« 忘れられない今は亡き植木職人の教え | トップページ | ゴールデンウィーク始まったが、Stay home »

2020年4月28日 (火)

根元で分かる一年間の成長ぶり・・・サルスベリ

Img_0442

 植物の光合成は葉から二酸化炭素を吸収し、太陽光エネルギーと水によって酸素を大気中に放つことで私たちの生命は維持されてます。同時に炭水化物を生成し、樹木自身も成長します。

 写真はサルスベリの根元ですが、カミキリムシ対策で昨年、私が巻いた金網を再度使ったら、今年は金網が不足し次ぎ足しました。1年間でずいぶん成長するものです。夏の植物なので今頃やっと葉芽が出ました。

 百日紅は大昔、渡来人によって中国から日本へ運ばれたと私は推測します。


 As photosynthesis, plant absorbs carbon dioxide through the leaves and it releases oxygen into the atmosphere by solar energy and water so that we can sustain our lives. And it produces carbohydrates, so the tree grows itself.

 The photo shows the root of crape myrtle. I used the same wire mesh again that I wound up last year, as a measure against longhorn beetles, this year it became a shortage so I had to add more. The tree grew considerably in a year. Since it is a summer plant. Leaf buds have come out at this time.

 I guess the crape myrtle was transported from China to Japan by visitors named Toraijon a long time ago.

 

|

« 忘れられない今は亡き植木職人の教え | トップページ | ゴールデンウィーク始まったが、Stay home »

百日紅」カテゴリの記事

コメント

   庭若葉 光合成で 遊ぶ子ら
4月の中旬から、草むしりを開始しました。これから10月までが作業期間です。
ドクダミのように手に吸い付くように取れるものもありますが、根を強く張るタンポポは根気と手間が要ります。
草むしりは達成感を伴って、結構ストレス解消にもなります。


投稿: 柿若葉 | 2020年4月28日 (火) 06時59分

柿若葉さんへ・・・ドクダミや、藪枯らしは繁殖力が旺盛で、他の植物を脅かします。私も結構毎日コツコツやってますが、7月頃に生るとこれらの繁殖の速度が一気に上回り、毎年、庭は草ボーボーになります。
 そんな時は彼らも光合成して私に酸素を与えてくれてると思ってます。
 それにしても、本文の植物は、もしかして倉賀野で最も大きなサルスベリになってるかもしれません。咲けば見事です。

投稿: カッキー | 2020年4月28日 (火) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れられない今は亡き植木職人の教え | トップページ | ゴールデンウィーク始まったが、Stay home »