« 牛伏山山頂の平和の鐘を突く・・・高崎市吉井町 | トップページ | 運動は心肺機能を高めることと、筋トレの両面から »

2019年11月14日 (木)

高崎の名所・牛伏山山頂からの絶景はお勧め

P1060101

【牛伏山頂にある牛が伏せた像】

 時々、訪れる日帰り温泉「吉井ドリームセンター」の後方には標高491メートルの牛伏山が聳えてます。標高は低いように思われがちですが、関東平野から直接山になることから、登山道を登るにも、そうは簡単に登れるものではありません。

 群馬県南西部に位置する有名な御巣鷹山でさえ駐車場から標高差180mですから、491mは並大抵ではありません。牛伏山は私の家から車で30分ほどの距離にあり、四季折々に上毛三山(赤城、榛名、妙義)、そして活火山・浅間山の雄姿を見に行きます。

P1020405

 この絵は温泉施設「ドリームセンター」内に飾られてる斎藤弥平氏による大きな絵画で、前の建物が宿泊施設ドリームセンター、後方が牛伏山です。この山は遠方から見ると牛が伏せてるように見えることからこのように命名されました。

 地元・高崎市民でもこの素晴らしい山を訪れてない方が多くいると思われます。素晴らしさの第一は絶景です。群馬県の中央部である前橋市や高崎市、そして「武尊山」、魔の「谷川岳」が一望できることはもちろん、関東平野や遠く日光・「男体山」まで、見渡せることから、正にBreath-taking scenery【ため息が出る光景】と言えます。

 ましてや、牛伏山頂上に構える天守閣の三階展望台から見る景色は群馬県内でも指折りの眺望です。車で山頂まで行けることから、ぜひ、ここを訪れ、高崎市のよさが満喫されることを勧めます。

 山頂はかなり広く、散策にはやや傾斜もあってよい運動になります。春は桜に始まり、ツツジの群生など植物が豊富です。これから晩秋は紅葉か始まります。

Dscf0251

【山頂一帯はそろそろ紅葉】

 また、山頂の西部には長さ50mほどの洞窟があります。ここはよく響くことから私は一人歌うことがあります。洞窟を出ると群馬県西部や長野県方面まで見渡せます。近くには金平神社と命名された祠があり、今回は近未来について祈願し、隣にあった「平和の鐘」を遠方まで響き渡るよう力いっぱい打ちました。果たして轟音は届いたでしょうか。

P1060095

 一方、広い山頂の一角には「青い山脈」の楽譜と歌詞が刻された歌碑があります。この曲の作曲家・服部良一氏は牛伏山麓の日野小学校校歌の作曲を依頼され、当時、学校を訪問したとき、関係者と牛伏山に登り、氏は上州の山々が見渡せる光景に感動し、思わず一同は彼の作品「青い山脈」を合唱したと伝えられます。そのときの感動が説明板により、今でも語り継がれてます。

P1030277_20191114101501

【ぜひ、拡大してご覧ください。】

 この写真は以前に冬季に高崎市を撮影したものですが、牛伏せ山頂から見ると、高崎市は恰も武尊山の山麓にあるかの如くに見えます。これを見ても高崎市は関東平野の最も奥まった所に位置してることが分かります。ご覧の通り、群馬県は海なし県で、南部は平野、北部は山岳地帯で雪が降り、温泉やスキー場には事欠きません。この牛伏山の南側はゴルフ場です。

P1060179_20191114102801

 帰路は牛伏ドリームセンターの露天風呂で寛いだり、食事をしたり、もちろん宿泊もできます。

  

|

« 牛伏山山頂の平和の鐘を突く・・・高崎市吉井町 | トップページ | 運動は心肺機能を高めることと、筋トレの両面から »

高崎のよい所」カテゴリの記事

コメント

 なかなか、雰囲気のある鐘突き堂ですね。祈りを心を込めて突けば梵鐘の響きと唸りは様々な音となって遠く広がってゆきます。
”ご~ん”だけではない。”ぐぉおーん”とも聞こえる。
 ぐおおーん
 ぐおぉーん
 
 ぐうおぉーん
 ぐうぉおーん
 ぐうぉおん
 
 ぐぅおぉーん
 ぐぅぉおーん
 ぐぅぉぉーん
 
 柿食えば 鐘がなるなり 法隆寺(子規)
子規がこの句を作ったのは、東大寺南大門近くの宿に泊まり、宿で出た柿を食いながら東大寺の鐘の音を聞いての作だそうです。この時、子規が耳にとどめた鐘の音は「ボーン」。

私は、梵鐘の音は “ぐぉん”でいきた。「祇園精舍の鐘の聲,諸行無常の響あり

まあ、どれでもいいんですけどね

投稿: 二番穂 | 2019年11月14日 (木) 12時37分

二番穂さんへ・・・ここの梵鐘は山頂にあるので珍しく、四方八方、かなり遠方まで響き渡ります。
 もし、ここへ行かれる場合はお供いたします。高崎市の名所にしては予想を超える感銘を受けられるでしょう。
 その晩は感激に浸って「バク」でお酒が飲みたくなるでしょう。

投稿: カッキー | 2019年11月14日 (木) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛伏山山頂の平和の鐘を突く・・・高崎市吉井町 | トップページ | 運動は心肺機能を高めることと、筋トレの両面から »