« 朝日が作る自らの影を見て動きを修正 | トップページ | 光合成による自然の恵み »

2020年6月 9日 (火)

今宵、深夜から明日の未明にかけてランデブー

Img_0730_20200609141801

 今宵の深夜0時頃から明日の明け方までの3時間位の間に南から南南西の空にかけて、左から「下弦の月」~「土星」~「木星」がランデヴーして見えます。これらの天体はすべて日の出前の太陽に照らされ光ってます。

 これらの天体から逆に地球を見ると同じく太陽光に照らされてかなり明るく見えると想像します。もうすぐ梅雨なので次第に夜空が見えなくなります。

 ところで、今年の本当の七夕は8月25日の晩です。月の満ち欠けが7日目だからです。


 During the three hours from midnight tonight to dawn tomorrow, From the east "The waning moon"-"Saturn"-"Jupiter" will appear rendezvous in the south to south-southwestern sky. All these objects are illuminated by the sun before daybreak.

 Please imagine that if you look at the earth from these celestial bodies, our earth will also be bright considerably due to be illuminating by sunlight. As It's approaching rainy season so that the celestial bodies gradually disappears.

 By the way, the true Tanabata "Vega festival" this year is August 25th, because the moon phase is the seventh.

 

|

« 朝日が作る自らの影を見て動きを修正 | トップページ | 光合成による自然の恵み »

天体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝日が作る自らの影を見て動きを修正 | トップページ | 光合成による自然の恵み »