« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

高い位置から我が倉賀野町を眺める

P1060155

【拡大してご覧ください。】

 昨日は小春日和だったので、珍しく倉賀野町の北部地区をウォーキングしました。駅前に建つ高いマンションの一番高い階に登り、倉賀野町の景色を客観的に眺めました。

 そしたら私の家が見えました。ピンクの屋根の後ろの大屋根が私の家です。実際に肉眼で見つけるのは難しかったです。山小屋風のロフトの縦長の窓が見えます。左下の小さな窓の所からフェイスブックやブログを発信してます。

 一方、浅間山と観音様がよく見えます。

P1060161

【榛名山と倉賀野小学校】


 It was a fine day like an Indian summer yesterday so I rarely walked in the northern area of Kuragano-town where is my birthplace. I climbed by the elevator to the highest story of the high apartment building in front of the station and looked at the view of Kuragano-town objectively.

 Then I could see my house. My house is the large roof behind the pink roof. It was difficult to find with the naked eye. You can see two oblong windows in a mountain hut style. I send Facebook and blog from the small window in the lower left.

 At the same time, you can see an active volcano named Mt. Asama and a well-known white Kannon statue on the left.

P1060154

 

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

人間の脳は使ったつもりでも、ほんの一部のみ

P1060117

 今年も残り32日です。明日は次女の長女の学芸会で前橋に行きます。子供の成長は心身ともに想像以上に早いものです。それに比較し、この一年、私は何か成長したか疑わしいものです。

 年を重ねても今までとは違う新たな分野に出合い少しでも自らを変革しなくてはなりません。「人間の脳とは使ったつもりでも、実際には、ほんの一部しか使ってない」と話された中学時代の担任の先生の言葉が今でも脳裏に焼き付いてます。

 写真は台風19号でできた鏑川の砂浜です。


 The remaining is 32 days in this year. Tomorrow I will go to Maebashi for the second daughter's eldest daughter's theatricals. A child's growth is fast both physically and mentally beyond expectation. Compared to that, my effort is suspicious of what I've grown over the past one year.

 As we age, we must meet new fields that are different from the past and transform ourselves. Even though, "We intended to use my brain, in fact, we used only a small part of it". This is my teacher's words in my junior high school days. It remained still now in my mind.

 The photo is the sand beach of Kabra-River made by Typhoon No. 19.

 

| | コメント (2)

晩秋から初冬への佇まい

P1060139

 庭は大分、晩秋の佇まいとなって、人間の心境も幾分か侘びしくなってきました。光合成により私たちに酸素を提供してくれた葉っぱたちに感謝を伝えるのは今です。私たちはこれから概して南半球で酸素を生成する植物によって生かされることになります。

 一見、寂しくとも、落葉するとすでに小さな蕾が後から出ています。特に梅の木の枝には無数の蕾が見られます。後、2ヶ月半で梅が咲き始めます。私たちも希望や夢を持って寒い冬を乗り切りましょう。


 The garden has become a late autumnal appearance, and the feelings of human beings have become somewhat miserable. It is now to thank the leaves for their providing us with oxygen through photosynthesis. From now on, we will generally be alive by plants that produce oxygen in the Southern Hemisphere.

 At first glance, even if the scenery of the garden is lonely, the small buds have already appeared after falling leaves. Innumerable buds can be seen especially on the branches of plum trees. After two and a half months, plums begin to bloom. Let's overcome the cold winter with hope and dream.

P1060140

 

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

気候変動と共に増えるダムの緊急放流

P1070189_20191128094201

【建設中だった頃の八ッ場ダム】・・・昨年撮影

 ダムに関心がある私は群馬県内のダムの殆どを見学してます。中でも写真の群馬県長野原町に位置する「八ッ場ダム」は建設が始まった当時から度々訪れ、次第に高くなってゆく長さ291mの堤と共に、それ以前に建設され、上流にある3つの大きな橋の建設現場も同時に見学してます。

 当初、谷底にダムの土台が見え始めたとき、いよいよ第一歩が見え感銘したものです。そして、ついに今春完成し、予想を超えた台風19号の大雨により、半年も早く満水となり、おそらくダム関係者にとっても、この満水は想定を上回る早さで驚いたのではないでしょうか。実は、それほど気候変動が地球規模で急激に進んでるということになります。

 今年になって相次ぐ巨大台風の襲来は、今まで比較的、被害の少なかった千葉県に先ず大きな災害をもたらし、特に、台風19号の襲来はあちこちの河川で堤防の決壊を起し、多くの地区が「今まで経験したことのない」家屋の浸水に見舞われました。東北大震災の光景が脳裡にありましたが、同様の自然災害が内陸でも起こることを改めて認識しました。

Dscf0124

【建設中の八ッ場大橋の巨大な橋桁】

 今年になって台風の最中、ニュースから度々聞かれた言葉に「ダムの緊急放流」が各地でありました。下流に暮らす住民にとって、どれほと恐怖に陥ったか、その心境は計りしれません。特に、時間帯が深夜の大雨の最中で河川が増水してる上に更なる「ダムの緊急放流」なので、下流域の住民にとっては恐怖の上に恐怖です。「命を守る行動」と放送があっても、大雨の中、健常者であってもなかなか逃げられるものではありません。 

 しかし、これからは今まで殆どなかった「ダムの緊急放流」が起こらざるをえないでしょう。この時、ダム管理者にとっては、やむにやまれず、とても大きな決断を下してます。万が一、ダムが満水を超えて、堤の上から水が流れる事態になっては、ダム決壊の危機になるからです。

 その理由は、満水時と異なり、堤の上から水が溢れる事態になると、貯水されてた水の状態が変化し、ダム湖の水がダムに向かって動き始めるからです。つまり、大量の水が流れ始めることで貯水してたときとは異なり、ダムへの圧力が急激に高まります。ダムの設計ではダムの強度は満水になった状態で持ち堪えられる計算です。

 このため、今後は台風が、例えば北緯30度を超えた接近時に放流を開始し、事前にダムの水位を下げておくことが緊急放流を減らすことに繋がると考えられます。

Photo_20191128103601

【神流川の下久保ダム】

 私はこちらのダムも時折訪れます。群馬県には大きなダムが7つあり、それ以外にもあります。首都圏の水瓶として、電力の供給に、治水に、農業用水としてその役割は大きいです。

 水はなくてはならぬものであり、少な過ぎても多過ぎても、人類の生命に関わります。ダムは自然の脅威と人類の英知がぶつかりあうところです。何をさておき、私たちは地球温暖化から子々孫々にバランスのとれた自然環境を残すため、少々の暑い寒いを忍耐し、一人ひとりが二酸化炭素の排出量減らす努力をしなくてはなりません。他国に比較し日本はこの点が遅れていると世界から指摘されてます。

 

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

コメンテイターが上毛新聞「ひろば」に掲載される

P1060137

【紅葉を始めた赤紫の藤】

 群馬県の地方紙「上毛新聞」の読者投稿欄「ひろば」に、このブログにコメント下さる通称「時計屋の近所さん」の文が本日(11月27日)掲載されました。販売部数30万部を超えることから推定20万人以上の方々が彼の文章を読んでると想われます。誠におめでとうございます。以下、投稿文を掲載させて戴きます。

 タイトル「脳を若く保ちたい」 

 何か用事があって2階に上がって、何をしに来たか思い出せなかったときは、ショックだった。最近は、階段の上り口に戻ると用件を思い出したという経験則があり、あわてなくなった。「○○をしにいく」と2,3度脳に語り掛けてから行動するようにしている。

 努力して頭に刻み込んだ記憶はしっかりしているものの、最近蓄積された記憶は手のひらの砂が指の隙間からこぼれ落ちるようで、自分が消えていくような寂しさを覚える。

 「老い」とは自分の可能性を年齢のせいにして止めることをいうのかもしれない。絶えず自己刷新を図っていく前向きな姿勢こそ脳を若く保つこつかもしれない。家の中にこもらず、いろいろなものに好奇心を持ち、新鮮な話題についてできる限り多くの人と会話して刺激し合うことを心掛けている。

