« 品種名「長崎クイーン」の枇杷を収穫 | トップページ | カルカッタ市では影が南にできる »

2020年6月20日 (土)

6月21日は夏至で、日食が起こる父の日

Photo_20200620054401

【日本時間、今朝5時の地球の満ち欠け】・・・Earth viewより

 明日は夏至です。昼の長さを調べると那覇では13時間48分、私の群馬県では14時間39分、根室は15時間25分です。北へ行くほど昼が長いことが分かります。一年で最も長い昼を有効に使いましょう。特に朝の時間帯は静かで物事に集中できます。

 一方、明日の夕方は4時~5時(最大)~6時に部分日食が起こり、台湾では金環食と伝えられます。このため、宮古島では太陽の約9割が欠けると予想できます。直接、太陽を見ないでくださいね。日本での次回の日食は10年後の2030年と伝えられます。


 Tomorrow is the summer solstice. When I checked the length of daytime, it will be 13 hours 48 minutes in Naha, 14h 39m in Gumma, and 15h 25m in Nemuro. The more you go to north, the more it is longer daytime. We should effectively use the longest days. Especially, we can concentrate on things due to quiet in the morning hours.

 Also, tomorrow evening, a partial eclipse will occur from 4 pm to 5 pm (maximum) to 6 pm, In taiwan it will be a ring eclipse. So, it is expected that about 90% of the sun will be lacked in Miyako-Island. Do not look at the sun directly. The next solar eclipse in Japan is calculated to be 2030.

 

|

« 品種名「長崎クイーン」の枇杷を収穫 | トップページ | カルカッタ市では影が南にできる »

地球」カテゴリの記事

コメント

     ブログは生きる証し
 カッキーさんはいろいろな趣味をお持ちですが、趣味を生甲斐、生きる目的に昇華していますね。時に趣味が昂じて自然の神秘、宇宙の秩序などについても大胆に語って発信していますね。常識にとらわれず、万物に耳を傾けてひとり感じ取る。シリウスと元日の話は夏至の時期にあっても印象深いものがあります。「天上天下唯我独尊」の境地か。

投稿: 二重らせん | 2020年6月20日 (土) 16時31分

二重らせんさんへ・・・それにしても、コメントを発信されるハンドルネームをよく色々考えられますね。
 天体については難解なことが多々あります。ただ、太陽系の動きについて、特に地球の動きについては、自分の生命が宇宙の中でどう動き、現在、どの位置にあるかに興味があります。
 「深夜0時に南にある星座が、つまり太陽から見て地球の後側の恒星が季節と一致してます。」例えば、明日の夏至では「射手座」であり、冬至ではオリオン座やシリウスがある「冬のダイアモンド」です。春分の日は「乙女座」であり、秋分の日はインドの形に似てる「魚座」です。これらをしっかり頭の中に入れ、地軸が23°26′傾いたままで、地球が現在どこを公転してるか認識したいです。この続きはいずれ某所になります。

投稿: カッキー | 2020年6月20日 (土) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 品種名「長崎クイーン」の枇杷を収穫 | トップページ | カルカッタ市では影が南にできる »