« 長命稲荷の北にトマト生産ハウス | トップページ | 今も鏑川に残る台風19号の爪痕 »

2019年12月27日 (金)

未来の枝ぶりを心に描きつつ、枝垂れ花桃を剪定

Img_0010

 この樹木は種から生えた枝垂れ花桃です。この木の親は5年ほど前に朽ちましたが、子孫は毎年しっかり桃の節句に開花し、孤独な私を励ましてくれます。今は剪定の時季なので、先日、枝を半分くらい切り落としました。

 剪定方法は将来の樹形を頭に描きつつ、四方八方から眺めては再度梯子に登って理想の型に剪定します。人間で言えば未だ中学生ほどなので今後ますます成長し、高い枝から下に向かって枝垂れるでしょう。桃の節句に見に来てください。


 This tree is a weeping peach grown from a seed. This parent decayed about five years ago, but the descendant blooms every year at the peach festival, and she encourages me who is lonely. Now it's pruning season, so the other day I cut off about half of the branches.

 The pruning method is to draw the future tree shape in mind, look up from all directions, climb the ladder again, and make it the ideal shape. If it is human, it will still grow like a junior high school student, and will hang down from high branches. Please come to see at the peach festival in the lunar calendar.

338-1

【すでに朽ちた親の木です。イギリスの雑誌の表紙を飾りました。】・・・拡大してご覧ください。

|

« 長命稲荷の北にトマト生産ハウス | トップページ | 今も鏑川に残る台風19号の爪痕 »

樹勢よくする方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長命稲荷の北にトマト生産ハウス | トップページ | 今も鏑川に残る台風19号の爪痕 »