 土星、三日月、木星がランデブーした1日、友人から「朏」の漢字の読みを教えられた。月+出=朏で読み方は「みかづき」漢和辞典で確認し感心した。

 老いを押し返すことはできないまでも、心の持ちようで避けて通ることができるような気がする。「学ぶ心と知る喜び」をもって脳を鍛え、若返らせていきたい。

P1060141

  

| | コメント (2)

年齢が増す程に大切なサルコペニア対策

Dscf0550

【この文章は昨日書いたものです。

 群馬県の今日は一日中、寒くて室内にいる時間が多かったです。実は、10日ほど前に高崎市浜川のジムでマシーンを使ってトレーニングしたら、その後ずっと背中の右側が痛くなり、今でも湿布を貼ってます。筋肉を痛めました。やはり慣れないことをするとその後に影響があります。

 筋トレは筋肉を減少させないため老若男女の誰にも大切なトレーニングなので、しばらくは家のダンベルと庭の杉の木で「てっぽう」しで鍛えます。私が「てっぽう」する姿を想像して下さい。涙ぐましい恰好です。


 Today in Gumma, it was cold all day long and I spent most of the time indoors. Actually, when I trained by the machines at the gym in Hamakawa,Takasaki about 10 days ago, the right side of my back hurt and I am still applying a compress. As I did not get used to it, it will affect afterwards.

 Since muscle training is aiming for that we do not reduce muscles, it is an important training for both young and old. From now on I will train by “teppo” using a cedar tree in the garden and with dumbbells indoors. Please imagine the appearance of me doing “teppo” that means pushing the stem. It's a pathetic effort.

P1030371

  https://www.youtube.com/watch?v=PG29F2AMIew  

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

酒を飲んでの議論はタブー

 

P1090044_20191126092101

 【この文章は11月25日に書いたものです。】・・・群馬県・鏑川

 ネットで調べたら、たまたま今日は牛伏ドリームセンターも榛東温泉も休館日です。このため、ニューサンピアの展望風呂に入ってきました。理由は今宵暫くぶりでバクで一杯飲むからです。心身清めてから人生のあり方を語り合いたい。なお、今朝はブログを書いて、その後、6時から鏑川の土手を4Kウォーキングしました。今日は頑張ったので飲ませて下さい。

 楽しいお酒の飲み方の私の原則は、仕事の話はしないことにしてます。もし、しても軽く話し、議論はご法度です。また、他人の個人的なことを話題にしてはならないようにしてます。

 Looking online, it happens both Ushibuse Dream Center and New-Sunpia Spa are closed today. For this reason, I bathed the observation bath of New-Sunpia. The purpose is that tonight I'll drink cups at a tavern named "Baku" in Takasaki-city after a long interval. I want to talk about the way of life after refreshing my mind and body. In addition, I wrote a weblog early this morning and then walked 4km on the bank of Kabra-river from 6:00. I did my best today so everyone, would you please permit me to drink tonight.

 My principle of having fun drinking is not to talk about job. Even if, we should talk lightly. Still less, discussion is forbidden to mention it. Of course, we should try not to talk about personal matters of others.

P1050965_20191126100901

【純心無垢な若き日の一コマ】

https://www.youtube.com/watch?v=YXaqcsvB-aE

| | コメント (2)

2019年11月25日 (月)

何かした後悔より、何もしなかったことに後悔

P1060056

【群馬県・榛名湖と榛名山最高峰・掃部ヶ岳1448m】

 日々、私たちは何かに向かって、より良い自己実現のために今日があり、明日があります。今日失敗しても明日にかける意気込みこそ尊いもので、これを連続していく過程で、自らの人生目標に、自己実現に一歩一歩近づくと考えたいです。しかし、現実には、その途上で幾他の困難に阻まれたり、一方、自らの意志の弱さが災いし、何もしなかったことに後悔することはよくあることです。

 何気なく毎日を送っていても、健康状態、経済状況、一人暮らしなど生活を取り巻く環境に翻弄されやすく、人間とはいくつになっても不安が消えることはありません。でも、この不安や悩みがあるからこそ、私たちは少しでもよりよい方向を願い、解決しようとして生きていけるとも言えます。

 前回書きましたように、これらは見方によってはストレスです。このストレスがなければ、より良く生きる目標もなくなり、延いては脳の衰退につながるのではないでしょうか。脳がワクワクするような状態に持って行くことこそ生きるポイントであり、自己実現に一筋の光が見えてくると考えます。

P1060054

【榛名湖の遊覧馬車】

 ますます進む少子高齢化社会とともに、身近なところでは親、兄弟など昔の家族を次第に亡くし、かつての同僚や、親しい友の死を体験しつつある年齢に達してます。

 一方、「人生100年時代」と、何か勇気づけられる言葉も時折耳にします。前述のことから、私は最近、生き残ってる感じがします。これを考えると、こんな状況であっても、正に「人生はこれからだと夢が持てるもの」とも気づきます。

 一度きりの人生、取り巻く現状に「悩むより前向きに考える」をモットーに生きた方が肩の荷が降り、未来は結構、輝くようにも見えます。一般的に、私たちはどうしてもマイナス志向に陥りやすく、「何かしたことに後悔しやすい」ものです。しかし、自己実現のために「何もしなかったことに後悔する」方が、生き方としては正しく、こちらこそ自分の目指すべき姿に近づく気がしてなりません。

P1060093_20191125042701  

【長く咲いてる菊の季節】 

 ところで、私は高校時代から教科として、音楽と英語が好きで、今振り返るとこれには原因が考えられます。

 それは一番上の姉【18才上】の影響がある気がします。戦後、いわゆる進駐軍がよく家の前を通過したり、父が商売をしてたことからアメリカ人が買物に立ち寄ることがありました。父はさあ大変。すると姉を呼びます。姉は英語で彼らの意向を訪ねたり、商品の値段のことなど、英語でやり取りしてる姿に子供心の私は何故英語で話せるのだろうと驚いたものです。

 普段使ってる言葉とは全く異なる言葉があることに、幼い私は目を丸くしたものです。姉は師範学校で音楽と英語を学んだのでしょう。後に、中学校の音楽教師となり、結果的に、こちらも私は姉から影響を受け、高校音楽教員を生涯の職業として貫くことに繋がりました。

 その私は若き日と同じ気持ちで、今でも音楽と英語に接し、取り組んでいても、究極にはどちらも楽しいものでしょうが、現実には努力と困難が伴います。どちらも、脳の働きで身体が動くものですから、年齢と共に進度が鈍ります。

 しかし、「諦めたらそこで終わり」の気持ちで、つまり、何もしなかった今日に後悔することが度々です。これからも、「何もしなかった生活に後悔する生き方」を継続したいものです。

  

| | コメント (2)

2019年11月24日 (日)

「小雪」の太陽の背景は「さそり座」

350pxscorpius_constellation_mapsvg

【ウィキペディアより転載】・・・赤は太陽を表す

 二十四節気では「小雪」になりました。公転してる地球から見て太陽の位置は春分点から240°移動したように見えます。このとき太陽の位置は赤経16hです。

 現在、太陽の背景は「さそり座」です。もちろん眩しくて見えません。「さそり座」の首に当るところには橙色した一等星「アンタレス」があります。

 この星の近くに時々、同じ橙色の火星が近づくことがあり、昔から火星に対抗するという意味で、この星はアンタレスと命名されました。これらの恒星は半年後の深夜に真南に見えます。


 Currently, it is "Shosetsu" that means the beginning of snow in devided 24 solar seasons in Japan. Seeing from the revolving earth, the current sun's position has moved 240 degrees from the vernal equinox. This is 16h in right ascension. 

