« 群馬の山岳はいよいよ紅葉真っ盛り | トップページ | 紅葉の榛名湖畔 »

2020年10月31日 (土)

早朝、東に金星が、同時に西に火星が見える

Photo_20201031043901
【画像を拡大してご覧ください。】
 
 今の時期、早朝の天体では誠に珍しい光景が見られます。午前4時頃に東の空には「明けの明星」金星が輝き、同時に、反対方向の西の空には橙色に輝く火星が見えます。
 
 このような現象は私たちの生涯にそれほど幾度も見られることではありません。これからの季節は小春日和に入るので天気が安定し、この天体現象がもう少しの期間、見られるかもしれません。
 
 今朝は誠によく晴れ渡り、巨大な「冬のダイアモンド」が日本列島の頭上にあり、その近くにはスバル星団が輝いています。人類が眠っている間に天体では珍しい配置が繰り広げられてます。写真は10月31日午前4時の地球の姿・・・アースビューより
  
 Currently, in the early morning ,we can see a truly unusual sight of celestial bodies.  Around 4 am, the "dawn star" Venus shines in the eastern sky, and at the same time, in the opposite direction, the orange shining Mars can be seen in the western sky. 
 
 Such a phenomenon is not seen so many times in our lives. The weather will be stable and this celestial phenomenon will be seen during the near future, because the Indian summer begins in the coming season. 
 
 It cleared up well this morning with a huge "Winter Diamond" above the Japanese archipelago, near which the Pleiades cluster is shining. While human beings are sleeping, a rare arrangement is spreaded in the sky. The photo shows the appearance of the earth at 4:00 am, Japan time on October 31st ... from Earth View
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 群馬の山岳はいよいよ紅葉真っ盛り | トップページ | 紅葉の榛名湖畔 »

惑星の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬の山岳はいよいよ紅葉真っ盛り | トップページ | 紅葉の榛名湖畔 »