« 早朝、久しぶりに煌めく星の数々に感銘 | トップページ | 車の中に鍵を置き忘れないようにナビが言う »

2020年9月29日 (火)

旧暦は季節感が肌で感じられる

Photo_20200929060801
  
 あの凄かった猛暑はいつの間にか過ぎ去り、本格的な秋に向かっています。不思議なことにニュージーランドなど南半球ではこれから春が始まります。
  
 ところで、明後日は旧暦の8月15日で「中秋の名月」です。昔は旧暦のため、7月8月9月が秋でしたから8月が中秋です。毎年、中秋の名月の日は仏滅と決まってます。
   
 実は旧暦の2月15日も毎年仏滅です。私は旧暦の暦で生きると季節感が肌で感じられ、季節と生活がとても結びつくと感じてます。例えば、「桃の節句」には「庭のしだれ桃」が満開になります。旧暦3月3日は毎年必ず大安であります。
 
 That terrible heat wave has passed, and We are heading for a real autumn. Curiously, spring is about to begin now in the Southern Hemisphere, such as New Zealand.
 
 By the way, the day after tomorrow is the "Mid-Autumn Moon"or we say "Harvest Moon". Since it is in the lunar calendar, July, August and September were autumn, so August is Mid-Autumn. Every year, the harvest moon is decided to be an unlucky day.
  
 In fact, February 15th of the lunar calendar is also the unlucky day or what we call, Buddhist annihilation every year. If I live by mans of the lunar calendar, I can feel the sense of the seasons by my skin, and I think that the seasons and life are very connected. For example, "Peach Festival", that is, March 3rd of the lunar calendar, is always the lucky day and "Weeping Peach" in the garden is in full bloom.
  
上の英文をドラッグしてコピし、次に貼り付けるとネイティブによる発音が聞けます。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« 早朝、久しぶりに煌めく星の数々に感銘 | トップページ | 車の中に鍵を置き忘れないようにナビが言う »

地球」カテゴリの記事

コメント

 庭の金木犀は、蕾が付いている程度なのに、街中で、今年初めて、どこからともなく風に吹かれてやって来る金木犀の香りをキャッチしました。仄かな静かな香りです。本格的な秋の到来を感じます。
 終わりが近いオシロイバナが本当にけなげに黙って咲いてます。

投稿: 小鼻 | 2020年9月29日 (火) 15時56分

小鼻さんへ・・・我が庭の金木犀は未だ咲いていません。例年は秋分の日の前後に既に咲いてました。貴殿の地区で仄かな香りを感じられたなら、こちらでも直に咲くでしょう。樹木そのものは元気がよいので、もう少し待ってみます。
 我が家の金木犀はもしかすると樹齢100年以上かもしれません。私が子供のときから裏庭にあったものを、今から57年前に私が今の屋敷にリヤカーで運びました。これからも大切に育てます。もしかすると私が生れる以前にすでに他界し、私が会ったことのない祖父が植えた可能性もあります。父によく聞いておけば良かったです。

投稿: カッキー | 2020年9月29日 (火) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝、久しぶりに煌めく星の数々に感銘 | トップページ | 車の中に鍵を置き忘れないようにナビが言う »