« 源流の最初の一滴は「烏の嘴」といわれる烏川 | トップページ | 迷わず自分の道を突き進む・・一つの認知症対策 »

2020年8月20日 (木)

年末まで「明けの明星」を見るチャンス

Img_1140

 金星は「明けの明星」として年末まで東の空に出現します。早起きしたとき見て下さい。地球~金星間の距離は日に日に変わります。しかし、太陽~金星間の距離はほぼ一定でAU=0.72で約1億800万㎞です。因みに太陽~地球間の距離はAU=1で約1億5千万㎞です。

 金星の公転日数は225日といわれ、地球の一年の3分の1程度です。金星は惑星ですから、自ら光を発せず、太陽光が反射して輝いてるので月のように満ち欠けがあります。今日は旧暦の7月1日ですから月が見えません。

 拡大すると右に星が見えます。オリオン座のべテルギウスです。


 Venus will appear in the eastern sky until the end of this year as the "Dawn Star". Please look when you get up early. The distance between Earth and Venus changes day by day. However, the distance between the sun and Venus is at AU=0.72, which is about 108 million km. By the way, the distance between the sun and the earth is about 150 million km with AU=1.

 It is said that revolution of Venus is 225 days which is about one third of the earth's year. Since Venus does not emit light by itself. The sunlight reflects and shines, so there are phases like the moon. Today is July 1 of the lunar calendar, so the moon is invisible.

 When you zoom in, you can see a star on the right. This is Betelgeuse of Orion.

 

|

« 源流の最初の一滴は「烏の嘴」といわれる烏川 | トップページ | 迷わず自分の道を突き進む・・一つの認知症対策 »

惑星の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 源流の最初の一滴は「烏の嘴」といわれる烏川 | トップページ | 迷わず自分の道を突き進む・・一つの認知症対策 »