« 暫くぶりに「榛東温泉」に寛ぐ | トップページ | 安全運転の基本は運転に適した靴を履く »

2020年10月25日 (日)

自転も公転も反時計回りしている地球

Photo_20201025035201
 
 今朝は日の出前から、よく晴れ上がり天空を見上げると「冬のダイアモンド」が日本列島を覆い被さるかの如く輝いていました。これからますますよく見えるのでご覧くださいね。その巨大さに驚くでしょう。そして西には橙色したこれまた大接近中の「火星」が一際明るく輝いてます。
 
 ところで、地球は反時計回りに自転してたり、反時計回りに公転していると言われますが、何故それが分かるのでしょう。
 
 その理由は自転については、時間と共に天体が東から西に移動するからです。公転については、月日と共に天体が東から西に移動するからです。これから無窮の天空に広がる星空が誠に美しく見えるので、しみじみ観察しましょう。
 
 
 Before daybreak this morning, it cleared up and I looked up at the sky, the "Winter diamond" shined as if they covered the Japanese archipelago. From now on, please look as it shines better . You will be amazed at its huge size. And in the west, the orange-colored "Mars" which is approaching to our earth is shining brightly.
 
 By the way, it is said that the earth rotates counterclockwise or revolves counterclockwise. Why do human beings know that?
 
 The reason is that about the rotation, celestial bodies move from east to west with the passage of time. As for the revolution, the celestial body moves from east to west with the passage of day or month. From now on, the infinite constellations will look really beautiful, so shall we observe it deeply and quietly?
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 暫くぶりに「榛東温泉」に寛ぐ | トップページ | 安全運転の基本は運転に適した靴を履く »

自然界の不思議」カテゴリの記事

コメント

趣味・芸術・学問・信念などの話しは「清談」。お庭に造った、カフェテラスで氣の合った二人で夜空を見上げて「星談」すれば、これもまた「清談」の境地。

投稿: 清康 | 2020年10月25日 (日) 07時54分

清康さんへ・・・多くの植物に囲まれ、春には2月~5月まで花が絶えることのないカフェテラスの環境は整いつつあります。ここで取りとめのない、音楽など幅広い、時には英語でなど永遠の会話が続けば人生は冥利・・・最高の充足感と幸福感・・・に尽きるでしょう。
 いろいろ考えても、人間とは会話こそ、いかにも人間らしい楽しみがあります。そうだ、話をする相手を見つけましょう。

投稿: カッキー | 2020年10月25日 (日) 09時31分

「自転も公転も反時計回りしている地球!」
回転寿司を食べながら地球の運動を考える。ケプラーの法則を検証する。

投稿: 天文館 | 2020年10月26日 (月) 08時03分

天文館さんへ・・・コメントに感謝いたします。回転寿司には最近あまり行きませんが、どっち回りでしょう。
 それにしても、ケプラーの法則とは、よくそれを考えついたと驚きます。
 その一つが、「惑星の公転中、それによってできる太陽とその惑星がつくる面積は、時間が同じならば等しい。」とは私など凡人には到底考えられません。公転軌道が楕円形であることから、このことが考えられたのでしょう。

投稿: カッキー | 2020年10月26日 (月) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暫くぶりに「榛東温泉」に寛ぐ | トップページ | 安全運転の基本は運転に適した靴を履く »