« 健康法の基本は熟睡できる環境づくり | トップページ | 紅葉まっ盛り・・・ Autumnal Tints »

2019年11月 4日 (月)

秋の一日、紅葉の榛名湖をウォーキングで一周

P1090053

【紅葉が始まった榛名富士1391m】・・・画像はすべて拡大してご覧下さい。

 11月1日、秋晴れのためでしょう。何とはなしに動きたくて身体がむずむずし、急遽、群馬県の中央部に聳える榛名山へ黄色い愛車で向かいました。

 関越自動車道から渋川市経由で目的地の榛名湖に着くと、秋の陽射しを浴びて多くの観光客が湖畔で紅葉を楽しんでます。客の多くは団体や二人連れです。その中にあって一人は私だけです。しかし、寂しいとは思いません。それは「これから榛名湖畔を一周ウォーキングするんだ」という結構過酷な決意に満ちていたからです。精神力の弱い私にしては珍しい心境です。

P1060055

 カルデラである榛名湖は周囲およそ5Kmあり、先史時代に大噴火した火口湖です。未だ水がなくなった湖底を見た人はいません。昔は冬季に全面氷結し、スケート客でにぎわいましたが、現在は世界的な気候変動により殆ど氷結しません。

 湖は多くの外輪山に囲まれ、私は今は亡き友人と多くの外輪山に登りました。その中でも、特に相馬山山頂からの景色は絶景で、広大な関東平野が一望でき、私の住む高崎市も、勤務してた前橋市も1411mの高い位置から眼下に見えます。

 相馬山山頂からは遥か南に名峰・富士山の雄姿が見えます。この山は私のお気に入りで今まで三回登頂し、絶景は今でも脳裏に焼き付いてます。亡き友人がブランデー入り紅茶を入れてくれました。

P1060066

 午前11時、いよいよ左に湖を眺めつつ反時計回りに湖畔の周遊を開始です。観光客の中に歩く人はいません。私は全身の筋肉の躍動を意識し、いつもと違って、気迫はチャレンジ精神に溢れ(?)、散策の感じでなく、スポーツ的な前進を心掛けます。

 最初は樹木の大きな根を跨ぎつつ、道はアップンダウンし、滑ると湖に落ちるような一本道で、いわゆる獣道です。辺りは紅葉に覆われ、自然の中をただ一人黙々と歩きます。それでも、珍しく登山姿の人に出会うことが二~三回ありました。見知らぬ人でも山では互いに挨拶を交わすので、これは日本人の良いマナーです。長い人生の中でここで偶然に一瞬、会うだけで、永遠の別れです。

P1060067

 右側は山、左は湖という難所を何箇所か通過しても、このような場所でこそ、自然と自分のみが存在する時間と空間を味わいつつ、そのうち広い道に出るだろうという望みを胸に、せっせと歩きます。

 生い茂る樹木の中で湖水が近く気温は涼しいです。しかも、高崎市に比較し、標高が丁度1000メートル高いので気温も10℃低いです。一所懸命歩いても汗はあまり出ません。

P1060062

 榛名湖の水はご覧の通り、きれいです。よい空気をいっぱい吸いつつ、前進あるのみです。すでにかなり歩いて来たので疲れを感じても、もう引き返せません。

 湖畔周囲の4分の1くらい来たところで、車道に出ました。ここまでくれば歩きやすくなります。この界隈は榛名富士の西になり、温泉施設ユウスゲの前を通過したところ、湖の水を常に排出してる沼尾川に着きました。外輪山から流れ込む湖水の水面を常に一定に保つため、この川から水が外部に流れ出てます。おそらく中乃条方面へ流れるのでしょう。

P1060068

【湖水量を一定に保つ沼尾川は常に外部へ流れてる】

 実はこの界隈が最も奥間った地点です。未だ半分道中で、ここからバス停までかなりあり、今まで休憩せず歩けたのは、平素、土手など歩いてるからでしょう。

 時計は12時を回り、お腹がすいてきたので食堂が見えたら何か食べようと考えてもなかなか着きません。暫く歩いた後、やっとのことで休憩を兼ねながら、ラーメン屋に入りました。味噌ラーメンを食べてから榛名富士を見たら、この場所からは絵ハガキのようにきれいです。

P1060073

【対岸の湖水近くが前半に通った1本道の獣道】

 もう3分の2は周遊したので、後は樹木に覆われた遊歩道を歩くだけです。せっせせっせと歩き有難いことに心臓は疲れません。呼吸も乱れません。心拍数は推定105程度です。

 最初の駐車場にいる観光客用の馬車が見えた時はやっと湖畔を一周したかという気持ちで、愛犬のように待っていた愛車に乗りました。

 帰路は榛名神社経由です。途中、20代のとき勤務してた榛名高校に立ち寄り、若き日を思い出しました。黄色い愛車はスイスイ走り、倉賀野に着きました。

 榛名湖畔をウォーキングで一周したのは今回で4回目です。私には未だ体力が内包されてることに自信が持てました。これからも、身体を甘やかさないで生活したい。

 

|

« 健康法の基本は熟睡できる環境づくり | トップページ | 紅葉まっ盛り・・・ Autumnal Tints »

群馬の素晴らしさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康法の基本は熟睡できる環境づくり | トップページ | 紅葉まっ盛り・・・ Autumnal Tints »