 At this time, the background of the sun as seen from our earth is "Scorpio". Acturely we can't see it due to dazzling. There is an orange star named Antares of first magnitude that situates at the neck of Scorpio.

 Sometimes, the same orange Mars approaches to this star so that this star was named Antares in the sense that it competes with Mars. We can see this famous fixed star and constellation at due south in midnight 6 months later.

 

 

| | コメント (3)

2019年11月23日 (土)

これから暫くは柑橘類の季節です

P1060136

 旬な果物「みかん」が届きました。風邪予防によいと言われ、抗酸化作用があり、これから毎日食べたいと思います。昔は家族みんなで炬燵にあたり、おしゃべりしながら「みかん」を食べたものです。あれから50年。末の私をおいて皆どこへ行ってしまったのだろう。


 Seasonal fruit "tangerines" arrived from my second daughter as a year-end gift. It is said that it is good for the prevention of cold and has an antioxidant effect. In the old days, everyone in the family ate it at the Japanese foot warmer while chatting. Since then, 50 years has passed. Where has my family gone leaving me alone who was the youngest?

 

| | コメント (2)

インフルエンザ予防注射を受ける

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

 昨日は、近くのクリニックでインフルエンザの予防注射を受けました。今まで殆ど受けたことがありません。しかし、一人暮らしは風邪を引いて熱でも出たら、それこそ、誰かに介護してもらわなくてはなりません。そんなご迷惑はかけられないので予防注射を決断しました。それにしても急激に寒くなりました。ついこの間のあの猛暑はどこへ行ったのでしょう。


 I received a preventive flu shot yesterday at a nearby clinic. I have never received it before. However, if possible living alone is heated by the cold, someone near by must nurse me. I can't bothered, so I decided on a vaccination. Even so, it suddenly became cold. Where has the intense heat during last summer gone?

| | コメント (2)

2019年11月22日 (金)

ストレスを減らそうとしない生き方

P1070785_20191122084401

 令和になって早くも半年が経過し、昭和は誠に遠くなり、平成生まれの人たちが社会の中核として活躍し始めてます。

 一方、買物の支払方法はキャッシュレス時代に突入し、高齢者はなかなかついていけないものです。身近な所で、昔の日本社会とは多くの面で変革に次ぐ変革が起き、この傾向は今後、ますます予想を超えて進むと考えられます。

 その変貌の中でも、特に私たちが目にする最大のことは、地方においても外国人労働者の急増です。街のあちこちで見かけ、日本人かと思うと日本語とは違う言葉を話してたり、特に、近くのコンビニでは時間によっては、日本人が皆無でアジア系の方々のみで店を切り回してる光景も見受けられます。それでもコンビニは、その名が示す通り、便利で多くの客で賑わってます。

 特に今年から介護職や外食産業、建設業などを中心に、地方でも国際化の波が浸透し、今までの日本とは異なり、急変しつつある社会を感じます。このまま推移すると、21世紀中頃から後半どころか、10年、20年後の日本は一体どうなるか昭和生まれにとっては心配も膨らんでます。当然、外国人から生まれる二世、三世が日本にたくさん増えます。

 もっと深刻な観点からは、現在の高齢者なき後も続く少子高齢化の日本民族は今後、一体どうなるかです。予想を超えるスピードで、従来とは異なる日本社会の変貌がすでに始まってます。

P1020938

【紅葉真っ盛りの赤城山小沼周辺】・・・拡大してご覧ください。

 このように取り巻く社会環境が急変しても、それに関わらず、私たちは一年一年年齢が嵩みます。その変貌の中にあっても私たちは「より人間らしく、自分らしく毎日の生活を送る必要」があります。

 一体どんなことに気を付け、何をめざして一日一日過ごすべきか、これこそ、現実にこれから生きる私たちの人生の中身そのものになります。

 若い時は何か一つ得意なことを見つけ、それを職業に結びつけて暮らせれば生活でき、家庭を持ち、振り替えれば幸せであったと言えたでしょう。しかし、40年ほど続けた職業から退き、いつの間にか年金暮らしとなり、ついに子供の独立を迎え、そして三世との出会いなど新たな家庭環境になってます。また、私のように人生途上で配偶者と永遠の別れなど、意外と早く一人暮らしになる可能性があり、私の場合、この状況が15年間続いてます。それでも、夢を追いかけてます。

 これから高齢時代に生きる大切な基盤は、何をさておき先ず健康です。それには適度な運動で血液循環をスムースにし、他方、筋肉量の維持(サルコペニア対策)です。

 そして、「何より心の持ち方」です。具体的に如何に近隣との交流を大切にし、広く社会との繋がりを持つかはないでしようか。最も避けなければならないことが近隣社会との断絶です。

P1050971_20191122092801

【ピラカンサ】

 さて、誰でも必ず訪れる高齢時代では現役時代と生き方が異なってきます。日々私が考えることで「還暦を過ぎてからの生き方のポイント」は、一つのことに専念するより「多様性を持つ生き方」ではないでしょうか。これは今までにない喜びの発見であったり、新たな開眼に出合います。折角生まれてきた人生、二度とない人生です。一つのことのみに終始するより、多くの面で人間として喜びを実感できるほうが、明るく高齢期を生き抜けられると考えます。

 脳トレーニングもいいですが、同じことの繰り返しでは、一部の脳しか使われません。やはり、新たな人との交流を含め、「多面的に興味関心を持ち」、日々、同じルーティーンに陥らず、「会話を重視しつつ」、今まで同様、生涯変わらぬ挑戦を維持するとともに、更に、新たなことへのチャレンジ精神は「脳の活性化にプラス」です。ここで意外なことに出くわしたり、つまり、体験したことのない新たな場面、新たな刺激、新たなど感動、新たなものの見方など今まで未体験の「新鮮な喜び」が生ずる機会でしょう。

 冒頭に述べたとおり、例えば、中国、ネパール、インド、マレーシアなどの方々とは昔に比較にならないほど多く出会える社会です。これを千載一遇の機会と捉えるかどうかは、私たちの脳の判断力にかかっています。これをチャンスと捉え、もし、積極的に中国語にチャレンジすれば、ネイティヴの中国人との会話が身近に可能であり、費用もかからず、全く新たな世界に脳が向き合います。

 語学に限らず、楽器も効果的です。私は昔取った杵柄で、ギターに挑戦の夢を持ってます。電気がなくてもどこででも弾けるクラシックギターはソロはもちろん、歌の伴奏にもよく、これにより人との交流ができます。

 人間の脳は、気を遣わず気ままに日々生きるより、新たなことに刺激を受け、そこに生ずるストレスを如何に味方にするか、つまり、ストレスを減らす生き方より、ストレスに挑戦する生き方が脳の活性化に結びつきます。大切なのは、やらねばならないではなく、楽しみながらやること。希望を持って取り組むことで前頭葉を初め、今まで使わなかった脳の広い部分が活性化します。

 「多様性と意外性に満ちた人生」こそ、孤立感から解放され、それが脳に良いストレスとなり、より人間らしく、より自分らしい豊かな精神生活に結びつくと考えられます。

  

| | コメント (2)

2019年11月21日 (木)

今日の日の入り時刻は冬至の日の入り時刻と同じ

P1030138

 今日11月21日の日の入り時刻は16時32分【群馬県】で、これは冬至である12月22日の日の入り時刻と全く同じです。冬至まであと1ヶ月あるのに日の入り時刻が同じとは意外なことです。

 同様に、日の出時刻について、冬至は6時51分で、約1ヶ月後の1月23日も6時51分です。こちらも意外なことです。


 The sunset time of November 21 today is 16:32 [Gumma], which is exactly the same as the sunset time of December 22 which is the winter solstice. It is unexpected that the sunset time is the same even though it is one month different from the winter solstice.

