« 出土した石器に古代人を偲び、今に生かす | トップページ | 令和2年1月1日、明けましておめでとうございます »

2019年12月31日 (火)

今宵、除夜の鐘が鳴るとき、シリウスが真南に輝く

P1070945_20191231070501

 除夜の鐘が鳴るとき、つまり午前0時に「真南を見てください。」一際明るいシリウスが輝きます。最も明るい恒星シリウスと太陽の間を、公転してる地球が通過する瞬間です。1月1日午前0時は天文学的に大きな意味を持ってます。人類の先達は素晴らしい瞬間を1年の始めとしました。


 When the watch-night bell rings, "Please look at the due south surely in case of Northern Hemisphere" The brightest Sirius will be shining. This is the moment that the revolving earth passes between the brightest star Sirius and the sun. Midnight on January 1 is astronomically significant. The precursor of human being had begun a year from this marvelous moment.

|

« 出土した石器に古代人を偲び、今に生かす | トップページ | 令和2年1月1日、明けましておめでとうございます »

天体」カテゴリの記事

コメント

太陽、月でなく星に着目した、まさに、「シリウス星暦」と呼ぶべきだ。

投稿: ナイルの賜物 | 2019年12月31日 (火) 10時05分

ナイルの賜物さんへ・・・今年1年ももうすぐ終わろうとしてます。今年の印象として、気候変動で大変な災害が起こりました。
 来年は自然災害が少ないことを祈ります。自然の前で、人類は大昔より、成す術を持たず、ひたすら神仏にすがるだけでした。これは科学の進んだ現代でさえ、殆ど変わらずですが、災害復興に関してはボランTア活動など日本人は思いの外、素晴らしい「利他の精神」があることに感心しました。
 私も来年は一回り人間として大きくなれるでしょうか。貴殿よりご指導を賜りたいです。

投稿: カッキー | 2019年12月31日 (火) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出土した石器に古代人を偲び、今に生かす | トップページ | 令和2年1月1日、明けましておめでとうございます »