« 怠け癖は年を重ねても治るか | トップページ | 年齢を重ねても、夢を持ってこそ、一生青春 »

2020年7月27日 (月)

夏休みと言えば吹奏楽部の合宿であった

Dscf0085

 私が高崎商業吹奏楽部や前橋高校吹奏楽部の顧問をしてたとき、夏休みには人里離れた山岳に行って50名ほどが寝食をともにし、吹奏楽合宿したことが良い思い出になってます。場所は新潟県苗場であったり、草津本白根山麓であったり、時には北毛青年の家、小諸青年の家でも行ないました。

 目的は交流であったり、コンクールを目指したり、高崎市の群馬音楽センターでの定期演奏会や前橋市民文化会館での優曇華でした。

 今後も学校からお呼びがかかれば近未来には再びステージに立って指揮ができるよう、今でも柔軟な身体の維持に努めつつ、音楽に対する情熱は更に持ち続けています。


 When I was a conductor for wind orchestra of Takasaki high school of commerce and Maebashi high school, it was a good memory to go to remote mountains during the summer vacation and about 50 students sleep and eat together in music camp. The place was such as near Mt. Shirane, Naeba, Hokumoh Youth House and Komoro Youth House.

 The purpose was to promote interchange between students and teacher, a competition and to perform a regular concert at Gumma Music Center, or performance named Udonge at Maebashi citizen's hall.

 I still have an enthusiastic passion for music and flexible body so as to be able to stand on the stage and conduct great music in the near future, if school calls me.

 

|

« 怠け癖は年を重ねても治るか | トップページ | 年齢を重ねても、夢を持ってこそ、一生青春 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怠け癖は年を重ねても治るか | トップページ | 年齢を重ねても、夢を持ってこそ、一生青春 »