 Similarly, regarding the sunrise time, the winter solstice is 6:51, and January 23 is 6:51, though it is a month later. This is also surprising.

| | コメント (0)

冬が到来しても、精神は小春日和でいたい

P1060133

 本格的な冬の到来となり、金の生る木など原産地が南国の植物や、観葉植物はすでに屋内に入れてます。君子蘭は17鉢あるので廊下には比較的大きな4鉢置き、残りは物置で冬を過ごします。

 ご覧のハイビスカスは今日もまた咲いてるので玄関で越冬します。植物も人間も寒さに弱いので、皆さん暖かくして冬を乗り切りましょう。私は11月22日にインフルエンザの予防接種を受けます。今年の冬は心だけは温かく過ごします。


 The real winter season has come at last, the plants of southern origin such as bearing money plant and houseplants have already been put indoors. Kaffir lilies are 17 pots, so there are 4 relatively large pots in the corridor, and the rest is entered at the storage during the winter.

 The hibiscus you see is blooming today as well, so it stays in the entrance. Both plants and humans are vulnerable to the cold, so that everyone, let's get warm and overcome the winter. I will be vaccinated against influenza on November 22nd. By the way, my heart will be warm in this winter due to something. The word “Tell me something” seems to be heard.

【日本文と英文に若干の相違がございます。また、長文のブログは明日にします。】

 

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

初冬を迎え、山頂の天守閣から見る景色は抜群

P1060112

 高崎市にある天空の城です。今まで、私はこの天守閣の最上階に10回ほど登りましたが、何と言っても景色が抜群で驚く他はありません。それは山の頂上にどっしり構えてるからです。こんな所によく建設したものです。眼下に高崎市、前橋市、伊勢崎市が手に取るように見え、上毛三山はもちろん、遠く筑波山や武尊山、そして男体山が高く見えます。現在、周囲は紅葉まっ盛りで、晩秋から初冬の佇まいが満喫できます。


 A castle in the sky in Takasaki city. So far I have ever climbed the top floor of this castle tower about 10 times. I recommend you to visit here because the scenery is marvelous beyond description. You will be surprised when you stand here due to top of the mountain. This castle was well built in such a place. Under the eyes, Takasaki City, Maebashi City, and Isesaki City can be seen distinctly as well as three well-known mountains in our prefecture, including Mt. Tsukuba and Mt. Hotaka. Now, the surrounding area is full of autumnal tints so that you can enjoy the appearance from late autumn to early winter.

 

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

連日最高値、NYダウ31ドル高、業績期待が押し上げか

P1060130

【熟し始めた柑橘類・・・経済同様、待つことが肝心】

 18日のアメリカ株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続伸し、前週末比31ドル33セント高の2万8036ドル22セントと前週末に続けて最高値を更新しました。

 米中の貿易協議の行方を見極めたいとして方向感に乏しい中にあっても、業績期待が高い銘柄を中心に買いが入り、株価を押し上げました。この結果は日本では今朝を分かったことです。

 このように世界経済は日本人が眠っている間に脈々と推移してる現実があります。故に、私たちは深夜や早朝に目覚めたら、米国経済の推移を見る習慣こそ大切で、それにより経済に対する構えがすでに違ってきます。

 為替レートが108円台から109円台を行ったり来たり推移し、年初より幾分か円安気味になりつつ現在、年末に向かって肝心な東証株価平均は果たして続伸するか、日本中が関心を寄せる年末を迎えます。

 結果的に投信もこれに続き、私が関心を寄せてる「先進医療インパクト」は設定以来、1年間以上も長いこと足踏み状態でしたが、今月は今までの暗闇から脱却する気配が感じられ、年末に向かって期待してます。結果は今宵11時に判明です。

 ところで、このファンドは「株価に殆ど連動せず、独自に上昇を続ける傾向」と説明を受けましたが、実際は、世界経済の中心である日米を中心とした為替レートや株価の波に翻弄され、期待とは裏腹な値動きが1年間続き、投資家は息を凝らしてじっと値上がりを待つしかない期待外れの感がありました。

 けれども、今度こそ、コップの上が表面張力で微かに膨らんだ水の如く、直に水が溢れ出るかもしれない状況になってます。

P1060131

【よく見ると、左の柿の下でメジロが柿を食べてる】

 リーマンショックをもろに受けた私の拙い投資体験でも、投資とは、世間が何と言おうと「見ざる、聞かざる、売らざる」の強い心と持続性も長い期間では必要なことが多く、「目先の相場悪材料に振り回されず、長期間持ち切れるような投資をめざした方がよいとも言えます。

 「歴史と相場は繰り返す」ように、過去に起こった相場の出来事は同じような原因と経緯で未来に繰り返されるものであり、この点からしても、一喜一憂せず、猛禽類がその機を待って獲物を狙う如く、チャンス到来時に全筋肉が活躍する心身ともなる跳躍力、飛翔力を維持しておく精神力と健康な肉体の維持こそ欠くべからざる日々の経済的心構えと言えるでしょう。

 経済とはこんなものであり、投資とは「辛いとき、我慢できるかどうか」にかかってることも事実です。経済のことわざの一つ「鳴かぬなら、鳴くまで待とう長期投資」とあるように、投資家は長期投資を始めたなら、短期的な相場変動に一喜一憂せず、じっくり待つ必要があります。

 ※多くが興味を持つ頃はその対象はすでに落ちぶれ始めてます。この逆で、多くが興味を持たない対象で潜在能力のあるものを見出す洞察力こそ投資家の真髄ではないでしょうか。

【上記の文は私の拙い経済観念であり、実際の投資においては、その結果は投資家本人に帰属します。】

  

| | コメント (2)

2019年11月18日 (月)

ブログ更新はお休み

P1060124

【山名町にある熊の像】

 今日は月曜日で、通常ならばブログ更新の日です。しかし、愛車で県外の遠方に行って来たことから疲れて書けません。明日19日に更新予定です。今後ともアクセス、及びコメントをお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

高崎市木部町に完成間近・・・仮称「新鏑橋」

P1060119

 高崎市と藤岡市を結ぶ仮称「新鏑橋」の本体はすでに完成してます。現在、その橋へのアクセス道路を建設中です。1~2年後、この橋が開通すれば山名町の街中を通過しないで鏑川を渡れます。

 実はこの橋は私のウォーキングコースの木部町にあり、完成の暁に私は橋を渡って藤岡市側の土手も歩くことを予定してます。大河の畔で空気は新鮮、冬季はシベリアから白鳥が多数飛来し、私にとってこの5Kウォーキングコースを健康づくりにつなげたい。


 The tentative name “New-Kabra bridge” connecting Takasaki City and Fujioka City has already completed. Currently an access road to the bridge is under construction. One or two years later, when this bridge is opened, we can cross the Kabra-River without passing through Yamana-town.

 Actually, this bridge is situated in Kibe-town where is my walking course. When the construction is finished, I plan to cross the bridge by walking on the Fujioka-city side. The air is fresh here, and swans come from Siberia as migratory bird in the winter, so that I would like to use this 5km walking course to improve my health.

P1070921_20191117035501

 

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

血圧対策、糖尿対策いついかなる時も

P1060113

【先日、初冠雪があった浅間山】・・・ウォーキングコースより

 昨日は快晴だったので、正午前の空腹時に鏑川の土手を4Kウォーキングしました。空腹時に運動すると糖尿対策に効果があると考えます。

 もちろん歩くと血圧対策にもなります。これらは日頃の生活習慣に起因するので今後も楽しく続けたい。やらねばならぬでなく、この楽しくが大切です。

 帰宅してからの日本蕎麦の美味しかったことは喩えようがありません。一方、明日は車で遠出するので、今日きれいに洗車します。

P1060114

 It was sunny yesterday, so I walked 4km on the bank of Kabra-river at the hungry time before noon. I am of the opinion that exercising at the empty stomach is effective for anti-diabetes.

 Of course, walking will also help prevent hypertension. Since these are related to daily lifestyle, I would like to continue merrily from now on. This fun is indispensable, not to be compulsory.

