« ニュージーランドのホワイト島で火山が噴火 | トップページ | 四方八方から樹形を眺めつつ剪定 »

2019年12月12日 (木)

梅の品種名「思いのまま」はすでに蕾が膨らんでる

Img_0015

 これから益々寒くなるのに、庭の梅の木はすでに蕾が膨らみ、春の準備をしています。この品種は「思いのまま」です。

 つまり、1本の梅の木に紅白2種類の花が咲きます。私たちは白梅を見れば、紅梅が見たくなるものですが、「思いのまま」はそれを1本の梅の木で叶えてくれます。果たして人生も次第に「思いのまま」になり、紅白の花が咲くでしょうか。


 Though it is getting colder and colder now, the buds of the plum tree in the garden are already swelled and ready for spring. This variety is “Omoinomama" that literally means as you wish.

 In other words, two kinds of red and white flowers bloom on this one plum tree. If we see white flowers, we want to see red flowers. This plum tree will come true with a single tree. Will my life gradually become "as I wish" in the near future and will red and white flowers in my life bloom?

P1040895

【前回、開花の様子】

  

|

« ニュージーランドのホワイト島で火山が噴火 | トップページ | 四方八方から樹形を眺めつつ剪定 »

季節の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

写真を見て一句
  梅の香や男雛女雛が咲き揃う

投稿: 周作 | 2019年12月12日 (木) 08時10分

周作さんへ・・・どうしたことか私は梅の花が好きで、庭には花梅が5本あります。殺風景な冬の庭に咲くからでしょう。何か希望が湧いてきます。それにしても「思いのまま」とはよい名前をつけたものです。肖りたいです。

投稿: カッキー | 2019年12月12日 (木) 08時25分

 季節のおこないそのものは毎年規律ただしくやってきて、けっしてでたらめでない。ちゃんと地面の下に用意されていたものが、自分の順番を少しもまちがえずに働きはじめる。木の芽にしても、秋に木の葉の落ちる時、その落ちたあとにすぐ春の用意がいとなまれ、しずかに固く戸をとじて冬の間を待っている。まったく枯れたように見える木の枝などが、じっさいはその内部でかっぱつに生活がたのしくおこなわれ、来年の花をさかせるよろこびにみちているのである。あの枯枝の梢を冬の日に見あげると、何というその枝々のうれしげであることだろう。(高村光太郎随筆「山の春)
 

投稿: 周作 | 2019年12月17日 (火) 09時09分

周作・・・日々よく観察してますが、冬の今でも幹や枝は少しずつ成長してます。これも春の準備でしょう。私たちも冬の寒さに震えるだけでなく、心身ともに春への憧れを持って日々過ごしたいものです。

投稿: カッキー | 2019年12月17日 (火) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュージーランドのホワイト島で火山が噴火 | トップページ | 四方八方から樹形を眺めつつ剪定 »