« これから野鳥の楽園になる秋の庭 | トップページ | βーカロテンも摂取します »

2019年10月 7日 (月)

不老長寿や繁栄を願う旧・重陽は毎年必ず大安

P1060006

【紅い実がなってるマユミ】

 今日は旧・重陽です。つまり、太陽太陰暦で9月9日です。この日は奇数の中で最も大きな数である9が重なる日です。

 今宵の遅い時間の月齢は、もちろん9です。重陽という概念はおそらく渡来人によって齎され、元々昔の中国から入ってきた節句の一つで、現在の日本では重陽について殆ど話題にされないようです。

 古来中国では、奇数はよいことを表す陽数、偶数は悪いことを示す陰数と考え、その陽数が連なる日は、めでたい反面、不吉なことが起こると考え邪気お祓いをし、その中でも一番大きな陽数である9が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽」と定め、不老長寿や繁栄を願うようになったようです。

 旧・節句は3月3日【大安】桃の節句、ひな祭り、5月5日【先負】端午、7月7日【先勝】七夕、9月9日【大安】重陽などで、伝統的な年中行事を行う季節の節目です。太陽太陰暦(旧暦)の月日については毎年六曜が決まってます。

 以前に書きました通り、9という数字を嫌っていた私の生前の父は新暦9月9日にこの世を去りました。苗字の柿の画数は9画で、孫が9人、何と、菩提寺は九品寺ですから、不思議なことに、あの世に行っても9に拘ってます。

  

|

« これから野鳥の楽園になる秋の庭 | トップページ | βーカロテンも摂取します »

健康長寿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これから野鳥の楽園になる秋の庭 | トップページ | βーカロテンも摂取します »