 There was no analogy to the taste of Japanese soba noodles after I returned home. On the other hand, tomorrow is far away by the beloved yellow car, so the car will be washed clean by me today. What on earth, will my life suddenly evolve?

P1060116

  

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

運動は心肺機能を高めることと、筋トレの両面から

P1030807

 昨日の午後、暫くぶりに高崎市浜川のジムに行き、筋トレをしました。ここへ最初に行ったのは15年ほど前、次女が連れてってくれました。昨日は一通りマシーンを使いましたら慣れないからでしょう。家に帰ってからあちこちが疲れました。

 一方、体脂肪率を計測したら5%とあまりにも低くくて驚きました。普段、心肺機能を高めるためウォーキングやキャフレイズをしてるからでしょうか。それとも、異常でしょうか。


 Yesterday afternoon, I went to the gym in Hamagawa, Takasaki City after a long interval and I did muscle training. My first visit here was that my second daughter took me about 15 years ago. Yesterday I got tired everywhere of the body after I got home, because I didn't get used to using machines.

 On the other hand, when I measured the body fat percentage, I was surprised that it was too low at 5%. Is it because I usually walk to inhance the cardiopulmonary function and do calf raising? Or is it abnormal?

 

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

高崎の名所・牛伏山山頂からの絶景はお勧め

P1060101

【牛伏山頂にある牛が伏せた像】

 時々、訪れる日帰り温泉「吉井ドリームセンター」の後方には標高491メートルの牛伏山が聳えてます。標高は低いように思われがちですが、関東平野から直接山になることから、登山道を登るにも、そうは簡単に登れるものではありません。

 群馬県南西部に位置する有名な御巣鷹山でさえ駐車場から標高差180mですから、491mは並大抵ではありません。牛伏山は私の家から車で30分ほどの距離にあり、四季折々に上毛三山(赤城、榛名、妙義)、そして活火山・浅間山の雄姿を見に行きます。

P1020405

 この絵は温泉施設「ドリームセンター」内に飾られてる斎藤弥平氏による大きな絵画で、前の建物が宿泊施設ドリームセンター、後方が牛伏山です。この山は遠方から見ると牛が伏せてるように見えることからこのように命名されました。

 地元・高崎市民でもこの素晴らしい山を訪れてない方が多くいると思われます。素晴らしさの第一は絶景です。群馬県の中央部である前橋市や高崎市、そして「武尊山」、魔の「谷川岳」が一望できることはもちろん、関東平野や遠く日光・「男体山」まで、見渡せることから、正にBreath-taking scenery【ため息が出る光景】と言えます。

 ましてや、牛伏山頂上に構える天守閣の三階展望台から見る景色は群馬県内でも指折りの眺望です。車で山頂まで行けることから、ぜひ、ここを訪れ、高崎市のよさが満喫されることを勧めます。

 山頂はかなり広く、散策にはやや傾斜もあってよい運動になります。春は桜に始まり、ツツジの群生など植物が豊富です。これから晩秋は紅葉か始まります。

Dscf0251

【山頂一帯はそろそろ紅葉】

 また、山頂の西部には長さ50mほどの洞窟があります。ここはよく響くことから私は一人歌うことがあります。洞窟を出ると群馬県西部や長野県方面まで見渡せます。近くには金平神社と命名された祠があり、今回は近未来について祈願し、隣にあった「平和の鐘」を遠方まで響き渡るよう力いっぱい打ちました。果たして轟音は届いたでしょうか。

P1060095

 一方、広い山頂の一角には「青い山脈」の楽譜と歌詞が刻された歌碑があります。この曲の作曲家・服部良一氏は牛伏山麓の日野小学校校歌の作曲を依頼され、当時、学校を訪問したとき、関係者と牛伏山に登り、氏は上州の山々が見渡せる光景に感動し、思わず一同は彼の作品「青い山脈」を合唱したと伝えられます。そのときの感動が説明板により、今でも語り継がれてます。

P1030277_20191114101501

【ぜひ、拡大してご覧ください。】

 この写真は以前に冬季に高崎市を撮影したものですが、牛伏せ山頂から見ると、高崎市は恰も武尊山の山麓にあるかの如くに見えます。これを見ても高崎市は関東平野の最も奥まった所に位置してることが分かります。ご覧の通り、群馬県は海なし県で、南部は平野、北部は山岳地帯で雪が降り、温泉やスキー場には事欠きません。この牛伏山の南側はゴルフ場です。

P1060179_20191114102801

 帰路は牛伏ドリームセンターの露天風呂で寛いだり、食事をしたり、もちろん宿泊もできます。

  

| | コメント (2)

2019年11月13日 (水)

牛伏山山頂の平和の鐘を突く・・・高崎市吉井町

P1060097

 秋晴れの昨日、群馬県吉井町に聳える牛伏山山頂に登りました。前橋市、高崎市、伊勢崎市、吉井町などが眼下に見え、遠く榛名山、赤城山、妙義山そして関東一円も望めました。

 暫し眺めた壮大な景色に比較し、日頃の自分の心のあり方に対し、もっと強い精神を陶冶しようと山頂にあった鐘を力いっぱい突きました。

 
(日本文と英文に意味の相違がございます)


 Yesterday of clear autumnal sky, I went up to the summit of Mt. Ushibuse in Yoshii-town in Gumma prefecture, Japan. Maebashi City, Takasaki City, Isesaki City, Yoshii Town, etc. can be seen under the eyes together with Mt. Haruna, Mt. Akagi, Mt. Myogi and Kanto-plain.

 Compared to the magnificent scenery that I saw for a while, I struck the bell at the top of the mountain as hard as I can so as to make a stronger spirit against my daily life so far. Will it be possible to eliminate living alone next year?

P1060096

【追伸】・・・明日の木曜日に牛伏山についてや、山頂からの景色の写真などを掲載いたします。

| | コメント (2)

2019年11月11日 (月)

太陽と月がほぼ同じ大きさに見える理由を今宵の満月を眺めながら考える

 今宵は満月です。北極星側から見ると、月は常に反時計回りに地球の周囲を回ってます。満月の現在、月は地球の公転軌道の外側を秒速約29㎞で進んでいます。

 地球からの距離はその時によって多少異なっても38万Km前後といわれます。38万㎞とは愛車の走行距離と比較すると分かりやすいです。写真は日本列島と比較した月の大きさです。

 現在、もし月から地球を見ると真っ暗で何も見えないでしょう。地球の真後ろに太陽あるからです。


 I recommend you to see the full moon tonight. If viewing from the North Star side, the moon always goes around the earth counterclockwise. Currently, it is moving outside the earth's revolution orbit at a velocity of about 29 km / s.

 The distance between the earth and the moon is calculated around 380,000 km, even if it varies slightly depending on day. 380,000 km is easy to understand, if you compare to the mileage of your own car. The photo shows the size of the moon compared to the Japanese archipelago.

 Currently, if you look at the earth from the moon surface, it will be really dark and you cannot see anything because the back of the earth is the sun.

Photo_20191111182501

 

 一方、太陽と月がほぼ同じ大きさに見えることについてです。月の直径【3474㎞】は太陽の直径【139万1016㎞】の約400分の1であり、一方、地球から月までの距離は約38万㎞で、太陽までの距離はおよそ1億5000万㎞【1天文単位】です。このため、月までの距離は太陽までの距離の約400分の1です。
 
 つまり、直径も距離も月は太陽の400分の1です。
 
 故に、それぞれが作る宇宙空間における地球との三角形は二等辺三角形で相似形です。このため、太陽と月の見かけ上の大きさはほぼ同じです。しかし、地球の公転が楕円軌道であることから、その距離は多少伸び縮みするので、皆既日食が起こったり、金環日食が起こったりします。
 
 因みに地球の直径は12754㎞【赤道】で太陽の直径の109分の1です。

Photo_20191112062601

 On the other hand, as I mentioned before, the sun and the earth seem to be almost the same size. The moon's diameter [3474km] is about 1/400 of the sun's diameter [13991016km], while the distance from the earth to the moon is about 380,000 km, and the distance to the sun is about 150,000,000km [AU1] For this reason, the distance to the moon is about 1/400 of the distance to the sun.

