« 自分の考えを表現するとき最大の敵は誇張だ | トップページ | いつまでも弾きたい・・ショパンの遺作ノクターン »

2020年5月12日 (火)

13日の未明、南の空に月と惑星がランデブー

Img_0618

 10日ほど前に親から独立させた牡丹の子が今朝、開花しました。よく見ると小さな蜂が蜜を吸ってます。蜜を吸う替わりに受粉するというウィンウィンの関係です。それにしても汚れない美しさです。多くの植物を育ててる私は植物から学ぶことが多くあります。

 その一つが色彩の美であり、周囲を感銘の渦に巻き込みます。まるで恋人に出会ったような錯覚です。こんな気持ちになるのは私が愛に飢えてるからでしょうか。明朝、庭で会えると思うと嬉しくなります。ウイルスには関係ない私と牡丹の関係です。


 A peony child which was made independent from her parent about 10 days ago, bloomed this morning. If I look closely, a small bee is sucking honey. It is a win-win relationship of pollinating instead of sucking nectar. Even so, it is beautiful that is not dirty. By growing many plants I often learn from plants.

 One of them is the beauty of color which encircles the surroundings in an impressive vortex. As if it were the illusion of meeting a sweetheart. Is it because I'm starving for love? I'm glad to see her tomorrow morning. It's a relationship between me and peony that has nothing to do with virus. 

  

Img_0622

 ところで、5月13日の午前0時頃から朝3時半頃まで、南の空に珍しく木星、土星、月がランデブーします。また、少し東に橙色した火星があります。これらの天体は実際はそれぞれ想像つかないほど遠くに離れてます。

 このように見える理由は、地球も含め、これらの天体が宇宙空間にほぼ一直線に並ぶからです。それにしても惑星は太陽が通過する道にあるので、他の天体より見つけやすいです。北極星側から見るとすべての惑星が反時計回りに公転してます。


 By the way, please see the southern sky from midnight to around 3:30 am on May 13th. Rarely, Jupiter, Saturn, and the Moon rendezvous. And then there is the orange Mars that situates a little east. Of course, each of these celestial bodies floats farther than our imaginations.

 The reason it looks like a cluster is that these celestial bodies, including the Earth, line up in a straight line in outer space. Nevertheless, it is convenient to see the planets, because it is on the way where the sun passes. Therefore, planets are easier to find than other celestial bodies. Seen from the North Star side, all planets revolve counterclockwise.

 

|

« 自分の考えを表現するとき最大の敵は誇張だ | トップページ | いつまでも弾きたい・・ショパンの遺作ノクターン »

天体」カテゴリの記事

コメント

明日の天体ショーが楽しみです。
月や惑星が南の空でのみ観測できるのはなぜか、最近疑問を持つようになりました。

投稿: 月の客 | 2020年5月12日 (火) 11時55分

月の客さんへ・・・南の空でのみではありません。現時点【日本時間12日15時頃】では例えば、アメリカで見れば、木星と月が近くにあります。時間の経過と共に、月は東へ移動することから、明日の未明に日本では今度は月が土星の近くに移動します。これは東の空でも見えますが、明朝3時頃には南南東の見やすい位置に到達することになります。また、午前5時になると西の空へ移動しますが、もう明るくて見えないです。晴れることを祈ります。

投稿: カッキー | 2020年5月12日 (火) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の考えを表現するとき最大の敵は誇張だ | トップページ | いつまでも弾きたい・・ショパンの遺作ノクターン »