« 春の到来、一日中、植物に囲まれて過ごす | トップページ | 紫の花はこれから咲きます。 »

2020年4月16日 (木)

知識でなく、自らの体験で得たブログをめざす

Img_0472

 季節柄、最近のブログは趣味の花木についてが多く、バランスに欠け申し訳なく思います。しかし、今一番燃えて事と言えば、どうしても庭に咲く花木です。他の分野については、左のカテゴリーからお選びいただけます。

 同じ植物でも庭には草花を殆ど植えてません。草花に近いのはチューリップですが、これも球根で結局、多年草ですから、極論すれば何もしなくても毎年芽が出て花が咲きます。

 私が草花を殆ど育てないのには理由があります。草花は地面で咲き、育てるにはしゃがまなければ作業ができません。私は背が高い方なので、このような恰好での作業は腰を痛めてしまいます。草花植える場合は腰を曲げなくてもよい方法を選ばなくてはならず、例えば、築山の端に植えれば、殆ど立ったままで作業するなど工夫が要ります。

 ところで、文章で自己表現するには、本来、人間とはいろいろの分野に関心があるので何を話題にしてもよく、一方、コメントを通じて相手が言ったことも簡単に否定せず、改めてじっくり考察するよい機会を戴いたと感じます。概して、他人の行動などについて論評すると、これこそ意見や感想がまちまちなので収拾がつかなくなり混乱します。それよりは自らの精神のあるべき姿、自らの体験、今後の進むべき道など話題にします。

 一方、ブログとは、ある事象についてブロガーの意見や感想をいろいろの方々に問いかけるものでもあります。応対があれば、これによって真実によりアプローチできるでしょう。意見とは違っていてよいのです。また、ブログ読者は必ずしも発言せず、お読み頂くだけでも意味があります。このため、内容の吟味について、日々私は体験の豊かさと取材に努めなくてはなりません。

Img_0466

【明日には開花しそうな赤紫の藤】 

 タイトルの如く、ブログは知識を披露するものではなく、特にブロガー自らの「失敗を通じて知り得た事実」などに意味があり、これを今後のブログ発信への重点としたいです。例えば、今まで遠方から購入した高価なシャクナゲを数本枯らしてしまいました。大切に育て過ぎて強い肥料を与えたことが原因と判明し、馬鹿を見たと思いましたが、後の祭りです。その苦い体験を二度とせず、咲かせることに切り替えます。これが進歩です。こんな時はブログ発信のよい題材です。私たちは失敗から学ぶことが結局よく身につきます。

 一方、これに対し、自ら発見した驚きも、ブログの題材としては極めて書きやすいものです。例えば、星を観察してて気づいたことです。1月1日について、何を持って人類の先達はこの瞬間を1年の初めと決めたか、という疑問は私にはなかなか答えが見つかりませんでした。しかし、偶然にも事実に気づいた時は驚きました。

 星空で最も強い光度を放ってる「おお犬座のシリウス」は毎日1回、真南を通過しますが、午前0時に真南に来たときが1月1日の始まりと気づきました。

 このことは本でも読んだことはないし、学校で教わったり、人から聞いたこともありませんでした。以前から、1年の始まりは何か理由があるのだろうと考えていましたが、長い間、私には判明しませんでした。

 ところが、ある大晦日の晩、除夜の鐘が鳴ってるとき一際明るい星が真南に輝いるのです。すぐに、東京天文台の「今夜の星空」のページを見るとシリウスが真南にありました。よりよく調べると、特に福井県・福井市と三重県・尾鷲市を結ぶ経度で全く真南にシリウスが輝きます。その他の場所でも、殆ど真南に輝いてます。この事実は未来永劫、不変です。精密に言うと一年一年少し東へずれます。しかし、閏年の大晦日の晩には修正されてます。

Img_0469

 近年、親友の数人を亡くし、妻も亡くし、年々、心底より寂しさが募ります。次第に年も重ねてます。しかし、生きることにとって大切なことは健康の基盤の上に立ち「自然、芸術に対する不思議さの追求」にあり、同時に「人間とは何か」の探究です。この両面について自ら考える力をより陶冶し、ブログに綴れたらと思います。

 

|

« 春の到来、一日中、植物に囲まれて過ごす | トップページ | 紫の花はこれから咲きます。 »

ブログについて」カテゴリの記事

コメント

今日は一カ月ぶりの定期健診日。待合室がコロナ対策仕様になった。椅子の間隔が広がった。診察室への入り口が一か所になった。陽気のせいもあるが、換気のため窓が開いている。
今日はごみの収集日。ゴミ袋に「収集様へ、ご苦労様です。キッチンブリーチで消毒してあります。宜しくお願いします」と張り紙がしてあった。初めて見た。人間は言葉の家に住んでいるのですね。

投稿: 春麗ら | 2020年4月16日 (木) 13時38分

春麗らさんへ・・・1ヶ月ごとに定期健診とはずいぶん健康に注意されてますね。
 私も何気なくゴミを決められた場所に週2回、出しますが、職業とは言え、市民のゴミを集める方は有難いものです。
 子供の頃、ゴミが出たら庭で火に燃すとか、川にでも捨てるのが当たり前でしたが、今では自然環境に対する意識が変わりました。
 それにしても、収集する人への感謝を張り紙で表すとは立派な方です。言葉は気持ちを表わす大切なものです。

投稿: カッキー | 2020年4月16日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の到来、一日中、植物に囲まれて過ごす | トップページ | 紫の花はこれから咲きます。 »