« 「夏の大三角」が見つかれば織姫と彦星が分かる | トップページ | 年末まで「明けの明星」を見るチャンス »

2020年8月19日 (水)

源流の最初の一滴は「烏の嘴」といわれる烏川

Img_1050

 倉賀野町の南を流れる「烏川」です。ここは江戸時代は河岸でした。子供の頃はプールがなく夏休みにこの川で泳ぎました。実は、近年、この川の源流近くに行きましたが、辿り着くものではありませんでした。

  倉渕の人の話によると、昔から「最初の一滴」は烏の嘴の形をした岩から流れ出てるとのことです。私は以前に倉渕の鼻曲山や角落山に登頂したことがあるので、源流の上にいたことになります。「最初の一滴」から、このような一級河川になり、烏川は旧石器時代以前から流れ続けていると推測します。


 The photo shows Karas-River flowing in Kuragano Town. This was a riverside port in the Edo period. When I was a kid, there wasn't a pool, so I used to swim in this river during summer vacation. In fact, recently I have been close to the origin of the river, but I couldn't reach it.

 According to a person from Kurabuchi, the "first drop" is flowing from the rock shaped a crow's beak. I have previously climbed Mt. Hanamagari and Mt. Tsunouchi. So I was on top of the source. The "first drop" became such a first-class river, and It is speculated that this river has been flowing since before the Paleolithic period.

P1070413_20200819050201

【後方の山は浅間隠山】・・・角落山山頂で

 

|

« 「夏の大三角」が見つかれば織姫と彦星が分かる | トップページ | 年末まで「明けの明星」を見るチャンス »

高崎のいい所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夏の大三角」が見つかれば織姫と彦星が分かる | トップページ | 年末まで「明けの明星」を見るチャンス »