« 「ぺラローマ」の魅力に取りつかれる | トップページ | 人に頼らず、人をあてにせず高齢化時代を生きる »

2020年6月 3日 (水)

若くして甥が逝去

Img_0541

 最近、私より年が19歳下の甥が病で亡くなりました。こんな短い人生で本人はどれ程、無念であったことか想像できません。大学院を出て医療機器の研究者で画像判定の分野です。誠に優秀でした。ご冥福を祈ります。彼が小学生の頃までは、私の家で私の両親が日中、世話してました。

 初めて近親者で私より若い人が亡くなり、改めて健康の大切さを感じます。

 私の考えでは、肉体を鍛えるのは1、心肺機能を刺激し、全身の血流を良くする。2、年齢を重ねても筋肉量を維持する。3、人と接し楽しく話す習慣を持つ。これらが基本ではないでしょうか。


 I recently lost my nephew who was 19 years younger than me, I can't imagine how regrettable he felt in such a short life. He went to graduate school and became a medical device researcher of the image judgment. No matter how excellent brain he has, he couldn't beat the disease. Please accept my deepest condolence. My parents were taking care of him during day time at my home, until he was an elementary school student.

 This is the first time, a relative who is younger than me has died.

 I feel again the importance of health. We have to train 1. to stimulate cardiopulmonary function, 2. to maintain the muscle mass of the limbs as we age. 3. to interact with people through fun conversation. These are indispensable.

|

« 「ぺラローマ」の魅力に取りつかれる | トップページ | 人に頼らず、人をあてにせず高齢化時代を生きる »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ぺラローマ」の魅力に取りつかれる | トップページ | 人に頼らず、人をあてにせず高齢化時代を生きる »