude in Japan. This is really once in a blue moon. It looks like this at a position close to the equator. Since the moon goes east 12 degrees a day, it will be thinner tomorrow.

 Today is September 28 in the old calendar. Generally, the waning moon seen in Japan shines on the left side before daybreak. The waxing moon shines on the right side in the evening due to in the Northern Hemisphere. In the Southern Hemisphere, the left and right sides shine in reverse.
   

|

« カルカッタでは洪水がよく起こりました。 | トップページ | 今年も残すところ65日、未だ一仕事できます。 »

月の満ち欠け」カテゴリの記事

コメント

 伊達政宗の兜の前立ての三日月に似ている。これから満ちていく月と考えれば、天下を狙う政宗の志を表しているようにも思える。
 伊達政宗の辞世の句は「曇りなき心の月を先立てて浮世の闇を照らしてぞ行く」。前立ての月は、政宗の生涯を通して人生の道を照らし続けた心の月となったのでしょうか。

投稿: サンドウィッチマン | 2019年10月26日 (土) 07時04分

サンドウィッチマンさんへ・・・この月は伊達政宗の兜の前立ての三日月とは残念ながら異なり、これから光がなくなる下弦の月です。伊達正宗の月はいわば上弦の月です。
 今の時季、月の軌道がかなり北寄りになっており、まるで南洋で見るような形です。今朝は雲が多く、ちょっとの瞬間に撮れました。
 これからの私の人生において「チャンスを逃さない生き方が大切である」ことと同様かもしれません。28日は暫くぶりに某所へ行きます。

投稿: カッキー | 2019年10月26日 (土) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルカッタでは洪水がよく起こりました。 | トップページ | 今年も残すところ65日、未だ一仕事できます。 »