« 巨樹になりつつある百日紅 | トップページ | 芍薬も牡丹も英語ではピアニーで、区別がないか »

2020年5月15日 (金)

杉の木を「てっぽう」に使う

Img_0636

 両親が50年以上前に奈良旅行のお土産で買って来た杉の苗がご神木として凄く大きくなり、10年ほど前に業者に途中から切断してもらてましたが、勢いは止まらず、その後もたくさんの枝が出てました。昨日は高枝バサミでご覧のように剪定しましたら、剪定した枝が大きな袋に7袋もありました。

 この杉は私が上半身を鍛える「てっぽう」に役立ってます。サルコペニア対策として涙ぐましい努力を「てっぽう」して鍛えてる私をご想像下さい。


 A cedar seedling which my late parents bought as a souvenir for a trip to Nara more than 50 years ago became very big with a sacred tree. And I had a trader cut off about 10 years ago, but the momentum of this cedar did not stop, After that many branches were born. As I saw it using the scissors for high branch yesterday. The pruned branches became 7 big bags.

 This cedar helps me to train my upper body. Please Imagine my making pathetically sincere efforts as sarcopenia measure by "teppou" way.

Img_0638

【てっぽうするには便利な杉の幹】

  

|

« 巨樹になりつつある百日紅 | トップページ | 芍薬も牡丹も英語ではピアニーで、区別がないか »

背骨を鍛練」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巨樹になりつつある百日紅 | トップページ | 芍薬も牡丹も英語ではピアニーで、区別がないか »