« いくつになっても記憶力向上をめざす | トップページ | 今年初めてキアゲハを見る »

2020年7月17日 (金)

梅雨よ、もう直に明けるかな

Img_1029

【やっと咲き出した庭のサルスベリ】

 今朝の群馬県は雲が低く垂れ込めています。庭の草は今が最もよく繁茂してますが、一度に草むしりをすると腰を痛めるので少しずつです。本来、草と言う植物はなく、すべてに固有の名前があります。そして光合成により、私たちの生命維持に欠くことのできない新鮮な酸素を提供してます。

 また、コオロギなど秋に鳴く虫の棲みかを作ります。私の庭では例年8月19日から虫の音が聞えます。逝く夏を惜しむかの如く鳴く鈴虫の音に私たち人間は癒されます。

注:外国には、特に英米では虫の鳴き声を楽しむ習慣はなさそうです。

 This morning, Gumma prefecture has low clouds hanging down. The grasses in the garden are currently rampant, but my weeding is little by little when weeding at a stretch I am liable to hurt back. Originally, there is no plant called grass, but all grasses have their individual names. And by photosynthesis, they provide us fresh oxygen that is indispensable to maintain our life.

 In addition, it creates a habitat for insects such as crickets in the fall. In my garden, the sound of insects begins on August 19th every year. We humans are healed by the sound of bell-ringing crickets as if they regretted the passage of summer.

 ※There seems to be no custom to enjoy the sound of insects in foreign countries, especially in the United Kingdom and the United States.

 

|

« いくつになっても記憶力向上をめざす | トップページ | 今年初めてキアゲハを見る »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

連日の雨で日照不足が心配される中、庭先の雑草はことのほか元気がいい。とりわけヤブガラシは、周りのものに巻き付いて上に伸びていく。別名ビンボウカズラという我が家を象徴するつる植物、毎年毎年悪戦苦闘を繰り返し、そのたびに敗れ続けてきた仇敵である。なかなか駆除できないでいる。

投稿: 青蛙房 | 2020年7月17日 (金) 10時21分

青蛙房さんへ・・・昨晩は予定通り「バク」で誕生会をしました。他の客は見えず、3時間もの間、ママと二人だけで楽しい時間が過ごせました。
 我が家の庭も仰せのヤブカラシが繁茂してます。根が四方八方に広がってるので、すべてを取らない間は毎年、出て来ます。根はせいぜい10㎝ほどの深さなのですが、生命力が強く、コンクリートとコンクリートの隙間からも生えて来ます。

投稿: カッキー | 2020年7月17日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いくつになっても記憶力向上をめざす | トップページ | 今年初めてキアゲハを見る »