« 胸部の健康は住まいの雑巾がけから | トップページ | 今宵、西南の空に三日月と木星が並んでます。 »

2019年10月 4日 (金)

倉賀野の七不思議が遠方から見えるようになる

Photo_20191004034601

 私はこの欅の木の幹に開いてる穴を勝手に「倉賀野の七不思議」と言ってます。秋になり周囲の葉が落ちてきたことから、遠くからも見えるようになりました。

 何故、穴が開いてるかはこの家の人も知りません。昔から開いてたというだけです。その方も近年、亡くなり、ますます理由は迷宮入りです。

 現在この欅は倉賀野町で最も大きい樹木で、見学に値します。穴は高い位置にあり、穴の直径は50㎝ほどと推定されます。場所は倉賀野小学校の前です。


 I am saying that a hole in this trunk of zelkova tree is "Kuragano's Seven Wonders" without permission. In autumn, the surrounding leaves fell, so it became visible from far away.

 No one in this home knows why the hole is opening. He said it was opening before he was born, of course a long time ago. That person also died in recent years so that more and more the reason is in the labyrinth.

 This tree is the largest in Kuragano-town and is worth to see. The hole is high and the diameter of the hole is estimated to be about 50 cm. The place is in front of Kuragano elementary school.

 実は倉賀野ではこの欅より、樹齢が遥かに古いと想われる欅の枝が3年前に伐採されたら、それ以来、芽が出なくなりました。おそらく専門の園芸師が立ち入らず、工事関係者のみで伐採したので、一部葉のついた枝を残さなかったことから、養分が吸い上がらず枯れてしまいました。倉賀野町の損失です。
 その欅は江戸時代の倉賀野の賑わいを高い位置からずっと見下ろしていたのです。何事も素人の判断で由緒あるものを無くすのは文化遺産教育の欠如です。
 現在は本文に掲げた欅が倉賀野一の大きさです。私の恩師でもある真下先生宅の欅です。先生は近年亡くなりました。巨樹は主亡き後もたくさんの葉を纏い、夏季には数千匹の蝉が鳴き、直線距離300メートル程の私の家まで、よく聞こえます。

 

|

« 胸部の健康は住まいの雑巾がけから | トップページ | 今宵、西南の空に三日月と木星が並んでます。 »

自然」カテゴリの記事

コメント

     幹の穴
 汝は世の救い難きを案じる
 親愛なる小言幸兵衛か
 老いた樹よ、
 いつまでも、若い木を凌ぐ勢いでいてくれ。

投稿: トトロの森 | 2019年10月 4日 (金) 09時03分

トトロの森さんへ・・・実は倉賀野ではこの欅より、樹齢が遥かに古いと想われる欅の枝が3年前に伐採されたら、それ以来、芽が出なくなりました。おそらく専門の園芸師が立ち入らず、工事関係者のみで伐採したので、一部葉のついた枝を残さなかったことから、養分が吸い上がらず枯れてしまいました。倉賀野町の損失です。
 この欅は江戸時代の倉賀野をずっと高い位置から見下ろしていたのです。何事も素人の判断で由緒あるものを無くすのは文化教育の欠如です。
 現在は本文に掲げた欅が倉賀野一の大きさです。貴殿がご存じの真下先生宅の欅です。彼は近年亡くなりました。主亡き後の巨木を維持してます。この欅では夏季には数千匹の蝉が鳴き、直線距離300メートル程の私の家まで、よく聞こえます。

投稿: カッキー | 2019年10月 4日 (金) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胸部の健康は住まいの雑巾がけから | トップページ | 今宵、西南の空に三日月と木星が並んでます。 »