 To sum up, the moon is 1/400 of the sun both in diameter and distance.

 Therefore, the each triangles created by the sun and the moon from the earth in the outer space are isosceles triangles and similar figires. For this reason, the apparent size of the sun and the moon is almost the same. However, since the earth's revolution is an elliptical orbit, the distance expands or contracts somewhat, causing a total solar eclipse or a ring solar eclipse.

 Incidentally, the diameter of the earth is 12754km [equator], so that it is 1 / 109th of the sun's diameter.

 

| | コメント (4)

台風による洪水を食い止めた群馬県内7つのダム

Photo_20191111092701

【台風19号で満水になった八ッ場ダム】

 群馬県長野原町に国が建設した「八ッ場(やんば)ダム」は、2009年の衆院選で当時の民主党が「税金の無駄遣いなどと建設中止」を公約に掲げて注目されました。

 しかし、今回、台風19号により日本中に未曾有の災害が起こった状況の中でも、群馬県から利根川中流域では殆ど水害が起こらず、八ッ場ダムによる治水効果は大きな賞賛と言えます。

 群馬県には7つのダムがあり、それらは八木沢ダム、奈良俣ダム、藤原ダム、相俣ダム、園原ダム、下久保ダム、そして八ッ場ダムです。私は過去にこれらすべてのダムの現場を訪れ、首都圏の水瓶となる共に、電力はもちろん自然災害を未然に防いでる治水効果に、群馬県民の一人として誇らしく感じるものです。

 国土交通省関東地方整備局発表によると、これら七つのダムが今回、台風19号の大雨で貯めた水量は合計1億4500万立方メートルと計測され、このうち10月から試験的に湛水を開始したばかりだった八ッ場ダムの水量は、何と約7500万立方メートルという莫大な水量です。これは今回、群馬県のすべてのダムが湛水した水量の二分の一以上に相当します。

 テレビニュースでは、千曲川を始めとして堤防の決壊による多くの犠牲者のこと、多大の家屋の倒壊、農作物の大被害のことが中心です。それも誠に重大な被害です。

 しかし、巨大台風上陸という状況の中にあって八ッ場ダムを初めとした群馬県内のダムによる治水効果が威力を発揮したことは事実であり、人的被害が起こらず、ダム建設により多くの生命が守られてることを扱うニュースは殆ど見当たりません。

 台風被害と同時に、ダムや近年建設されたスーパー堤防がどれ程、人命を救ってるかを検証することで、税金の使い方について、その有効性を認識する必要があります。

P1020001

【八ッ場ダム周囲は空気が澄み、自然散策にも適してる】

 群馬県、伊勢崎市の八斗島町には群馬県西部山岳地帯から流れる烏川と合流した後、日本一の流域面積を持つ利根川が流れてます。ここでは基準点の「水位上昇を1メートル抑えられた」と発表がありました。つまり、他県では大被害を起こした台風19号の時でさえ、氾濫危険水位にはならなったことで、ダムの治水効果が洪水被害軽減に大きく効果を発揮しています。

 ところで、私は八ッ場ダムには建設中から四季折々、何度も足を運びました。巨大ダム建設計画は戦後間もなく襲来したカスリーン台風で群馬県で592名が亡くなり、関東一円では1000名以上が犠牲になりました。ダム建設はこのことに起因してます。このため計画から半世紀以上がかかり、民主党の反対などを乗り越え、やっと今年完成し、利根川流域に住む人たち念願のダムです。

 私たちは社会で起こる多種の事象について、何事も一面ばかりの見方をせず、片手落ちにならない多面的な判断力を養い、今まで努力してきた成果を検証し、人類の幸福について本質を考察できる能力を養いたいものです。

 

| | コメント (2)

日々鍛えたい肉体と精神・・今日は介護の日

P1060094_20191111073401

 先日のクラス会では高齢の親を介護してるため出席できなかった人がいました。おそらく、ひと時も手が離せないのでしょう。一方、自分自身がもう外出は儘ならないという方もいました。これは出欠のメッセージで伝えていました。

 私の世代では親の介護や自らも介護対象である年齢に達してます。全国には要介護と認定されてる人が633万人【2年前】と発表されてます。

 今日は11月11日で介護の日です。健康は築くものと考え、いっそう増進したい。同時に人に頼らない生き方をいつまでも持ち続けたい。


 In the class meeting held the other day, there was a person who could not attend because of caring for an elderly parent. Perhaps she can't hand her off. On the other hand, there was a person who could't go out herself. These were communicated in attendance messages.

 In our generation, we have reached the age of care for my parents or for ourselves. There are 6.33 million people [2 years ago] who are certified as needing care throughout the country.

 Today is November 11th, the day of nursing care. I will improve my health by thinking that I should build it physically and mentally. At the same time, I will have a way of life that doesn't rely on person for the time being, if possible perpetually.

  

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

エコーによる「がん健診」を受診

P1060074

【画像を拡大すると臨場感が出ます。】

 写真は群馬県の榛名湖で、左は烏帽子岳、右は榛名富士です。二つとも以前に登頂したことがあります。

 この二つの山の遥か下方に吾妻脳神経外科があり、昨日はエコーによる「がん検診」を受けました。対象臓器は膀胱、前立腺、胆のう、肝臓、腎臓、そして膵臓です。すぐに医師による画像診断が行われ、病変はありませんでした。

 このため、昨晩は一人で乾杯しました。リコピンを含むトマトジュースとβーカロテンを含むニンジンジュースを早朝、空腹時に飲んでる効果かもしれません。両方とも強い抗酸化作用があります。

 信ずる者は救われるので、これからも続けます。

 

 The photo shows Lake Haruna in Gumma prefecture, Japan and the left is Mt, Eboshi and the right is Mt,Haruna-Fuji. I had ever climbed the both with students before.

 Agatsuma Neurosurgery is far below this, and yesterday I received a "cancer screening" by echo. The target organs are bladder, prostate, gallbladder, liver, kidney and pancreas. Immediately the imaging diagnosis was performed by the doctor and there were no lesions. 

 For this reason, I had a toast by myself last night. It may be the effect of drinking tomato juice containing lycopene and carrot juice containing β-carotene every early morning when I am hungry. Both have strong antioxidant effect.

 Those who believe will be saved. Therefore I will continue. 

 

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

何才になっても諦めず人生に立ち向かう

P1060091

 季節は立冬になりました。庭も何とはなしに物悲しくなり、広い家に人間も一人寂しく生活し、昔のような家族の賑わいはどこへ行ったのだろう。

 そうだ、人生で最もいけないことは諦めることだ。人生100年時代。何才になっても夢を実現できるように最善を尽くし、目の前のやるべきことを丁寧に一歩一歩進もう。今後の私を見てて下さい。

 ところで、今日は八ッ場ダム近くの吾妻脳神経外科に行きます。教え子の父親が院長なので、すでに20年近く診察して戴いてます。院長はNHK「試してガッテン」の助言者です。では行って参ります。

【日本文と英文に多少の相違があります。】

 
 The season bacame the begining of winter. The garden looks somehow sad, and the human lives lonely in this spacius premises. Where has the family's bustle of the past gone?

 So, one of the most important things in our life is never give up. Period of life is to be a centenarian.  I will do my best what I need to do in order to make my dream come true at all ages. Please look at my life from now on.

 By the way, today I'm going to Agatsuma Neurosurgery near Yamba Dam that was a bone of contention whether Japanese government constructs or not during more than a half century.

 Since my student's father is the doctor at the hospital, I have already been diagnosed by him for almost 20 years. The doctor is an adviser of the program named "Tameshite Gatten" (Tried Understanding) "televised from NHK. Then I will go. 

