« 未来の枝ぶりを心に描きつつ、枝垂れ花桃を剪定 | トップページ | 将来が楽しみな「源平しだれ桃」の幼木 »

2019年12月28日 (土)

今も鏑川に残る台風19号の爪痕

Img_0069_20191228072601

【画像を拡大すると橋の下にいる臨場感が出ます。】

今年は群馬県でも台風19号による被害が特に富岡市と嬬恋村で顕著でした。私のウォーキングコースのここ鏑川も当時水嵩が増し、樹木が倒され、その爪痕は今でも残ってます。しかし、現在、ご覧の通り、水量は少ないです。

 写真は最近完成した藤岡~高崎間の橋の下で、現在、ここへのアクセス道路を建設中です。完成後はこの橋も歩いて渡り、藤岡の土手も私のウォーキングコースになります。今後も音楽演奏のため足腰と共に心肺機能を鍛錬します。


 This year, the damage caused by Typhoon 19 in Gumma prefecture was particularly remarkable in Tomioka City and Tsumagoi Village. At that time, the amount of water of Kabra-river of my walking course here increased, and the trees and glasses were knocked down still now, However, as you see, the flow is small now.

 The photo shows under of recently completed bridge between Fujioka and Takasaki, and the access road is under construction. After completion, I'll walk over this bridge and the bank of Fujioka will be my walking course as well. I will exercise cardiopulmonary function with legs for music performance.

 

|

« 未来の枝ぶりを心に描きつつ、枝垂れ花桃を剪定 | トップページ | 将来が楽しみな「源平しだれ桃」の幼木 »

anti-diabetes」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未来の枝ぶりを心に描きつつ、枝垂れ花桃を剪定 | トップページ | 将来が楽しみな「源平しだれ桃」の幼木 »