« 今日は「大雪」・・・太陽の背景は「さそり座」 | トップページ | 一生勉強、一生青春・・・私の英単語記憶法 »

2019年12月 8日 (日)

伝えて行くべき年中行事・・・近づく屋敷祭り

P1070045

 群馬県では屋敷祭りをする家が多いです。日程は主に12月で、その家によって異なり、1日、8日、15日などが多い様です。私の家では15日です。この祠を昔から「お稲荷さん」あるいは「稲荷様」といいました。

 石造りの稲荷様は今から90年ほど前、亡父が近所の石屋に頼んで作ったもので、本体の後ろに父の名と建設年月日が刻まれてますが、風化し解読が難いです。お頭つきの魚など供物を備え、父はオンベロという紙を折ったものを飾りました。家内安全と家屋敷の守護神なのでしょう。


 There are many houses in Gumma Prefecture that hold a premises festival. The schedule is mainly in December, depending on the house, and there are a few days such as 1st, 8th, or 15th. In my home, it was held at 15th. We always called this small shrine as “Oinari-san” or “Inari-sama”.

 Our stone Inari was made about 90 years ago by my late father at a nearby stonemason. The name of my father and the date of construction were engraved on the back of the stone shrine, but it was weathered and difficult to decipher now. With offerings such as fish with head, and my father displayed folded papers called Onbero. It must be a guardian deity for family safety and premises.

P1050040

【建設年月日と父の名が刻まれてるが、風化し読み難い】

  

|

« 今日は「大雪」・・・太陽の背景は「さそり座」 | トップページ | 一生勉強、一生青春・・・私の英単語記憶法 »

我が家の仕来たり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は「大雪」・・・太陽の背景は「さそり座」 | トップページ | 一生勉強、一生青春・・・私の英単語記憶法 »