« 辛い精神的状態でも肉体を鍛える | トップページ | 6月21日は夏至で、日食が起こる父の日 »

2020年6月19日 (金)

品種名「長崎クイーン」の枇杷を収穫

Img_0925

 夏至を前に今朝、庭のビワの木を観察したら2~3個の実が野鳥に食べられてました。このため、すべてのビワを収穫しました。推定70個ほどです。ビワには小さな枝をつけたままにしたので長持ちするでしょう。

 ところで、以前に高崎駅前「どんどん」でビワ酒を飲んだことがあり、これが本当に美味しかった記憶があります。今でも、この味が忘れられず、私は種を保存しておきビワ酒を作ります。8月頃になればビワ酒で乾杯できるでしょう。しかし、そのとき何に対して乾杯するのでしょう。


 Before the summer solstice, when I observed the loquat tree in the garden this morning, two or three fruits were eaten by wild birds. For this reason, I harvested all loquats. There are estimated 70 fruits. These loquats will last a long time because I kept small branches attached.

 By the way, I've ever drank the loquat liquor near Takasaki station, and I remember it was really delicious. Still now I can't forget this taste so that I will keep the seeds and make loquat liquor. I can toast with loquat liquor around August. But what will I toast for? God knows, if possible, for a sweetheart-to-be.

|

« 辛い精神的状態でも肉体を鍛える | トップページ | 6月21日は夏至で、日食が起こる父の日 »

人間の喜びとは」カテゴリの記事

コメント

    枇杷の葉の思い出 
 小生の狭い庭の片隅に、実生の枇杷の木がありました。花も咲き、実もなりましたが、楽しみとか、特別な思い入れとかはありませんでした。。
 ある日、隣の御主人がやってきて、枇杷の葉を所望された。癌で闘病中の奥様に煎じて飲ませたいのだそうだ。了解すると、大きな鍋にたくさん摘み採っていった。奥様は半年後に亡くなられた。
 その時、ふと目にしたのが下の句です。
   枇杷の葉で病治ると煎じ飲む
 御主人は、枇杷の葉の薬効成分「アミグダリン」が癌に効くと聞きつけ、何とか元気になってもらいたいと必死だったのでしょう。枇杷の葉茶は癌はともかく、血液浄化、脂肪分解咳止めなどには効果があるそうです。
 小生には、枇杷は人を偲び、生きる尊さと儚さを考えさせる木としてのイメージが定着しています。

投稿: 時計屋の近く | 2020年6月19日 (金) 17時22分

時計屋の近くさんへ・・・この枇杷の木は3年ほど前、手に入れ植えたものです。しかし、これとは別に、昔、実生で生えた枇杷がありましたが、実が小さく、それほど美味しくなかったことから、あまり食べませんでした。
 やはり、近くの婦人が病に効くとのことで「葉を戴きたい。」と来たことがありました。
 今回、収穫したものは美味しかったですが、枇杷の実そのものは他の果物に比べて食べるところが少ないです。枇杷酒には期待しています。

投稿: カッキー | 2020年6月19日 (金) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辛い精神的状態でも肉体を鍛える | トップページ | 6月21日は夏至で、日食が起こる父の日 »