« 今年こそ「利他の精神」を重点にしたい | トップページ | 消えゆく初夢への郷愁・・上毛新聞「ひろば」より »

2020年1月 7日 (火)

今後、弾き続けたいショパンの「遺作ハ短調」

P1020353_20200107063201

  ショパンの遺作集に載ってるピアノ曲で、どうしたことか、現在の私の心境に一致します。もう一曲の遺作は映画「戦場のピアニスト」で有名で以前によく弾いてました。

 しかし、こちらは速くないこともあり、歌のようであり、ショパン独特の右手と左手がぴったり合わない独自の動きをし、次の小節の頭で合わせます。今後いつまでも、高齢になってもこの作品があれば「心が満ち足りて」生きて行けそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=vcUwESz8Lic


 This is a piano music from Chopin's collection of posthumous works that matches my current feeling in solitude. The other piece was famous for the movie titled "A pianist on the battlefield" and I played it many times before.

 However, this c minor isn't always fast, it's like a song, and Chopin's unique way that right and left hands make different movements that don't fit together, but it comes together at the beginning of next bar. Even if I grow older from now on, I can live "with my heart full" with this posthumous work.

|

« 今年こそ「利他の精神」を重点にしたい | トップページ | 消えゆく初夢への郷愁・・上毛新聞「ひろば」より »

ホームコンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年こそ「利他の精神」を重点にしたい | トップページ | 消えゆく初夢への郷愁・・上毛新聞「ひろば」より »