« ベアーはbearでなく、bareでほんの僅かの | トップページ | 今日は本当に暑かった »

2020年8月21日 (金)

アッジ・ボートガラム、ハム・パニーマンターハイ

Img_0682

 正午の室内温度は33°で、気圧は1013hPa、また、湿度35%です。時々エアコンを使ってます。高崎市では24日から小中学校が始まります。こんな猛暑の環境で勉強ができるでしょうか。そして、体力が維持できるでしょうか。せめて9月1日からが健康のため、学習効率のために良いと思います。

  私も24日から毎朝、地元小学校児童の登校をパトロールすることになってます。ところで、昔、インドで最も使った言葉はガラムとパニーでした。何でしょう。


 At noon, the room temperature is 33°, the atmospheric pressure is 1013 hPa, the humidity is 35%. I sometimes use the air conditioner. In Takasaki City, elementary and junior high schools will begin the 2nd semester at 24th. Is it possible to study in such a hot environment? And can student maintain their physical strength?

 I think it will be good for health and learning efficiency from September 1st at least. From 24th, I will also patrol the local elementary school children's school road every morning. By the way, in my old days, the most used words in India were Garam and Pany. Tell me the meaning.

Img_1117

 一方、今日から8月下旬です。最初、朝から賑やかだったミンミンゼミが姿を消し、その後、アブラゼミになり、ついに、夏の終わりを告げるようなツクツクボウシに変わっています。この蝉の鳴き方は私には「オーシンツクツク、オーシンツクツク、(夏は暑いので)モイヨース、モイヨース」と聞えてなりません。


  一方、夕刻から一晩中、虫の音が響き渡ってます。現在、庭は雑草が生えてるので鈴虫、コオロギなどにとって平和な棲みかになり、直に秋の夜長が始まります。人間による草むしりほど昆虫たちにとって恐ろしいことはないでしょう。


 It is late August from today. At first, the min-min-cicada which had been lively from the morning, disappeared now. Then it became Abra-cicada, and finally it turned into tsukutsukubohshi-cicada that I can hear sounds like the end of summer. "Aushintsukutsuku, Aushintsukutsuku, Moiyohsu, Moiyohsu (summer is no need due to hot)."

 On the other hand, the sound of insects is echoing during all night. Since weeds are growing in the garden now, so it became a peaceful habitat for bell-ringing-worms, crickets, etc. Nothing can be more scary for insects than weeding by humans.

タイトルはインドの言葉で、意味は「今日はとても暑いです。水が飲みたいです。ガラムは暑い、ボートは大変、パニーは水、ハムは私です。 

 

|

« ベアーはbearでなく、bareでほんの僅かの | トップページ | 今日は本当に暑かった »

インド生活の思いで」カテゴリの記事

コメント

先刻のコメントには言葉の乱れがありましたので、改めてコメントさせていただきます。

暑い暑い、暑いったらありゃしない。30度以上が真夏日、35度以上が猛暑日、40度の常態化もいわれている今日、40度を越えた時の名称を今から考えておく必要がある。「熱暑日」(ねっしょび)はいかがか。
 
 ガラムマサラというインドのミックススパイスがありますね。後学のために味見をしたいですね。

投稿: 激辛印度人 | 2020年8月21日 (金) 18時53分

激辛印度人さんへ・・・コメント有難うございます。高崎のインドカレー店に行くときは、二次会で行きますが、懐かしいヒンズー語を話すようにしてます。簡単なことですが、例えば「奥さまは今、日本にいるのですか、」や「今夜の会計はいくらですか。」「とても美味しかったです。」などです。
 仰せのガラムは暑いでなく、辛いの意味ですね。暑いも辛いも同じのようです。
 

投稿: カッキー | 2020年8月21日 (金) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベアーはbearでなく、bareでほんの僅かの | トップページ | 今日は本当に暑かった »