Photo_20191109023001

【台風19号により満水になった八ッ場ダム】

| | コメント (2)

2019年11月 8日 (金)

今からドキドキです。・・・暫くぶりのクラス会

P1060092

 前回、榛名町で行なわれたクラス会に出席しましたが、こちらは教員として出ました。今日は伊勢崎で開かれる大学時代のクラス会に出席します。ですから、こちらは友人として出席です。

 本当に暫くぶりなので今からドキドキです。果たして、皆変わってしまっただろうか、それとも昔のまま若いだろうか。私は後者に属したい。では行って参ります。


 Last time, I attended a class meeting held in Haruna-town, but I went as a teacher. Today, I will attend a university class held in Isesaki-city. So this attendance is as a friend.

 Since long time no see, I feel my heart beating with excitement. Has they really changed, or the same as it was at the young student time? I want to belong to the latter. So I will go. 

 

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

立冬を迎え、これから冬支度・・・今年もあと54日

P1060093

【今を盛りに咲いてる菊の花】

 11月8日は二十四節気の一つ立冬です。地球は太陽の周りを一天文単位AU1の距離を保ちつつ、やや楕円形で公転してます。

 その公転距離はおよそ9億5千万㎞と計算され、地球上にいる私たちは1年間かけて、この広大な宇宙を秒速約29㎞の猛スピードで旅しています。

 公転を実感できるのは地球が反時計回りに公転してることから、夜中に見える星座が毎日少しずつ東から西へ移り変わってます。ですから、四季によって見える星座は相当違ってきます。例えば、立秋の午前0時に見えた星座は、立冬の午前0時では90°西へ移動してます。つまり、この間、地球は90°公転しました。

 地球の公転軌道を24等分したそれぞれの位置が二十四節気となり、今回の立冬は春分点から数えると15番目になります。ですから、天体の位置を示す赤径では、地球から見た立冬の太陽の位置は15hになります。

 言いかえれば、立冬とは、公転してる地球から見ると太陽の位置が、魚座にある春分点から225°移動してます。もちろん太陽は不動ですが、地球から見ると背景にある星座がどんどん変わります。立冬の太陽は「てんびん座」に来ています。

284pxlibra_constellation_mapsvg_20191107092801

【立冬の太陽の背景は天秤座】・・・左は「さそり座」の鋏

 「天秤座」命名の由来はどちらも平等であるという意味から、紀元前では天の北と南を等しく分ける位置にあり、バビロニア時代には「天秤座」は赤道上にあったことになります。それ以来2000年以上が経過し、21世紀の現在、赤道上空にある星座は「おとめ座」です。このため地球から見る秋分の日の太陽の背景はスピカという1等星を含む「おとめ座」です。スピカは珍しくほぼ黄道上にあります。

 このように長い年月に星座の位置が少しずつずれるのは地軸がコマのように揺れる歳差運動によるものと考えられ、歳差運動は、25800年周期と計算されてます。立冬の太陽の背景が「天秤座」であることは国立天文台が発表してる「今夜の星空」でも確認できます。

Photo_20191107095601

【拡大してご覧ください。】

 さて、このように私たちの地球は公転することで、その位置を24分割し、二十四節気に分けられてます。公転一周360°ですから節気が変わるたびに地球は15°ずつ、北極星側から見て、反時計回りをしてます。

 北半球に住む日本の私たちは立冬から立春までの3ヶ月間は冬です。深夜に上空から南の空を見ると、あまりにも巨大な「冬のダイアモンド」が日本上空を覆います。そのすぐ右上にスバル星団が神秘的に輝いてます。有名な「オリオン座」やシリウス、「ふたご座」そして「おうし座」も「冬のダイアモンド」を形成してるので、夜空を大きく眺めると六角形したダイアモンドが確認できます。

 木枯らし途絶えた深夜に、私もこれを確認できたとき誠に感銘しました。太陽がこの「冬のダイアモンド内に入るのは二十四節気では「夏至」の頃です。

Photo_20191107101901

【これから日本上空を覆う冬のダイアモンド】

 立冬を迎え、これから寒くなります。時々は深夜に天を仰ぎ「冬のダイアモンド」を見つめつつ、私たちも大宇宙に浮かび、公転という名の旅してることが実感できると、人生について、また今までとは異なる見方、生き方ができるかも知れませんね。

 

| | コメント (2)

2019年11月 6日 (水)

その昔、谷川岳をヘリコプターで遊覧飛行

P1060080

 先日、群馬県にある榛名湖一周ウォーキング中に、どこからともなく飛来して来たヘリコプターが湖畔の上をぐるぐる何回も旋回してました。水面すれすれに飛んだり、ホバリングもしました。低空飛行すると爆音がもの凄く大きいです。県警のヘリコプターのようです。

 ところで、昔、私と娘たちはヘリコプターに乗り、谷川岳一帯を遊覧飛行したことがあります。ヘリコプターは一の倉沢を垂直に登りながら飛行しました。ヘリコプターならではの飛び方です。頂上付近を通過したら、登山者が手を振ってました。一緒に乗った当時幼かった娘たちは覚えているだろうか。


 The other day, while walking around Lake Haruna, a helicopter that came from somewhere was turning around the lake many times. It flew to the surface of the water and hovered. The engine noise is very loud while flying low. I guess it belongs to the police in Gumma prefecture.

 

 A long time ago, I and my daughters took a helicopter ride on Mt. Tanigawa on a scenic flight and it flew vertically across Ichinokurasawa that is a perpendicular cliff. This is a unique way to fly by a helicopter. Climbers were waving when we passed near the top. Can my daughters remember who took ride together thirty-five years ago?

Photo_20191106014401

https://www.youtube.com/watch?v=kFKsJtXd5Ug

 

| | コメント (2)

2019年11月 5日 (火)

紅葉まっ盛り・・・ Autumnal Tints

P1060061

 ここは榛名湖周辺の紅葉です。標高と気温の関係は概ね100m高くなると1℃下がることから、ここは標高1084mで高崎市街地より丁度1000m高いので気温が約10℃下がります。

 一方、標高と気圧の関係は概ね 10 m の上昇で 1 hPa 下がります。ですから、榛名湖では高崎市街地より、およそ100hPa低くなります


 The photo shows the autumn leaves around Lake Haruna where it is 1084m in altitude. Generally, since the relationship between altitude and temperature, it drops by 1°C for every 100m higher. So here is 10℃ lower than the city of Takasaki, because here is just 1000m higher.

 On the other hand, the relationship between altitude and atmospheric pressure, it drops by 1 hPa for every 10m higher. So it is about 100 hPa lower at Lake Haruna than Takasaki.

P1060060

https://www.youtube.com/watch?v=CwsuMUiztF0

  

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

秋の一日、紅葉の榛名湖をウォーキングで一周

P1090053

【紅葉が始まった榛名富士1391m】・・・画像はすべて拡大してご覧下さい。

 11月1日、秋晴れのためでしょう。何とはなしに動きたくて身体がむずむずし、急遽、群馬県の中央部に聳える榛名山へ黄色い愛車で向かいました。

 関越自動車道から渋川市経由で目的地の榛名湖に着くと、秋の陽射しを浴びて多くの観光客が湖畔で紅葉を楽しんでます。客の多くは団体や二人連れです。その中にあって一人は私だけです。しかし、寂しいとは思いません。それは「これから榛名湖畔を一周ウォーキングするんだ」という結構過酷な決意に満ちていたからです。精神力の弱い私にしては珍しい心境です。

P1060055

 カルデラである榛名湖は周囲およそ5Kmあり、先史時代に大噴火した火口湖です。未だ水がなくなった湖底を見た人はいません。昔は冬季に全面氷結し、スケート客でにぎわいましたが、現在は世界的な気候変動により殆ど氷結しません。

 湖は多くの外輪山に囲まれ、私は今は亡き友人と多くの外輪山に登りました。その中でも、特に相馬山山頂からの景色は絶景で、広大な関東平野が一望でき、私の住む高崎市も、勤務してた前橋市も1411mの高い位置から眼下に見えます。

 相馬山山頂からは遥か南に名峰・富士山の雄姿が見えます。この山は私のお気に入りで今まで三回登頂し、絶景は今でも脳裏に焼き付いてます。亡き友人がブランデー入り紅茶を入れてくれました。

P1060066

 午前11時、いよいよ左に湖を眺めつつ反時計回りに湖畔の周遊を開始です。観光客の中に歩く人はいません。私は全身の筋肉の躍動を意識し、いつもと違って、気迫はチャレンジ精神に溢れ(?)、散策の感じでなく、スポーツ的な前進を心掛けます。

 最初は樹木の大きな根を跨ぎつつ、道はアップンダウンし、滑ると湖に落ちるような一本道で、いわゆる獣道です。辺りは紅葉に覆われ、自然の中をただ一人黙々と歩きます。それでも、珍しく登山姿の人に出会うことが二~三回ありました。見知らぬ人でも山では互いに挨拶を交わすので、これは日本人の良いマナーです。長い人生の中でここで偶然に一瞬、会うだけで、永遠の別れです。

P1060067

 右側は山、左は湖という難所を何箇所か通過しても、このような場所でこそ、自然と自分のみが存在する時間と空間を味わいつつ、そのうち広い道に出るだろうという望みを胸に、せっせと歩きます。

 生い茂る樹木の中で湖水が近く気温は涼しいです。しかも、高崎市に比較し、標高が丁度1000メートル高いので気温も10℃低いです。一所懸命歩いても汗はあまり出ません。

P1060062

 榛名湖の水はご覧の通り、きれいです。よい空気をいっぱい吸いつつ、前進あるのみです。すでにかなり歩いて来たので疲れを感じても、もう引き返せません。

 湖畔周囲の4分の1くらい来たところで、車道に出ました。ここまでくれば歩きやすくなります。この界隈は榛名富士の西になり、温泉施設ユウスゲの前を通過したところ、湖の水を常に排出してる沼尾川に着きました。外輪山から流れ込む湖水の水面を常に一定に保つため、この川から水が外部に流れ出てます。おそらく中乃条方面へ流れるのでしょう。

P1060068

【湖水量を一定に保つ沼尾川は常に外部へ流れてる】

 実はこの界隈が最も奥間った地点です。未だ半分道中で、ここからバス停までかなりあり、今まで休憩せず歩けたのは、平素、土手など歩いてるからでしょう。

 時計は12時を回り、お腹がすいてきたので食堂が見えたら何か食べようと考えてもなかなか着きません。暫く歩いた後、やっとのことで休憩を兼ねながら、ラーメン屋に入りました。味噌ラーメンを食べてから榛名富士を見たら、この場所からは絵ハガキのようにきれいです。

P1060073

【対岸の湖水近くが前半に通った1本道の獣道】

 もう3分の2は周遊したので、後は樹木に覆われた遊歩道を歩くだけです。せっせせっせと歩き有難いことに心臓は疲れません。呼吸も乱れません。心拍数は推定105程度です。

 最初の駐車場にいる観光客用の馬車が見えた時はやっと湖畔を一周したかという気持ちで、愛犬のように待っていた愛車に乗りました。

 帰路は榛名神社経由です。途中、20代のとき勤務してた榛名高校に立ち寄り、若き日を思い出しました。黄色い愛車はスイスイ走り、倉賀野に着きました。

 榛名湖畔をウォーキングで一周したのは今回で4回目です。私には未だ体力が内包されてることに自信が持てました。これからも、身体を甘やかさないで生活したい。

 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

健康法の基本は熟睡できる環境づくり

P1090087

 今日、生れて初めて敷布団のカバーを買いました。長いこと使っていた今までのシーツがついに破れたからです。

 店員に訊きましたら「シングルですか、ダブルですか」と尋ねられ、一人暮らしの私は驚きました。「もちろん、シングルです」と答え、気に入ったご覧の柄を選びました。果たして、今宵からよい夢が見られるでしょうか。よい夢を見たら実現したい。


 I bought a mattress cover for the first time today. This is because the sheet that has been used for a long time has finally been torn.

 I was surprised due to living alone, because the store clerk asked me “Is it single or double?” “Of course, it ’s a single,” I answered, and chose my favorite pattern as you see in the photo. Can I really have a good dream tonight? If I have a good dream from now on, I want to realize it .

 

| | コメント (2)

2019年11月 2日 (土)

懐かしい富岡市へ車を走らせる

P1010858

 今日は所用で懐かしい富岡市へ車を走らせました。平成元年から富岡高校に6年間勤務してました。この学校は世界文化遺産で有名な富岡製糸場の近くです。

 近年、富岡~吉井間に素晴らしいバイパスができたので当時とは異なり、車はスイスイです。やはり世界文化遺産となると内外から多くの訪問者があるからでしょう。

【日本文と英文に多少の違いかあります。】
 Today, I drove to Tomioka City by a yellow car, because I had an engagement. I have ever worked at Tomioka High School for 6 years since 1989 as a music teacher. This school is near the Tomioka Silk Mill which became famous for its World Cultural Heritage.

 Unlike in those days, the car went easily because a marvelous bypass between Tomioka-city and Yoshii-town was constructed in recent years.

 But fortunately I was not caught by a radar trap. After all the reason is there are many visitors from inside and outside due to the World Cultural Heritage. I recommend you to visit there.

 

| | コメント (0)

今宵は土星が月に隠れそうです。

P1060082

 昨日の夕刻に三日月、そして木星も土星もよく見えました。実際は月齢5でした。実は、月の裏側は表とは逆で月齢10で広く光っています。現在は上弦の月なので、公転してる地球の後から月がついてきます。満月になると地球の公転軌道より外側を進み、地球と同じスピード【およそ秒速29㎞】です。その後、下弦の月になると地球の公転スピードより速くなります。

 ところで、今宵は月による土星の星食が起こりそうです。その後、時間が経過して明日になると、土星は再び月の西側に出てくるでしょう。

 We saw the crescent moon, Jupiter, and Saturn well yesterday evening. However, the phase of the moon was actually 5. In fact, the reverse side of the moon is shining widely 10 in phase. Now, it is the waxing moon, so the moon will come after the earth. When it reaches the full moon, it travels outside the earth's orbit and is at the same speed as our earth (approximately 29 km / s). After that, when it comes to the waning moon, it becomes faster than the earth's revolution speed .

 By the way, Tonight Saturn will hide behind the moon. As time passes, it will appear again to the west of the moon tomorrow.

 

| | コメント (2)

2019年11月 1日 (金)

今宵は、土星、月、木星がランデヴー

P1090052

 今宵【11月1日】の午後5時30分頃から7時頃までに西南の空をご覧ください。天体のランデヴーが見られます。三日月を中心として左に土星、右に木星が並びます。天気はどうにか晴れそうです。

 土星は太陽から大変に遠く、太陽~地球間の距離【約1億5千万㎞】の9.5倍です。このため光度は弱いです。空気が澄む季節なので見られるでしょう。

【日本文と英文に多少意味の差があります。】


 Please look at the southwestern sky from around 5:30 pm to about 7:00 pm on tonight [November 1]. The celestial rendezvous will be seen throughout the world. Centered on the crescent moon, Saturn is on the left and Jupiter is on the right in northern hemisphere. The weather will be somehow fine in Japan.

 Saturn is far from the sun. It is 9.5 times the distance between the sun and the earth [about 150 million km]. For this reason, the light intensity of Satuen is weak. You will be able to see the rare astronomical phenomenon, if the air is clear. This is a one in a million chance, so I recommend you to see this phenomenon together with your sweetheart-to-be. 

 

| | コメント (6)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »