« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

梅雨が明けなくて、サルスベリの開花が遅れてる

Img_1074

 どうしたことか、よそのサルスベリは盛りを過ぎたものもあるのに、私の家のサルスベリは未だ3分咲きです。咲いてない枝にも蕾がたくさんあり、これから本格的に咲くと思います。多分、天候不順で温度が足らないのかもしれません。また、樹木が一般の家のサルスベリより大きいからでしょう。

 開花が遅くても、これから咲く楽しみ増えれば幸せです。サルスベリに限らず、人生においても、何事も出遅れても、未来に楽しみが増える方が夢があり、期待感に満ち、気持ちが生き生きしてきます。

 ところで、昨年の夏は群馬県の中央に聳える榛名山【標高1449m】へ行き、先史時代の火口湖である「榛名湖」をウォーキングで1周しました。今年も予定してます。2年前には赤城山【標高1812m】の同じくカルデラ湖「大沼」1周をウォーキングしました。それぞれ湖畔1周の距離は5Kほどです。

 湖面を伝わってくる涼しい空気を胸一杯吸いつつ、大昔は大きな火口であったことを不思議に感じます。昨日は夕方、地元・倉賀野緑地まで4K歩きました。梅雨空のお陰で涼しく、梅雨が明けないのも有難いと感じました。

P1070046


 What's the matter? The other's crape myrtles are past their prime, but the crape myrtle in my garden is still in bloom for 30 percentage. There are many buds on the branches, and I think they will bloom soon in earnest. Perhaps the weather is bad and the temperature is low. And It is also because the tree is larger than common crape myrtle.

 Even if it blooms late, I am happy so that I can enjoy more blooming in the future. Not only crape myrtle, even if everything including marriage is late in our life, there will be more dreams, more hope, and more vivid expectation in our future life.

 By the way, last summer, I went to Mt. Haruna [altitude 1449m] that stands in the center of Gumma prefecture, and walked around the prehistoric crater named "Lake Haruna". I am planning this year as well. Two years ago, I walked around Lake Ohnuma that is a caldera lake on Mt. Akagi [altitude 1812m]. Each lake lap is about 5km.

 While breathing the cool air that flows over the surface of the lake, I wonder that it used to be a large crater. Yesterday, I walked 4km to Kuragano Ryokuchi in the evening. Thanks to the rainy sky, it wasn't hot and I felt grateful that the rainy season would not be over.

 

| | コメント (2)

2020年7月30日 (木)

鹿を殺傷する映像を茶の間に流した配慮のなさ

P1030703

【モリアオガエルの生息地として有名な大峰湖・群馬県

 昨日7月29日、夕方6時30分よりNHK前橋放送局制作の番組「ほっとぐんま630」で流れた映像に驚いた群馬県民は多かったのではないでしょうか。

 この番組は、群馬県の山岳地帯に鹿が増えて過ぎて農作物を荒らすことから駆除するもので、映像では足かせになる罠を前もって仕掛けておき、その後、現場に行くと、若い鹿が罠のワイヤーに引っかかり、挟まった1本の足が痛くてギャーギャーと苦しんでる映像に始まりました。この悲痛な声と、逃げられずに体をもがき横たわる鹿の映像に、可哀そうで私も目を覆いたいほどでした。

 その後、映像はずっと悲痛な声を上げ、横たわって苦しみ続ける若い鹿の体に対し、今度はハンターが電気ショックを与え続けるものです。その間も、生身の鹿はすぐに死に切れずギャーギャーと鳴き続けています。そして、ハンターによる声が聞こえました。「心臓はここだから、ここにショックを与える」という若いハンターに対する指導者らしき人の声が聞えました。

 お茶の間で夕食を囲みつつ、一家団欒のひと時に多くの小中学生たちや幼児も見ています。この大切な時間帯に、この様な残虐な映像を流す番組に、多くの県民がNHKの無神経さを感じたのではないでしょうか。

P1020228

【大塩湖・・・富岡市】

 鹿が増えて農作物を食い荒らすことは農家にとって死活問題であるので、駆除は仕方ないことを県民は知ってます。

 ここで問題なのはテレビを通じて子供たちの前にリアルな動物殺傷の映像を流したことです。野生の鹿も、家で飼育してるかわいい愛犬も同じ命です。どんなにか辛く感じた子供もいたことでしょう。

 今や、国を挙げて動物はもちろん、親の子供に対する虐待防止に努めてます。動物愛護管理法では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、9月20日から26日を動物愛護週間と定め、虐待防止について子供のうちから教育に努めてます。

 私たちは日々、豚や牛、そして、鳥の肉を食用としてることから、これらはすべて人間によって殺されたものであることも知ってます。しかし、平素から、その様子を見ていたら肉など食べられるものではありません。

 弱きものに対する虐待をなくす教育の観点から、動物を殺す直接的な映像をテレビで流してはならないです。

  

| | コメント (2)

2020年7月29日 (水)

宝水

P1040210_20200729061001

【群馬県・赤城山の小沼・・・標高1450m、冬は全面氷結】

 いつになっても梅雨が明けません。このような時、今年は水不足がなくて良かったと思ったり、猛暑でなくて良かったと思いたいです。水不足や猛暑はもっと大変です。

 一般的に、日本は四季が明確と言われます。しかし、実際には、6月からの梅雨と9月に秋の長雨があり、私は日本は六季と考えます。

 一方、水に関して今でも習慣として就寝する前にコップ1杯の水を飲みます。それだけで朝の脳卒中や心筋梗塞を防ぎ、便秘予防になると言われ、昔から「宝水」と呼ばれています。昔の人は、寝る前に飲む水が命を守ることを経験的に知っていたのでしょう。


 The rainy season does not finish yet in the Japanese archipelago. But this year I'm glad there will be not a water shortage and it is not extremely hot. Water shortage and intense heat are more severe for us than raining.

 Generally speaking, Japan has four distinct seasons in a year. However, actually, there is a rainy season from June and a long autumnal rain in September. So I think Japan has six seasons.

 As for water, I still drink a glass of water before going to bed as a habit. Since ancient times, this is said to be effective in preventing morning strokes, myocardial infarction, and constipation. Therefore it has been called "Treasure water". They would know empirically that this habit can save our life.

 

| | コメント (2)

2020年7月28日 (火)

趣味で野菜を作ってる人から、かぼちゃを貰う

Img_1069

 かぼちゃの栄養は 炭水化物、β-カロテン、ビタミンC、食物繊維を含み、高エネルギーの栄養食品であり、抗酸化作用や免疫機能あるβ-カロテンの含有量は、野菜の中でもトップクラス。 β-カロテンは粘膜の抵抗力を高めて細菌の感染を予防する。検索すると以上のように書いてあります。

 昔、食糧難であった子供の頃、親は庭にかぼちゃ作って私に食べさせてくれました。しかし、肝心な料理法が分かりません。可能であればお酒のつまみになると便利です。


 Pumpkin nutrition contains carbohydrates, β-carotene, vitamin C, and dietary fiber, and is a high-energy nutritional food. The content of β-carotene including antioxidant and immune functions is one of the highest among vegetables. β-carotene increases resistance of membrane and prevents bacterial infection. When I search, it is written as above.

 When I was a child with a shortage of food after World War Ⅱ, my parents raised pumpkins in the garden to feed me. However, I do not understand cooking method now. Please tell me. Is it possible to be a side dish for alcoholic drink?

 

| | コメント (2)

2020年7月27日 (月)

年齢を重ねても、夢を持ってこそ、一生青春

Img_0979

 老若男女を問わず誰でも一年一年、否応なしに年齢を重ねて行きます。同時に人生の途上では考えられないことに遭遇するものです。こんなことも災いしてか、一般論として、年を取ると恰も、もう夢がないように考えがちです。しかし、本当にそうでしょうか。

 「人によっては人生途上で苦難を体験しても、何才になっても、前向きに生きてる人」に出会います。例えば、朝6時30分からの地区のラジオ体操会で出会った80才前後の女性は近年、配偶者を亡くましたが、彼女の第一印象はとても姿勢が良く、歩く姿は絵に描いたように軽やかで、その上、明るい人柄です。

 彼女曰く「今朝は5時からもう倉賀野中学校経由で緑地公園まで歩いてきました。」とのことです。スマホの万歩計を見つつ「すでに8000歩です。」とにこにこしながら会話も弾みます。

 この歩数は距離にしておそらく5K程でしょう。ですから、ラジオ体操する時点で、すでに血液循環は誠にスムースになってる筈です。

 続けて、彼女曰く、「以前は毎朝、倉賀野の自宅から線路伝いに高崎駅まで歩いて行き、帰路は電車です。」私はその話を聞いて、彼女の姿勢の良さと、見事な歩き方、また、明るさは、揺るぎない精神と人並み以上の修練を経て成せる業で、健康とは、あるいは人柄とは、一朝一夕には築けるものではなく、日々の積み重ねが基本にあると思いました。

Img_0981

 私たちにとって、健康増進は基本の基であるとともに、心の持ち方こそ、人生の後半戦を生きる中高年にとって要でしょう。それは「自分の内面について、今までの殻を破り、できなかったことを可能にしたり、自分らしく生きるための知識を増やすなど、自らを進化させることではないでしょうか。

 子供が成長し、成人してからこそ、私たちは今度は自らのために「人間らしく生きる道」「豊かな内容ある生活」を模索し、その実現のため日々目的に向かって有り余る時間を使うことができます。

 学生時代はその殆どが好き嫌いに関わらず取り組んだいわば必須科目でしたが、人生の後半戦では、自ら本当に極めたい科目のみを深めればいいのですから気は楽です。

 私の場合、若き日のインド滞在中の想いが半世紀経た今でも続いています。その一つが「これを英語で何と言うか」、という遠大な課題です。ついにこれが生涯に亘る目標になりました。このことにある日、気づきました。

 つまり、「語学は才能でなく、辞書を引く回数である」ということです。

 結局、話したい英単語を知らないのです。このため、これを解決すれば、少しはスムースには話せるのではないかとの思いに達したのです。

 帰国後、海外から学校に来るAET(英語指導助手)の先生は日本語が話せないためでしょうか、殆どの人が職員室の隅で寂しそうにしてることが多かったです。日本の先生方も多くは話しかけないからです。私は休み時間などに積極的に話しかけ、夜の飲み会にもよく誘いました。

 このようなときも、滞印中と同じ体験をしました。話したい内容の単語が口から出てこないのです。内心「よしこれを解決すれば」あるいは口から出てくるかもしれないと感じたのです。

 以来、今でも英語の辞書は和英辞典を引くこと8割、英和辞典を引くこと2割の辞書の使い方です。

 日々、この方法で英作文してますが、所詮外国語です。生涯かかってもすべては解決できないでしょう。しかし、年齢を重ねても、真剣に取り組める対象があることは幸せで、気持ちは若き日とあまり変わりません。

  

| | コメント (0)

夏休みと言えば吹奏楽部の合宿であった

Dscf0085

 私が高崎商業吹奏楽部や前橋高校吹奏楽部の顧問をしてたとき、夏休みには人里離れた山岳に行って50名ほどが寝食をともにし、吹奏楽合宿したことが良い思い出になってます。場所は新潟県苗場であったり、草津本白根山麓であったり、時には北毛青年の家、小諸青年の家でも行ないました。

 目的は交流であったり、コンクールを目指したり、高崎市の群馬音楽センターでの定期演奏会や前橋市民文化会館での優曇華でした。

 今後も学校からお呼びがかかれば近未来には再びステージに立って指揮ができるよう、今でも柔軟な身体の維持に努めつつ、音楽に対する情熱は更に持ち続けています。


 When I was a conductor for wind orchestra of Takasaki high school of commerce and Maebashi high school, it was a good memory to go to remote mountains during the summer vacation and about 50 students sleep and eat together in music camp. The place was such as near Mt. Shirane, Naeba, Hokumoh Youth House and Komoro Youth House.

 The purpose was to promote interchange between students and teacher, a competition and to perform a regular concert at Gumma Music Center, or performance named Udonge at Maebashi citizen's hall.

 I still have an enthusiastic passion for music and flexible body so as to be able to stand on the stage and conduct great music in the near future, if school calls me.

 

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

怠け癖は年を重ねても治るか

P1060816

 何事も目的を達成するには一朝一夕にはいきません。毎日コツコツ継続する積み重ねでしょう。しかし、これには強い精神力が必須です。

 今朝は雨のためラジオ体操は地区ではなく、家で行ないました。やはり継続することで次第に身体が柔軟になりますが、私は姿勢を正すことを目的にしてます。

 ところが、精神的に柔軟さが不足してます。精神的にもっと柔軟さと集中力を増したいです。生来の怠け癖は年を重ねても治るでしょうか。教えて下さい。


 Rome was not built in a day, we cannot achieve the purpose overnight. It need continue to accumulate effort day by day. But it requires mental strength.

 This morning it rains, so I did radio gymnastics at home, not in the district. As a result, my body gradually became flexible by continuation, but I aim to correct my posture.

 However, I lack mental flexibility and my mental posture. At least, I want to be more flexible and concentration. Will my innate habit of laziness be cured, even I grow older? Or is it impossible? Please tell me.

 

| | コメント (2)

2020年7月25日 (土)

脅威にもなる水、恩恵にもなる水

Img_0011

 毎日、雨がよく降り、以前に起こった水不足は今年はないでしょう。

 ところで、戦後のカスリーン台風では、群馬県でも594名の尊い人命が失われました。これが発端となり、未然に洪水を防ぐことを最大の目的に、併せて電力の供給、首都圏への飲料水確保のため、今年、群馬県に多目的ダムである「八ッ場ダム」が完成しました。

 このダムの完成には60年以上に亘る紆余曲折の歴史があります。現在では水を満々と蓄えています。水は古来より人間生活の脅威になったり、一方、私たちは水の恩恵により生命を維持しています。


 Every day it rains a lot and there will not be water shortage this year that occurred previously.

 By the way, sacred 594 people died by Kathleen typhoon in Gumma Prefecture in the post-war. This was the beginning, in order to prevent floods that was the maximum purpose, supply electricity, and secure drinking water for Tokyo metropolitan area, this year, a multipurpose dam named Yamba Dam was completed in Gumma Prefecture.

 The completion of this dam has a long history of many disputes, what we called, twists and turns over 60 years. Currently,the dam is fully storing water. Water has been a threat to human life since ancient times, while we maintain our lives through the benefits of water.

 

| | コメント (0)

マスクを外して、きれいな空気をいっぱい吸う

Img_1054

 ここは群馬県にある烏川と鏑川が合流する地点です。土手が大きくカーブしてるところです。空気はきれいで、野鳥の声のみ聞かれ、見渡す限り空も広くウォーキングとして別天地です。

 映画ザサウンドオブミュージックの舞台になってもいいほどです。行きたい人には私がご案内いたします。以前にここでレース鳩の基礎訓練をしたことがあります。

 ここに来ると身体が自然に前進します。人間とは周囲の自然環境に影響を受けやすい生き物で、心まで大きくなれそうです。そうだ、ウォーキングを通してここで健康や人生をじっくり考えよう。


 Here is a large curved bank at the confluence of Karasu-River and Kabra-River. The air here is clean, only the voices of wild birds are heard, and the sky is wide as far as I can see. This place is a world of its own like a paradise.

 It would be a great stage of "The Sound of Music". I will guide you to those who want to go. I had ever some basic training for racing pigeons here.

 When I come here, my body naturally moves forward. Human beings are creatures that are easily affected by surrounding natural environment, and are likely to grow in my heart. Well, I will think about health and my future life here without hurry.

 

| | コメント (2)

2020年7月24日 (金)

今日はスポーツの日・・・国民の休日

P1010211

 2020年・東京オリンピック開会式は今日行われる予定でした。このため、今日はスポーツの日として国民の休日になりました。

 しかし、残念にもオリンピックは1年延期です。来年はCovid19が収束してオリンピックが行なわれることを祈ります。

 ところで、一般の私たちにとって競技の他に健康維持のスポーツがあります。これには大きく分けて二種類あり、一つは生活に必要な筋肉をつけるサルコペニア対策で、もう一つは有酸素運動により心拍数を平素より上げる心肺機能の増強があります。この両面をバランスよく鍛えたいものです。


 The opening ceremony of the 2020 Tokyo Olympics were scheduled to take place today. Therefore, today became a national holiday for sports.

 But, unfortunately, the Olympics were postponed for one year. I hope Covid 19 will converge and the Olympics will be held next year.

 By the way, in sports there are two purposes for health maintenance besides competition for us, such as sarcopenia countermeasures to build muscles for daily life, and cardiopulmonary function enhancement that raises pulse than usual by aerobic exercise. We should train the both daily in a balanced way.

| | コメント (0)

タイヤ245-35-19で安定走行を目指す

Img_1066

 今まで乗っていた黄色の車は下に出すことから、何かあってはいけないと思い暫く乗りませんでしたが、たまには乗ろうと思いアウディーの会社までドライブしました。展示場に入るや否や私が購入予定の展示車が目立つ所に置いてありました。

 昔、地球を6周半、つまり26万K乗った「いすゞ117クーペ」という車と同じボディーカラーで、私は本質的にこの色が好きなのでしょう。納車予定の8月1日は大安で土曜日。それまでに梅雨は明けるでしょう。先ず、群馬県西部にある「愛妻の丘」に行きます。


 Since I trade in my yellow car I had driven, so I didn't drive for a while so as to avoid accident, but yesterday I drove to Audi's office. As soon as I entered the exhibition hall, the car I plan to buy was placed in a prominent place.

 In the old days, the same body color as "Isuzu 117 Coupe" that drove around the earth six and a half times, that means 260,000km, so I essentially like this color. The scheduled delivery date is August 1st, which is Saturday in lucky day. By this day, the rainy season will be over. First, I will drive to "Aisai no Oka" that means "Hill for beloved wife" in western Gumma.

 

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

「うちの旦那が」という若い女性が増えている

Img_1001_20200723121101

【春に化成肥料を施したら、今年はよく咲くハイビスカス】

 私は近所の奥さん方と比較的よく話をします。環境的に私が人と話す機会が少ないからでしょう。昨日も、家の前の道を犬の散歩で通りすがった知り合いの女性と立ち話をしました。

 私曰く「もう、クリーニング屋で仕事をしてないのですか。」、その返事に彼女曰く「うちの旦那が新潟の勤務になったので、時々私もそちらへ荷物を持って行くので忙しくなり、勤めをやめました。」とのことで、話の内容は良く分かりました。「じゃあ、新潟まで新幹線で行くのですか。」の問いに「関越自動車道を車で行きます。」の応えに私も驚き、「すごいですね。」と感想を言いましたら、彼女は「元々、私は新潟出身です」とのこと。私は「だから色が白いのですね。」と言ったら、彼女はにこにこしながらその後、犬の散歩を続けました。

 ちょっとした言葉のやり取りは楽しいものです。しかし、彼女の言う「うちの旦那」と言う言葉が、何の抵抗もなく、あまりにも自然に出てくるので、以前にはあまり聞かれなかった言葉で私は時代の流れかとも思いました。彼女とは別に、近年引っ越して来たすぐ東隣りの若い奥さんも「うちの旦那が」と度々と言うより、いつもこの言葉を発します。

 もちろん、これについて私は彼女たちに何の感想も言いませんが、昔はあまり聞かれなかった「うちの旦那」という表現に夫妻の関係まで、少し感じ取れなくもありません。もちろん、夫婦仲は良いと見受けられますが、言葉とはその人が使いやすい言い方を使ってるのですから、それでいいと思いますが、「人が聞いたらどう感じるか」も言葉を発する時の判断と言えます。

 本来「旦那」と言う言葉は昔、商人などに奉公してた人たちが主人に対して尊敬の念を持って呼ぶときに使っていたり、それが乗じて一般的に、他人である中高年の男性に対して、やはり尊敬の情を込めて呼んだりしてたように感じます。女性が、他人の前で、自らの夫のことを「うちの旦那」と呼ぶことは殆ど聞いたことがありませんでした。

 言葉とは時代と共に使われ方が変化していくものでしょう。しかし、私にはこの言葉がユーモアも含めてどうしても引っ掛かります。

 と言う私も配偶者のことを人前で何て言ったか思い出すと、最初は「女房が」でしたが、若いころそれを聞いてた母に「家内」と言った方がいいよと言われたことがありました。しかし、そばにいた姉が「それはいいのではないか」とも言ってました。結局、その後、私はあまり女房と言う表現は使わなくなりました。正式な場では「妻」と言うようになりました。

 一方、男性の中には配偶者のことを「うちの嫁」がと言う人もかなりいます。これは現代の若い人たちの結婚と異なり、昔、結婚は家と家とが結ばれた名残でしょう。また、「うちのが」や「うちのやつが」などとも言いますが、男女平等の時代で相応しいとは言えません。

 こうなると夫も妻も、互いに「妻が」「夫が」が聞いても自然で二人の絆が感じられます。

 一方、夫婦がお互いを呼ぶときは、これこそ全く自由でいいと思います。水分補給の飲物の中にも「お~い、お茶」なども浸透してる時代です。大切なのは互いの気持ちの中に「尊敬の念」、「愛情表現」が含まれてることではないでしょうか。

 

| | コメント (2)

突然、芽を出して咲く「びっくり草」

P1080007_20200723034401

 世の中には不思議な植物があるものです。葉を触ると萎んでしまう「おじぎ草」や、夜になると葉が閉じる「ねむの木」、そして蕾が同じ方向を向く「モクレン」などです。

 ところが、春に芽を出し、他の植物と同様に成長し、葉がいっぱいになりましたが、いつの間にか葉がなくなり、地上からすっかり姿を消してしまいます。

 そして、7月下旬になり、人間が忘れていた頃、突如、50㎝ほどの芽が伸びてきて花が咲き、私を驚かせています。このため亡父は「びっくり草」と言ってました。これは球根による植物です。


 There are strange plants in the world. For example, "Bowing grass" that wilts when we touch the leaves, "Silk tree" that closes leaves at night. and "Magnolia" whose buds face the same direction.

 However, this plant sprouted in spring, grew like other plants, and became full of leaves, but while I was unaware of it, the leaves fell and disappeared completely from the ground.

 Then, in late July, when humans had forgotten, suddenly, about 50 cm of stems appear and grow and flowers bloom now which surprises me. For this reason, my late father said "Surprised grass." This is a plant of bulb.

 

| | コメント (2)

2020年7月22日 (水)

今日の太陽の背景は「かに座」と「ふたご座」の間

Photo_20200722070801

 地球は春分の日から公転軌道を3分の1周したので太陽黄経は120°に達しました。今日は二十四節気の「大暑」です。

 宇宙空間に浮いてる私たちの地球から今日の太陽を見ると、その背景は「ふたご座」と「かに座」のちょうど中間です。もちろん実際には見えません。

 これを証明するのは半年前の「大寒」の日の午前0時に「ふたご座」と「かに座」が真南にありました。天の位置を示す赤経で今日の太陽の位置は8hです。

 地球は刻々と反時計回りに公転し続けるため太陽の背景の星座は逆に西から東へと変化して行きます。

 ところで、占星術では「ふたご座」は5月21日~6月21日で、「かに座」は6月22~7月22日になってます。つまり、生れた日に実際に天にあった星座と占星術の月日が1ヶ月ほどずれてます。現在、天に現れる星座の方が遅いです。

 これについては、古代バビロニア時代に始まった占星術が2000年以上経過した現代でもそのまま使用されてることが理由です。地軸の傾きは、コマを回した後のように、長い年月を使って少しずつずれます。これは地球の歳差運動といわれます。


 The earth revolved one third of its orbit from the equinox day, and the sun longitude reached 120°. Today is the "Taisho" that means hot summer which is one of twenty-four solar calendars.

 Looking at the sun today from our earth floating in outer space, the background is just between "Gemini" and "Cancer". Of course we can't really see it.

 To prove this, there were "Gemini" and a "Cancer" in the due south at midnight at "Daikan" six months ago. The position of the sun today is 8h.

 The Earth continues to revolve anticlockwise so that the constellations of background of the sun are changing reversly from west to east.

 By the way, in horoscope "Gemini" is from May 21 to June 21, and "Cancer" is from June 22 to July 22. In other words, your birthday's constellation in heaven and the date of horoscope deviates from about one month. The current costellations appear later.

 This is because the horoscope that started in the ancient Babylonia era that is over 2000 years ago still used even today. The inclination of the earth axis gradually shifts over a long period of time, such as after turning a top. This is called the precession movement of the earth.

  

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

今でも名残をとどめる倉賀野河岸と倉賀野宿

Img_1053

 我が倉賀野町の南を流れる「烏川」の景色は今でも港の雰囲気が残ってます。歴史を紐解くと、江戸時代には舟利用の運搬が盛んになり、全盛期には76の業者があったと伝えられます。

 江戸へ向かって米、麦、タバコ、織物、木材が運ばれ、江戸からの帰り舟で魚、油、茶、塩、砂糖などが運ばれ,当時は、旅館71軒、茶屋9件、商家34件、造り酒屋2軒あり、倉賀野宿の賑わいは大変なものであったと言われます。明治になって鉄道が敷かれ、舟による運搬は次第に役割を終え、急速に寂れていった。

 一方、倉賀野町には今でも河岸に通じる「牛街道」と言う名の道が残っています。江戸から来た荷物を今度は牛舎で陸上輸送した道です。私は昨日のウォーキングでここを通りました。


 The scenery of "Karasu-River" that flows through south of my Kuragano-Town still remains the atmosphere of port. Looking at the history, boat transportation was popular during the Edo period. There were 76 traders during the heyday.

 Heading for Edo, rice, wheat, tobacco, textiles, and timber were carried. On the return boat from Edo, oil, fish, tea, salt, sugar, etc were carried. At that time, the bustle of Kuragano-post was extremely crowded. There were 71 inns, 9 tea houses, 34 merchants, and 2 liquor breweries. In the Meiji era, railroad was open and gradually the transportation by boat ended its role.

 The road named "Ushikaido" where is the access road to the port still remains in Kuragano Town. This is the road where the luggage from Edo was transported by oxcart. I passed this road by walking yesterday.  

Img_1047_20200721050901

 

 

| | コメント (2)

2020年7月20日 (月)

頑張る小学生に負けず・・・往復8Kウォーキング

Img_1048

 今日は午後2時半ごろから、珍しく頑張りました。それは家から歩き始めて、隣村の木部まで往復8K程をウォーキングしました。暫くぶりに故郷の景色を見つつ、心拍数を110程に上げました。

 しかし、苦しくはありません。苦しい運動は本来の健康長寿とはかけ離れてると考えるからです。

 それでも、約2時間歩いてから、どうしてもビールが飲みたくなり、何と美味しかったことか、やはり、頑張ったらご褒美は自然のことではないでしょうか。いつか、歌を歌いながらいっしょに歩きましょう。


 Today, I worked hard from around 2:30 pm. It started walking from my house and walked to the neighboring village of Kibe for about 8km round trip. This is unusual recently, I increased my pulse up to around 110, while watching the scenery of my hometown.

 But it's not painful, because I think that hard exercise is far from my ultimate purpose in the viewpoint of longevity.

 However, after walking for about 2 hours, I really wanted to drink draft beer, and how delicious it was beyond your expectations, after all, if I tried hard, the reward may be natural. Let's sing a song and walk together someday.

 

| | コメント (0)

夏休みを返上して頑張る子供たち・・私も頑張る

Img_1043

 本来なら今日から夏休みです。頑張れ小学生。

 今まで珈琲を飲んだことは殆どありませんでしたが、飲んだ印象では気管支が拡張されることから、同様に鼻腔内も広がってる感じで、呼吸が楽くになり、延いては歌を歌っても比較的、声が安定します。

 一方、利尿作用がよく、珈琲は薬の要素があると感じました。取り敢えず暫くの間、集中力、記憶力向上のためにも午前中に1杯飲むことにします。

 Normally, summer vacation begins from today. Do your best! elementary school students.

 Until now, I have hardly ever drank coffee, but my impression is that the bronchi are dilated, so I feel my nostrils are expanding as well. Therefore the coffee makes it easier to breathe and even singing songs. The voice is relatively stable.

 On the other hand, it has a good diuretic effect, and I felt that coffee had an element of medicine. For the time being, I will take a cup of coffee in the morning a day to improve my concentration and memory.

Img_1044

 ところで、昨日は真夏のように日差しが強いので、刈った草が枯れると思い、午後2時頃より東の庭をアサカキできれいにしました。

 群馬県は今まで連日雨模様だったことから雑草がかなり生えてしまい、今日を逃すとまた草ボウボウになるので思い切って草刈りを頑張りました。

 実は西の庭はすでに草ボウボウで手が付けられません。お盆の頃に早起きして涼しいうちに草を抜きます。春に花がたくさん咲いてたあの頃の庭は一体どうしてしてしまったのだろう。


 On the other hand, since the sun was strong like midsummer yesterday, I thought that the grasses that were cut would die, so I cleaned the eastern garden by Asakaki weeding tool around 2:00 pm.

 Gumma prefecture has been raining every day, so weeds have grown a lot, and if I miss the opportunity today, the grasses will be rampant again, so I dared to do my best to mow.

 In fact, the western garden is already untouched by rampant grasses. I will get up early when the Bon Festival is open and pull out the grasses while it is cool. What on earth, where the garden has gone at that time many flowers were blooming in spring?

  

| | コメント (2)

2020年7月19日 (日)

今年の夏休みは短く23日間

Img_0061_20200719074101

 地元・倉賀野小学校の子供たちの夏休みは8月1日から23日までで、例年に比べて大分少ないです。そして8月24日から2学期です。私はそれぞれ学期初めに1週間、毎朝通学路の巡回パトロールをします。平素もすでに10年以上に亘り、この巡視をしてますから最初の子供たちは成人してます。

 ところで以前に音楽会を拝聴しましたら歌も楽器演奏も驚くほど上手でした。どの子どもも音楽演奏に集中し、私は倉賀野小学校の音楽教育に思いのほか感銘を受けました。


 The summer vacation for local Kuragano Elementary School children is from August 1 to 23 which is considerably less than usual. And the second semester begins from August 24th. Every morning I will patrol on the school road at the beginning of one week each semester. I've been on this work over 10 years, so the first kids became already adults.

 By the way, When I listened to the concert before, they were very good at singing and playing musical instruments. Every child focused on music performances so that I was deeply impressed with the music education at Kuragano Elementary School.

 

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

最近、珈琲を飲み始める

Img_1042

  私は若いときから【気持ちは今でも20代です。】珈琲を飲む習慣がありませんでした。しかし、最近、いろんな方から珈琲を戴くので、ついに、飲み始めました。未だ、コーヒーに嵌ってるとは言えません。それでも、その効能に気づいてます。まず集中力が増します。

 医学的には次のことが言われてます。ポリフェノールにより美肌効果が期待できる。カフェインにより血糖の上昇を抑えメタボ対策になる。また、気管支を拡張する。私はこの気管支の拡張に期待してます。でも、一人で飲んでいても絵になりませんね。


 Since I was young, "still in twenties in heart". I had little habit of drinking coffee. Recently I was presented coffee from many people, and finally I started drinking. I still can't say that I am crazy about coffee. But I am aware of its effectiveness. It will first increase concentration.

 Medically, the following is said. A beautiful skin can be expected by polyphenol. Caffeine suppresses the rise in blood sugar, so it will become a measure against metabolic syndrome. It also dilates the bronchus. I expect expanding this bronchus. But even if I drink coffee alone, it wouldn't be picturesque.

 アウディTTスカイブルーの車が来たら、珈琲を飲みに行ってみます。

  When Audi TT Sky Blue car arrives, I will go drinking coffee here and there.

Photo_20200718104501

 

 

| | コメント (2)

今年初めてキアゲハを見る

Img_1033

【画像を拡大して左右対称的な羽の紋様をご覧ください。】

 この世に生を授かりましたが、毎日、雨模様で自由に飛び回れません。昨日、撮影しました。この蝶はキアゲハです。不思議なことに、一生は卵~幼虫~脱皮~蛹~羽化~蝶になります。これらの過程は天敵から身を守るためと考えられます。蝶になると2週間位の命といわれます。

 その間に卵を葉に産みつけます。それにしても、左右の翅の模様が全く対照的で見事です。梅雨が明ければ自由に飛び回れますが、今年の梅雨は長引いてます。


 This butterfly was born in this world, but she can't fly freely because of the rain every day. I took this photo yesterday. This kind of butterfly is a swallowtail butterfly. Curiously, her lifetime is from an egg-larva-molting-chrysalis-eclosion-butterfly. It is thought that these processes are to protect herself from natural enemies. It is said that the life of a butterfly is about two weeks.

 Meanwhile, she lays eggs on the leaves. Even so, the pattern of the left and right wings is completely symmetrical and marvelous. If the rainy season is clear, she can fly around freely, but this year's rainy season seems to be late.

ご参考 https://www.youtube.com/watch?v=2xQoyCgKmoE

| | コメント (2)

2020年7月17日 (金)

梅雨よ、もう直に明けるかな

Img_1029

【やっと咲き出した庭のサルスベリ】

 今朝の群馬県は雲が低く垂れ込めています。庭の草は今が最もよく繁茂してますが、一度に草むしりをすると腰を痛めるので少しずつです。本来、草と言う植物はなく、すべてに固有の名前があります。そして光合成により、私たちの生命維持に欠くことのできない新鮮な酸素を提供してます。

 また、コオロギなど秋に鳴く虫の棲みかを作ります。私の庭では例年8月19日から虫の音が聞えます。逝く夏を惜しむかの如く鳴く鈴虫の音に私たち人間は癒されます。

注:外国には、特に英米では虫の鳴き声を楽しむ習慣はなさそうです。

 This morning, Gumma prefecture has low clouds hanging down. The grasses in the garden are currently rampant, but my weeding is little by little when weeding at a stretch I am liable to hurt back. Originally, there is no plant called grass, but all grasses have their individual names. And by photosynthesis, they provide us fresh oxygen that is indispensable to maintain our life.

 In addition, it creates a habitat for insects such as crickets in the fall. In my garden, the sound of insects begins on August 19th every year. We humans are healed by the sound of bell-ringing crickets as if they regretted the passage of summer.

 ※There seems to be no custom to enjoy the sound of insects in foreign countries, especially in the United Kingdom and the United States.

 

| | コメント (2)

2020年7月16日 (木)

いくつになっても記憶力向上をめざす

Img_1015

【庭に生ってる柿・・・persimmon触って食べて味で覚える英単語】

 現代はインターネットの時代で、いろいろ新たな言葉に出合います。それは日本国内のみならず、家に居ながらにして海外の最新情報を伝える文章もクリック一つで瞬時に入ります。

 私たちの健康長寿のため意外と大切なことは、何才になっても、新たな言葉を使えるように記憶することが脳活動に効果があると思います。例えば、私にとって未だ興味があるもの、知らなければならない、使えなければならない英単語について、また、新たな漢字など言葉の記憶法は、言ってみる、書いてみる、その文字を分解してよく見る、読むことは自ら聴ことになります。

 写真の柿を始め、食べ物は嗅ぐ、味わうなど身体の各部を動員して覚え込むとpersimmonが脳に定着しやすくなると考えられます。学生時代と違って教科書がなくてもネットの現代はいろんな分野に言葉の教材が溢れてます。

 更に、新たな言葉を調べるとき、単語のみでなく辞書に載ってる例文をノートに書き写したり、特に、英作文に使って記憶するとより効果があると思われます。この場合もそれを音読すると同時に耳で聞いてることになり、更に手書きなど、いろいろの手段を動員すると記憶の可能性が高まるでしょう。ここが学生時代のテストのための一夜漬けと異なります。私の場合、いろんなテーマをネット発信できることが課題です。

 ところで、娘の子供たちを見ていると、3~5才位なのに日本語を話す力に日々驚かされます。彼女らは字は殆ど読めません。漢字は皆無でしょう。しかし、暫くぶりに会うと普通の会話は不自由なく話せてるのですから、幼児はある意味で語学の天才です。

 その方法を私たちも真似すればよいのですが、環境が違い、同じには行きません。おそらく、日々目の前の事象を必ず言葉と結びつけ、両親や兄弟姉妹、友達と同じ視点で繰り返しやり取りするから伸びるのでしょう。更に、そこにに喜怒哀楽が伴うことでいっそう身につくと考えられます。

Img_1030

 私たち大人の新たな言葉記憶法の一つはノートに書くことですが、私はあまり復習することがなく、復習するのは再度、その言葉に出合ったときくらいです。

 言葉の数は無限にあり、比較的生活に結びついた言葉でも意外と知らないことが多く、言葉の学習に終わりがないです。その無限の道、茨の道でもコツコツ繰り返す日々の積み重ねが、次第に脳に定着するのではないでしょうか。自ら書いたものを世間に出すことで、つまり、実際に使うことで責任や真剣味が違ってきます。この責任や真剣味が記憶にプラスになると考えられます。

 小さな子供が言葉を覚えるのも保育所や家庭で使わざるを得ない環境にあり、先生や周囲に真剣に訴えたい気持ちが基となり、一つ一つの言葉や言い回しを身に付けてると考えられます。勉強と言うより生活を通して言葉は身につくもので、この点は私たち大人も同じかもしれません。もしかして、新たな言葉を覚える方法は、小さな子どもたちが手本と言えるかもしれません。

 今日の誕生日を機会に年を重ねても、記憶力は年齢に関係ない気持ちで、日本人として漢字能力も磨きたいです。

  

| | コメント (2)

2020年7月15日 (水)

人生は前半より後半を充実させたい

Img_1025

 概して、物事は後から次第に盛り上がるのがよいかもしれません。庭先のサルスベリがやっと1分咲きになりました。他の所で見るサルスベリはすでに満開です。私の庭のは樹勢はよいのに開花が遅いです。しかし、蕾がたくさんついていて楽しみです。

 近年、樹木が大きくなってるのと蕾の数の多さで養分が行き渡るのに時間がかかるのでしょう。樹木の上の方から咲き始めるのも不思議です。明日は私の誕生日。私は防空壕の中で育ったことから性格が暗くなりました。今後はサルスベリのように明るく活動的に生きたい。


 Generally, things may be better later. The crape myrtle in the garden finally bloomed 10 percent. The crape myrtle seen elsewhere is already in full bloom. In my garden, the tree is vigorous, but flowering is slow. However, I am looking forward to the many buds.

 In recent years, due to the growing tree and the large number of buds, it will take time for nutrients to spread. It's strange that the tree bigins to bloom from the top. Tomorrow is my birthday. As I was raised in the air-raid shelter during world war Ⅱ, my character became dark. From now on, I want to live brightly and dynamically like a crape myrtle.

 

| | コメント (2)

2020年7月14日 (火)

地球の年齢を実感する方法

R050901_00

 私たちが太陽系や地球の動きをより深く理解するためには、自分自身が地球の表面にいて、常に宇宙空間に浮いてる実感を持つことと考えます。地球の下にも無限の空間が続いてます。この状態で地球は自転と公転を40億年以上前から続けています。

 この40億年という年数を実感できますか。実は実感できるのです。それは1年に1㎝進む速さで地球1周するのに必要な時間です。つまり、爪が伸びる速さが地球1周するのにかかる時間です。地球1周は4万㎞、これは40億㎝だからです。40億年を実感できましたか。


 In order to understand deeply the movements of solar system and the earth, we think that we are on the surface of the earth and we are always floating in outer space. There is an infinite space below the earth. In this state, we have been rotating and revolving around the sun for more than 4 billion years.

 Can you realize 4 billion years? Actually, you can realize it. It is the time to go around the earth at a speed of 1 cm per year. To sum up, the speed of our nail growing takes for one round of the earth. Because one round of the earth is 40,000 km which is 4 billion cm. Can you realize 4 billion years?

 

| | コメント (2)

2020年7月13日 (月)

何気ない雑談こそ夫婦の、また社会生活の基本

Img_1016

【成長しつつある柿沼家の柿】

 平素、何とも感じなかった当り前のことでも、人間とはそれを失ってみて、初めて「今までは良かった」と気づくことがあります。

 それは例えば、季節が来ると咲いたり実がなったりする植物であったり、夜遅く帰宅しても出迎えてくれる愛犬であったり、また、長いこと愛用してた家具であったり、人によっていろいろですが、共通して最も大きなことは家族と言えます。

 16年前、妻を病で亡くし、その後、娘たちは独立し、結果的に私は一人暮らしが続いています。この間、最も変わってしまったことは「何気ない会話をする相手がいないこと」で、外出しなければ一日中、誰とも会わなくなり、そうなると人間たる最大の特質である話すことがなくなります。

 実は、これは一大事なのです。と言うのは、何気なく話してるなかに「実は生きる上で大きなヒントが含まれ」がちで、同時に脳の活動が盛んになるからです。

 このため私は意識して用事を作り、人と会う工夫をしてます。食料を買いだめせず、スーパーへ毎日行って新鮮な野菜などを手に入れるようにしてます。結果的に、レジの方々と顔なじみになり、支払する用事のみに終始せず、毎回、必ずちょっとした雑談を心掛けてます。帰りがけに店長さんや他の職員がいれば挨拶程度でも声をかけることを習慣にしてます。

 こうするとレジの方たちも私を覚えて下さり、客が少なく忙しくなければ先方から話しかけてくれることもあります。そのようなとき、私は必ず感謝の言葉を返すようにしてます。小さなことでも、心のキャッチボールとなり、今後の人間関係により良いつながりを感じます。

Img_1018

【開花が遅く、少しばかり咲き出したサルスベリ】

 ところで、元々、性格的に話さない人もいます。これは何となく寂しい関係です。そういう私も若いときあまり人と話すのが好きでなく、というより、親しくない人に何を話しかけてよいか分かりませんでした。

 しかし、今となっては年の功であったり、職業柄、話すことが仕事であったりしたことから顔見知りであれば、次第に話題が見つかるようになりました。

 特に、比較的近所の人とは度々顔を合わせるので「遠くの親戚より近くの他人」という格言もあることから、近所づきあいは大切で、それには平素から何と言っても言葉によるつながりです。

 時々顔を見かける人でも、何となく話しにくいとき私は次のようなことを心掛けてます。

 日本の挨拶はとても良くできてます。それは運良く日本には四季があるからでしょう。二十四節気なるものもあり、少しずつ変化することから、その日の天気や気候を話題にすることは昔からの習慣です。

 今の季節であれば「毎日よく降りますね。」「今日は珍しく梅雨の晴れ間ですね。」「これを利用して草むしりです。」「ところで、お宅のサルスベリは大分前から咲いてますが、うちのはやっと咲き始めました。」など天気から変化し、季節のことから植物の様子や育て方などへ会話が移り変われるものです。

 最初に書きました通り、私の場合「近年、失なわれたことは何気ない雑談」です。人間の社会生活の中心は言葉による交流です。特に、話し相手が興味関心を持ってる内容が会話で大切であり、これにより、通り一遍の雑談から、目を輝かせる会話へと変化したらしめたものです。

 会話で私が最も大切に感じてることは話し手の目を見て話すことと思います。あさっての方を向いていては通じません。社会生活でももちろん、長く連れ添った夫婦であっても、目を見ながらの会話こそ互いのつながりが強まり、延いては、生きてる喜びにつながるのではないでしょうか。

  

| | コメント (2)

2020年7月12日 (日)

今夏は除湿を中心に過ごす

P1020763

【浅間山と鬼押し出・・・群馬県】

 昨日、地区のラジオ体操会へ行こうとしたら雨なので家でラジオ体操をしました。寝ていても湿度が高かく朝びっしょりでシャワーを浴び、エアコンを冷房でなく除湿にしたら予想以上にさっばりしました。

 最初の就職はインドの日本人学校でしたが、現地は暑くても湿度を感じませんでした。やはり日本は湿度が高いです。 今年は冷房より除湿して過ごそうと思います。

 ところで、スカイブルーの新車のナンバーが決まりました。私はナンバーは一つのデザインと考えてます。慣らし運転で行く「愛妻の丘」は浅間山の北西です。

 その浅間山は常に噴火の可能性があり、かなり以前から登山禁止になってます。私は20代のとき4回登頂しておいてよかったです。山頂からは日本アルプスと富士山、関東平野、そして蛇行してる利根川が一望です。


 When I tried to go to the radio gymnastic party yesterday, it rained so I did it at home. During sleeping, the humidity was high, so I took a shower. Then I dehumidified the air conditioner instead of cooling, it was more refreshing than I expected.

 My first job was at Japanese school in India, but it wasn't humid even it was hot. After all, Japan has high humidity. This year, I will spend the time dehumidifying than cooling.

 By the way, the license plate number of the new Sky Blue car of Audi TT was decided. I think the car number is one of the designs. The northwest of active volcano named Mt. Asama is "Aisai-no-oka" where I will go as shakedown drive.

 There is a possibility of eruption at Mt. Asama, and climbing has been prohibited by authorities for a long time. However, I got opportunities that I climbed it four times in my twenties. From the summit, I could see the Japan Alps, Mt. Fuji, the Kanto Plain and the winding Tone-River.

 

| | コメント (2)

2020年7月11日 (土)

情熱の大切さを教えてくれる百日紅

Img_1009

 百日紅(サルスベリ)が例年と比較し5日ほど遅く、やっと昨日少し咲き出しました。故郷の中国ではおよそペイルーホンと発音するようです。

 西の枝先から東の枝咲きまで6~7mと樹木が大きく、蕾は無数です。一般的に、百日紅は咲き終わると枝が切り落されますが、私は自由な樹形にしてるので全体的にふんわりした形に成長してます。

 百日紅とは、その名が示す通り、これからおよそ100日間、情熱の大切さを私に教えてくれます。長い人生いつも何かに心が燃えてることが必要で、私の場合、植物や音楽に集中できる情熱を持ちたいと思います。


 Compared to the usual year, the crape myrtle is about 5 days later, and finally it bloomed a little yesterday. It is pronounced like peiruhon in Chinese in her hometown.

 The tree is large, from 6 to 7 meters from the tip of the branch to the branch, and the buds are numerous. Most of the Crape myrtle was its branches cut off when it finished blooming, but since it has a free shape, it has grown to a fluffy shape overall.

 As its name suggests, she will teach me the importance of passion during the next 100 days. I want to have a passion that keeps my heart burning and concentration on plants and music.

Img_1010

【拡大すると花が咲いてる部分が分かります。】 

 

| | コメント (2)

2020年7月10日 (金)

今夏、嬬恋村の名所「愛妻の丘」へドライブ

Photo_20200710071801

 活火山・浅間山【標高2568m】の北にあって、キャベツの生産地で有名なところは嬬恋村です。ここは群馬県内で最も西部に位置し、標高が高い村です。実は、この広大なキャベツ畑の真ん中に名所「愛妻の丘」があります。ここは恋人同士が、あるいは夫婦が「感謝を込めて愛を叫ぶ所」です。

 私は一人暮らしですが、誰が行ってもよいので、この夏「スカイブルーの車」でドライブに行こうと思います。近くには長野県との県境に聳える四阿山(あずまやさん)があり、景色が雄大です。階段を上ると広場と「愛を叫ぶ」ステージがあります。


 Tsumagoi-Village is a famous cabbage production site north of the active volcano Mt. Asama [2568m]. This village locates in the westernmost place in Gumma prefecture and has a high altitude. In fact, there is the famous "Aisai no Oka" in the middle of this vast cabbage field where lovers or couples “Shout love with gratitude”.

 As anyone can go, I live alone, but I'll go for a drive this summer with a "sky blue car". Nearby is Mt. Azuma which stands on the prefectural border with Nagano, and you can taste a breath-taking scenery. If you go up the stairs, there are a square and a stage to shout love.

 

| | コメント (0)

樹木を若返らせ、将来は美味しい柿に

Img_1005

【拡大して下さい。】

 樹齢50年以上の柿の木の比較的低い部分に新芽が出て来ました。私としては今までの上部を切って、この新芽を新たな幹にして育てることを考えてます。理由はそれにより、樹木全体を若返えらせることです。

 上部にはすでに柿の実が生ってるので、それを収穫してからになります。それまでこの新芽を大切に育て、作業は秋になります。柿沼の柿は本物と言える味にしてみます。


 A new shoot has appeared in the lower part of the persimmon tree in the garden that is over 50 years old. For me, I am thinking of cutting off the upper part and growing this new shoot as a new trunk. The reason is that the whole tree will be rejuvenated by it the same as me.

 Since the persimmon fruit has already grown on the upper part so that it will be after harvesting. Until then, I carefully grow this sprout. So work will be in the fall. The persimmon fruit of Persimmon Marsh will have an authentic taste.

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

施設入所中や、病院に入院してる家族に会えない

Img_1001

【化成肥料を施したことから今年は毎日咲いてるハイビスカス】

 第二波の様相を呈してる新型コロナウイルスが東京、埼玉を中心に首都圏で一向に収まらず、一ヶ月前よりむしろ感染者が増加してます。

 ニュースによると、以前より20代30代の若者の感染者が増え、昨今の特徴は濃厚接触が起こり得る繁華街での夜の街での感染と伝えられてます。この新型ウィルスは死に直結する極めて感染力が強力であることから、医療関係者と共に、すべての人が今後一層、英知を絞って対策に当らなければなりません。

 日々マスクをしていてもウイルスは鼻や口のみならず、目の粘膜を媒介して私たちの体内に侵入します。ウィルスは空気中はもちろん、我々が触る至る所に存在しうることから手洗いの徹底です。

 以前から叫ばれてる三密【密接、密集、密閉】を徹底して避ける努力を国民一人ひとりが守らなくては感染は減少しないことになります。

Img_1003

【柿沼家の柿】

 ところで、私の身近な所でも、昨今はお年寄りが入所中である介護施設へ息子や娘など家族が様子を見に行くことができずにいる事態が起きてます。

 それより更に痛ましいことは、入院中の夫に妻が会えないこと、長く連れ添った妻に夫が会えないことです。親と子供もその状態です。コロナウィルスの侵入を防ぐことから、外部の人が入院棟に入ることが病院で禁止され、結果的に、ついに死に目に会えないことが起こっています。現実は遺体を焼却後に初めて会うことになります。

 入院してる本人は病に苦しんでるのに、一向に配偶者が来てくれない、子供が来てくれない状態はどれ程、寂しく辛い想いか計りしれず、ただただ長い孤独な時間が過ぎ、そのまま、会えずじまいで永遠の別れとなりました。

 家族とは本人に微かな意識がある限り、最後の最後まで手を取って見送りたいものです。

 そういう私も入院中の若い甥(57才)に会えず終いで、最近、永遠の別れとなりました。小さい頃は私の家でよく遊んでいた思い出が蘇ります。医療の画像診断の研究者でした。

 

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

群馬県高崎市も危険を感じる凄い雨

Photo_20200708111501

 今日、午前9時頃から10時頃まで群馬県高崎市も最近にない激しい雨が降りました。子供たちの通学時間から逸れてたのでよかったです。もし車を運転中であれば、前が見えなかったでしょう。

 いつものように換気のため家の中の窓を少し開けておいたら、かなり雨が吹き込みました。

 このため、暫くぶりにあちこち雑巾がけです。ついでに、廊下などをダスキンで磨きました。利根川や烏川はこれから水嵩が増すので近くに寄ってはなりません。


 From 9am to 10am today, it was heavily raining in Takasaki City, Gumma Prefecture where I have never seen before. I'm glad that the time going to school for the children was out of hour. If driving a car I think I could not see ahead.

 As usual, I left some windows in the house open a little bit for ventilation, therefore the rain entered a lot.

 For this reason, I cleaned up and swabbed the dust here and there after a long interval. Incidentally, I polished the corridors with a mop. The Tone River and Karasu River will increase in water volume from now on, so you should not come close to them.

| | コメント (0)

巨樹になりつつある百日紅・・・今夏は開花が遅い

Img_0997

【写真を拡大してご覧ください。】

 庭の百日紅(サルスベリ)は例年7月7日頃から咲き出しますが、今年は未だ咲いてません。年間を通じて水をたくさん与えたので、樹勢は今までになく良く、一回り大きくなってるので2~3日のうちに咲く気配です。

 他では、既に咲いてる百日紅を見かけます。次第に大器晩成の風格を備えて来たようです。枝をたくさん広げ日陰を広く作り、南国の樹木のようです。

 中国南部が原産地で、1500年以上前に渡来人によって日本へ運ばれたと推測されます。これから10月上旬まで、その名の通り、約100日間咲き続けます。


 Every year, the crape myrtle in the garden begins to bloom from July 7th, but it has not bloomed this year. By giving a lot of water through year, the growth of tree is better than ever. It seems to bloom in a few days.

 In other places, I already saw in bloom. It looks dignified that genius is slow to mature. It has a lot of branches and made a lot of shade like a tropical tree.

 I guess that the southern part of China is the place of origin and it was brought to Japan by visitors named Toraijin over 1500 years ago. As its name shows, it will bloom for about 100 days from now until early October.

 

| | コメント (2)

2020年7月 7日 (火)

今日は二十四節気の一つ「小暑」

Photo_20200707073501

【冬によく見えるふたご座】

 今日は二十四節気の「小暑」です。私たちの地球は一周9億km以上ある公転軌道上を秒速約29㎞で移動してます。その地球から見ると今日の太陽の背景は「ふたご座」です。実際は太陽光が強くて見えません。「ふたご座」は日本では「冬のダイヤモンド」の中で最も東にある星座です。

  南半球からも最も東に見えますが、ダイアモンドの上下が逆になります。これから暑い日が続きますが、1ヶ月後はもう立秋です。涼しい場所で運動し、熱中症対策として、こまめな水分補給を行ない夏を乗り切りましょう。


 Today is "Shohsho" in 24 solar calendar. Our earth is moving at a speed of about 29 km per second on the orbit of revolution that is more than 900 million km distance. Seen from the earth, the background of today's sun is "Gemini." Actually, the sunlight is too strong to see. The Gemini is the most eastern constellation of "Winter diamond" in Japan.

 It is easternmost also in the Southern Hemisphere, but it is upside down. Hot days will continue from now on, but one month later it will be autumn. Exercise in a cool place as a measure against heat stroke, do frequent rehydration and overcome the summer.

 

| | コメント (0)

今年の天文学上の七夕は8月25日

写真の説明はありません。

 江戸時代に旧暦の7月7日であった七夕を現在の太陽暦でも単純に7月7日に行なってる地方がありますが、明治以来153年経っても、何故、この無意味な仕来たりを続けるのでしょう。

 第一、主役の二つの星は東の空に低く、実際には梅雨でほとんど見えません。

  七夕とは「星の祭り」だけのように思われがちですが、本来は月の満ち欠けが「七」日目の「夕」刻を指し、現在の暦の7月7日の夕刻ではありません。今年の天文学上の七夕は8月25日です。この晩、月の形が小舟になり、二人は天の川を渡ります。


 In local areas, the Vega festival which was the 7th day of the lunar calendar in the Edo period, is simply performed on the 7th day of the present solar calendar, but after 153 years since the Meiji era, this meaningless ritual continued.

 First of all, the leading stars are low in the eastern sky, and are almost invisible due to rainy season.

 Vega festival is not only "festival of stars", but originally, the phase of the moon that refers to the "evening" on the seventh day. This year's astronomical Vega festival is August 25th. This evening, the shape of the moon becomes a small boat, and the two stars cross the Milky Way.

画像に含まれている可能性があるもの:夜
【旧暦7月7日の月】・・・今年8月25日の月の形

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

運動は過去進行形でなく、現在進行形で

Img_0995

 群馬県もこのところ雨が降り続いてます。ここ数カ月は家の前の道で夕食前にウォーキングしてました。しかし、昨日は梅雨の晴れ間を利用し、約4ヶ月ぶりに鏑川の土手を4Kウォーキングしました。

 ここはシベリアから飛来すると考えられる50羽ほどのコハクチョウが毎年12月~翌3月まで羽を休める鏑川の流れが緩やかなところです。前回のウォーキングは確か、シベリアへ向かってしまった直後でした。「立つ鳥、跡を濁さず」の通り、今ではきれいな大河の自然が残されてます。同時に賑やかだった光景に比べ、渡り鳥の姿が見えない一抹の寂しさはあります。

 この一帯は高崎市木部町で、今でも広大な田畑が続く地域で、実は、幼き日の母が過ごしたふるさとです。ここに、私は自転車で生前の母を乗せ、一度だけ訪れた長命稲荷があります。母は「ここでよく遊んだ」と話してました。このお宮は遠い先祖が建設したもので、今でも土手の近くにひっそり佇んでます。幼き日の母が遊んだのは明治の末です。

Img_0984

 右が長命稲荷で、左は田植えが済んだ水田が広がってます。この景色は昨日ウォーキング中に土手の上から撮ったもので、この地での出来事を生前の母がもう一つ、よく私に自慢したものです。

 それは幼き日に母(私の祖母で私は会ったことがない)に連れられて「大きなほうき星」を見たと言うことです。今でいう「ハレー彗星」です。1984年の前回ははっきり見えませんでしたが、76年周期で出現するので、幼き日の母が見たのは1910年のハレー彗星です。

 それは本当に「大きな箒のようで尾を引き、光っていた」と目を丸くして話してました。子供心に珍しく深く印象に残ったのでしょう。

 次回、出現するのは2062年ころです。現在40代以下の人なら見られる可能性があります。もちろん、健康長寿でいたらと言うことです。

Img_0982

 昨日は、午後4時から自然に囲まれた土手を西に向かって歩き始め、約1キロで長命稲荷があり、それを過ぎると山名町のバイパスになる仮称「新鏑橋」が橋そのものは完成しており、現在、アクセス道路を建設中です。来年にはバイパスが完成し、開通するでしょう。

 実は昨日は日曜日で工事が休みで、数人の人たちが橋の上まで上がって見学してたので私も登ってみました。それは素晴らしい橋で隣の藤岡市へ400mほどで行けます。

Img_0991

 【拡大して下さい。】

 私は前から決めてました。橋が通行できるようになったらウォーキングもこの長い橋を渡り、藤岡側の土手も1Kほど歩くつもりです。そうすると1回のウォーキング総距離は5キロになり、速足なら1時間です。健康的なウォーキングは散歩の感覚から離れ、ストライドを伸ばし、腕を振りスポーツ的に前進です。

 ところで、あまり良い例ではありませんが、実は私はオリンピックで金メダルを取った方と知り合いでした。しかし、今から20年ほど前に彼の姿を拝見したら、華やかな当時の姿からは想像できないほどで、やっと歩いてる感じでした。その後、今の時代にしては若くして亡くなりました。その他、ラグビーで活躍された方も知ってますが、私より1才若いのにすでに他界されてます。

 このような現状見ると、本来、健康のために行う運動であっても、若き日に無理に無理を重ね、勝利のために肉体を痛めつけてることが起こり得るのです。

 私は運動は今になってよくしてますが、「苦しい運動ならば、それは間違ってる」と自らに言い続けてます。

 「心臓が苦しくない範囲で可能な限り速く歩き」、目的は心肺機能を高める有酸素運動です。これでも脈拍は通常の1.5倍になります。また、「疲れない範囲でダンベルを使う筋トレ」です。筋肉維持や増強をめざします。このとき、快い汗が全身から出て来ます。私は「汗びっしょりは不自然」と考えます。

 これからも、この方針で心肺機能を高める有酸素運動と、筋トレの両面を生活に取り入れていこうと思います。

 

| | コメント (2)

2020年7月 5日 (日)

グラジオラスの花の中は不思議な世界

Img_0978

 先日、書きましたが、黄色いグラジオラスの中心部に赤い色があります。これは雄しべでも雌しべもなく花弁です。よく観察すると下の花弁だけに色がついてます。しかも、2羽の赤い鳥が蜜を吸ってるような図柄です。同様のことはシャクナゲやツツジにもあり、こちらは上の花弁に点々がたくさんあります。

  何故、花の中に上や下があるのでしょう。これらは花が空の方向に向かず横を向いてます。ですから、スミレは猿のような顔をしています。花弁には上下が決まってるようです。拡大してご覧ください。


 As I wrote the other day, there is a red color in the center of the yellow gladiolus. This is not on stamens and pistils, but on a petasl. If I observe carefully, only the petals below are colored. Moreover, the design is like two red birds sucking nectar. Rhododendrons and azaleas have the same phenomenon which have many dots on the petals above.

 Why do the flowers have top and bottom? These flowers are facing sideways, not toward the sky. Therefore, as you know, a violet looks like a monkey's face. It seems that the top and bottom in the petals are fixed. Please enlarge the photo.

 

| | コメント (2)

ボディーカラー・スカイブルーに乗り替え

P1070295

 11年間、乗った黄色の愛車と別れることになりました。永い間、傷付けずに安全に過ごせたのは通過する道路の選択です。狭い道を通らず、急がば回れです。また、駐車では、どこにでも止めず、隣の車のドアの開け閉めで接触しない位置です。駐車場では他車より遠くに止めました。

  安全に運転で来たのは車間距離の厳守、子供や高齢者、自転車から目を離しません。スピードは速過ぎず遅過ぎず、流れに乗りました。今度の車もAudi TT クワトロで色はスカイブルー。タイヤは245-35-19です。安全第一。


 I will trade in this yellow car used 11 years for a new one. I never go through narrow roads for safe driving. I passed through wide roads. The more haste, the less speed. Also, when parking, I did not stop anywhere for preventing from opening the door by the next car. In the parking lot, I parked farther than other cars.

 When driving safely, keep a good distance from the car ahead and keep an eye on children, the elderly, and bicycles. The speed was not too fast and not too slow so as to get on the flow of cars. The next car is also Audi TT Quattro of sky blue. The tires are 245-35-19. Safety First.

 

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

喉が渇いてなくても水分補給が必要

Img_0975

 夏は熱中症予防に「喉が渇いてなくても水分補給が大切」なので、最近の私はジャスミン茶を飲んでます。ジャスミンの花の香りによるリラックス効果、及び集中力アップが期待され、また、体内の汚れを取り除き、胃の働きを良くする効果があるといわれます。

  含有物はカフェインが少々で、エネルギーは0パーセントです。もちろん私にとって肝心なビタミンIは含まれてません。今宵も今、嵌ってる鳥皮の焼き鳥で一杯です。皆さんも試してみて下さい。嵌りますよ。これから夕食前に1000mウォーキングします。


 During summer season, rehydration is indispensable for us to prevent heat stroke, even if we are not thirsty. So I drink the jasmine tea recently. The scent of jasmine flowers is expected a relaxing effect and improve concentration, and is said to have the effect of removing dirt from the body and improving the stomach.

 It contains a little caffeine and has 0% energy. Of course, the essential vitamin I for me is not included. Tonight, I will "Bottoms up" alone thinking of you with the chicken skin kebab. Please try it. You will be crazy about it from now on. I will walk 1000m before dinner.

 

| | コメント (0)

キャフレイズは血液循環に効果的

P1060017_20200704035401

 人間、誰でも年を重ねると身体のあちこちに不具合が生じます。3年ほど前、その兆候は不整脈として現れました。これを治す方法をいろいろ考えました。私は背が高いことから足の血液が心臓に戻り難いと考え、第2の心臓と言われる脹脛を強くするため「踵の上下運動」を始めました。

 そしたら、これが功を奏したのでしょう。今では不整脈をほとんと感じません。写真の階段の段差を利用し、キャフレイズといわれる「踵の上下運動」を最低でも50回します。可能な限り薬を飲まずに治癒したいものです。


 As humans, anyone grow older, some bad conditions occur around the body. About three years ago, The symptom appeared as an arrhythmia. I thought about various ways to cure this. I thought it was hard for blood in my feet to return to my heart because I was tall, so I started "heel up and down exercises" to strengthen my calf which is called the second heart.

 This plan was successful, and now I don't really feel arrhythmia. Using the steps on the stairs, I perform a minimum of 50 "heel up and down movements," which is called calf-raise. We should cure without taking medicine as possible as we can.

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

吉井ドリームセンターで汗を流し、さっぱりです。

P1060748_20200703172501

 蒸し暑くて、午後、吉井町の「牛伏ドリームセンター」へ入浴に行ってきました。車検後で車の調子は良く、中山峠をぐんぐん登りました。しかし、新型ウィルスの影響でお風呂はガラガラ。館内では係の女性に「マスクをして下さい。」と注意を受けました。風呂に入るのにマスクは不要と思いました。

 私がマスクをするのはスーパーに行くときだけです。日中、殆ど家の中と庭で植物の世話する生活でマスクはしません。夏はマスクは暑く、熱中症になり安いです。私は身体を冷やしたいので今宵もビールと今嵌ってる鳥皮の焼き鳥です。


 It was hot and humid, so I went to "Ushibuse Dream Center" in Yoshi-town for a bath in the afternoon. After the vehicle inspection, the car was in good shape, and it climbed Nakayama Pass. However, although the bath was vacant due to the new virus, I was ordered by a female staff in the hall to "wear a mask." I didn't need a mask to take a bath.

 I only wear mask at supermarket. I don't wear mask because I spend most of the day in the home and garden taking care of plants. The mask is hot in summer and we are liable to suffer from heat stroke. I want to keep my body cool, so I have beer tonight and the chicken skin kebab that I'm crazy about now.

 

| | コメント (0)

高齢化で大切なこと・・・健康と社会参加

Img_0755_20200703073501

 今でもボランティア活動として、小学校の通学路を時々パトロールしてます。一方、病院へ行けない近所の高齢の方を車で送り迎えしてます。今日も午前9時に約束してます。私自身は体調管理に地区のラジオ体操会に参加してます。

 これにより雑談したり、お腹が空くので朝食は十分に摂ります。毎朝、豆腐と野菜が入ったみそ汁とご飯で、おかずは納豆にメカブを混ぜたものです。これが意外と美味しく、海藻なのでバランスがよいと思います。


Even now, as a volunteer activity, I often patrol the school road of Kuragano elementary school. On the other hand, I carry the elderly in the neighborhood by car who can't go to the hospital. I promised at 9am today as well. I myself take part in a gymnastics exercise in the district to manage my physical condition.

 There is a good opportunity to chat and get hungry so I will have a good breakfast. Every morning, I eat miso soup containing bean curds and vegetables, and rice with the side dish of natto sticky fermented soy beans mixed with mekabu seaweed. This is surprisingly delicious and I think it is a good balance due to seaweed.

| | コメント (0)

黄色いハイビスカスと黄色いグラジオラス

Img_0741_20200703024301

 ハイビスカスとグラジオラスが今を盛りに毎日咲いてます。今年、ハイビスカスに化成肥料を与えたところ、すごく成長し、蕾が次から次へと生れ、毎日咲いてます。ただ花は1日で終わります。

 一方のグラジオラスには水をたくさん与えたところ、多くの球根が生まれ、やはり毎日咲いてます。

 不思議なことに、この二つの植物には共通点があります。それは周囲が黄色で、花の中心部が赤です。おそらく、これによりチョウチョなど昆虫が集まりやすく、受粉するのでしょう。


 Hibiscus and gladiolus are in full bloom every day. This year, when I gave hibiscus a chemical fertilizer, it grew very much, and the buds grew one after another and bloom every day. However, the flower finishes in one day.

 On the other hand, when a lot of water was given to the gladiolus, many bulbs were born, and they bloomed every day.

 Curiously, the two plants as you see have something in common. It has a yellow periphery and the center of the flower is red. Perhaps this will attract insects such as butterflies and pollinate them.

Img_0954

 

| | コメント (2)

2020年7月 2日 (木)

水たまりを覗くと地球が宇宙に浮いてる感覚になる

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、自然

【植物名ハンゲショー】・・・半夏生・・・半化粧してるようです。

 私たちは生れたときから地球の表面で生活しており、恰も自らがいる場所が中心で、太陽は日々、東から昇り西に沈むように見えます。これは近くにある建物や景色が大きく見えることから、それに比較し太陽や月、星などが小さく見えるため錯覚してるのかもしれません。

 しかし、大海原の中や、見渡す限り広大な砂漠、高山の山頂など周囲に大きな物がない地に夜間に身をおくと、自分のいる地球こそ西から東へ回転してるのではないかと思えることがあります。

 そんな所へ行かなくても、広々した所で夜間に天を仰ぐと天体は時間と共に東から西へ移動して見えても、時としてこの地球が西から東へ回転してるような感覚になることがあります。もちろん、これが正しのです。

 人類誕生以来、300~400万年といわれる途方もない歴史の中で、つい最近である500年ほど前になってコロンブスが地動説を唱えました。

 ところで、先日、梅雨の晴れ間に近くの道路に大きな水たまりができました。私は水面の底に映る白い雲と青い空に焦点を合わせました。すると地球の真下は空間であるかの如くに見え、恐ろしくも感じました。

 しかし、実はこの「水たまりに映る光景」と「地球の真下」は同じ様なものであり、私たちの住む地球の下は無限の深さを持つ宇宙が広がってます。私たちは先ず、平素の見える地上とは異なり、地球は大空間に浮遊してることを実感できることが、公転や自転など地球の動きを理解する基本になると考え、延いては天体の動きがより深まるのではないでしょうか。

 つまり、私たちは日常いろいろ考えたり、いろいろ行動してる最中も、地球は赤道付近で秒速約460mの速さで自転し、北緯36度付近(関東地方)では秒速370m程の速さで自転してます。一方、それとは別に地球は秒速29㎞程の猛スピードで公転軌道上を北極星側から見て反時計回りに移動しています。

Photo_20200702100401  

 ところで、昨日は暦の上で半夏生(はんげしょう)でした。この日の太陽黄経は100°と決まってます。太陽黄経とは春分点がある「魚座」のすぐ下の位置で天の赤道と接してるところが0°です。

 地球から見て天体は東から西へ進んで見える関係から、ここから東へ進むと太陽黄経の度数が増えます。二十四節気の一つ一つは太陽黄経 で15°の違いですから、春分の日から数えて半夏生の日の太陽黄経 は100°です。因みに夏至は太陽黄経90°、秋分の日は180°、冬至は270°、春分の日は0°です。

 上の図では半夏生に地球から見る太陽は「ふたご座」の中に入り始めてます。日に日に太陽の背景は東へ東へと移動してます。実際は眩しくて見えませんが、半年後の、あるいは半年前の深夜0時に「ふたご座」が真南にあることで、このことが確認できます。つまり「冬のダイヤモンドが南に来る元日の深夜頃に確認できます。

 夏至が過ぎ、地軸の傾きによりこれからほんの少しずつ日没が早まります。しかし、日の出時刻はそれほど遅くなりません。いよいよ本格的な夏の到来です。大きな樹木が作る日陰の中は結構涼しく、自然の恩恵を享受し、逆に水災害など自然の脅威から身を守りましょう。

 

| | コメント (2)

2020年7月 1日 (水)

枇杷の種で作る枇杷酒はおいしい

Img_0972

 昨日、仕込んだ枇杷酒です。量は1.8リットルです。アルコール度35度で強いことから完成した暁には水で割って飲みます。高崎駅前にあった「どんどん」での味が忘れられず、あまりにも美味しいので当時、マスターに作り方を教わったところ、意外なことに枇杷の実全体ではなく、種で作ることでした。

 このため、写真でも種が底に見えます。一日一回瓶全体を揺すって種から出るエキスが混ざるようにします。次第に枇杷酒か出来て行く期待感はとてもいいです。

  ところで、今朝も地区のラジオ体操に行ってきました。


 This is the loquat liquor prepared yesterday. The volume is 1.8 liters and a strong alcohol of 35 degrees, when it is completed, I drink by mixing with water. I couldn't forget the taste at the tavern "Dondon" near Takasaki station, and it was so delicious that I was taught by the master how to make, but surprisingly it was not the whole loquat but the seeds.

 So, the seeds are visible at the bottom. Shake the bottle once a day so as to mix the extract of seeds. The expectation becoming loquat liquor is very good.

 By the way, I paticipated in the radio gymnastics in the district again this morning as well.

 

| | コメント (2)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »