« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月30日 (月)

柔らかいラクダのこぶ・・・乗ったら掴っても駄目

Img_1435

【急峻な万里の長城で】

 以前に中国内モンゴルへ1人で行ったことがあります。レース鳩を飼っていたとき、1羽の鳩が方向を間違えて高崎から2500Kも遠い内モンゴルまで飛んで行ってしまったことが鳩を手にした中国の人からの手紙で分かりました。

 先方は、脚環についてた私の住所を手掛かりに手紙を送ってきました。それ以来、手紙による交流を続けていたら、先方から「鳩はあなたに会いたがってます。」とのことが書いてあり、これを機会に私も中国語の日常会話を習い始め、中国内モンゴル自治区へ行く決心をしました。

 たまたま、私の家の近所に中国の若い人が住んでいたことから、休日など彼を呼んで親しくビールを飲みながら、中国のことを訊いたり、簡単な中国語で、例えば、「これはいくらですか。」「トイレはどこですか。」「レース鳩は好きですか。」「食事をしましょう。」「ご親切に感謝します。」などを口からすぐ出るように教わりました。

 このちょっとした言葉が現地に行ってすごく役立ちました。中国語の文字は漢字のみで日本語とほとんど同じでも、文章の語順が日本語とは逆で、目的語を後から言います。その点、中国語と英語に共通点があります。

 ところで、内モンゴルに在住で、高崎から飛んで行った私の鳩を飼っていた張宝崑【ツァンパオクン】さんは私をすごく歓待して下さり、内モンゴルの知事に相当する人や地元の鳩協会の会長さんなどもお見えになり、歓迎会を開いてくれました。

 たまたま、私は当時、勤務してた学校で世界の国歌を教えていたことから中国の国歌も知っており、歓迎会で歌ったら皆さん感激して下さり、より親密度が増し、そのためか60度の強いお酒を幾度も注がれ、流石の私も参りました。

Img_1432

【大草原でラクダに乗る】

 滞在中、張さんに内モンゴルの特徴である大草原に連れてってもらい、移動式住まいのパオの中で宿泊しました。大草原は海抜が2000m程あると推測でき、真夏であっても、夜間は涼しく、星座が降るように輝き、空気がきれいなことが分かります。

 大草原には羊が無数に飼われていて、その晩の食事は羊の肉です。ここでも強いお酒で、乾杯に次ぐ乾杯で、私も日本にいる間、お酒が好きな方でしたが、中国の方々には太刀打ちできず、もっと日本でお酒を鍛えておけば良かったと思いました。

 ところで、生れて初めてラクダに乗りました。写真の通り、ラクダを引く人がいるので何処かへ行ってしまう心配はありません。ところが、ラクダに乗るときが大変です。

 何が大変かと言うと、ラクダは人を乗せるとき座ります。そして私が乗った後、ラクダは立つとき初めに前足で立ち始め、その後、後ろ脚で立つことから、もの凄く前後に揺れるのです。こぶが二つあったので、その間に乗りましたが、ラクダは背が高いので、乗ると位置が高くて景色は良いですが、歩いてるときも揺れて揺れて、つい落ちそうになります。

 背中のこぶに掴まればよいと思って思わず掴りますが、こぶの中には骨のように硬いものはなく、こぶは30㎝ほどの大きさでも、我々の耳たぶのように、ふにゃふにゃしてて掴まっても要を成しません。こぶの中は栄養を蓄えたも内臓のようです。砂漠の長い道のり歩いて食料がなくても中身がエネルギーになり長距離を歩けるようです。

 北京駅から内モンゴルの集寧【チーニン】までは大陸横断鉄道でも10時間以上かかり、途中は急勾配のため列車が登れず、バックして動き始める所謂スイッチバックがありました。

 まるで元来た方向へ戻る感じでしたが、この方式で標高の高い内モンゴルへ登って行きます。途中で見る万里の長城は1本ではなく、何重にもありました。建設して2000年も経ってるのに、その姿を今に伝え、素晴らしい人類の遺産と感じます。

 私の家から日本海を渡り、万里の長城を飛び越え、内モンゴルまで飛んで行った鳩はこれも何かの縁で「中国のレース鳩界で活躍しなさい」と鳩を手に取り、心で伝え、永遠の別れをしました。鳩の名は張さんと私で「中日友好号と」命名しました。

  

| | コメント (0)

日々、次第に美味しそうな色に変化する蜜柑

Img_1300_20201130053501
Img_1386_20201207075401
 
 写真は同じみかんの木で、毎日見ています。しかし、日をおいて比較してみると秋の深まりと共に、色がかなり変化していることが分かります。野生の鳥たちが見ると、本能的にこの変化は甘くなってることに気づくのでしょう。金柑も同じで鳥が啄ばんだ痕が見受けられます。
 
 栄養素として、みかんにはビタミンCが多く含まれ、免疫力を高め、風邪予防や動脈硬化を予防する働きがあると言われてます。
 
 子供の頃は8人の家族と共に炬燵にあたっておしゃべりしつつ、みかんを食べた楽しい思い出があります。皆、どこへ行ってしまったのだろう。
 
 The photo shows the same tangerine tree which I see every day. However, if comparing them day by day, as autumn deepens, I noticed that the color has changed considerably. Wild birds will instinctively notice that this change becomes sweetened. The same as kumquats, I noticed traces of bird's picking.
  
 As a nutrient, tangerine is rich in vitamin C that is said to boost immunity and preventing cold and arteriosclerosis.
 
 When I was a kid, I had fun memories of eating tangerines while chatting with a family of eight at a kotatsu that is a Japanese traditional foot warmer. Where have they all gone?
 

| | コメント (2)

2020年11月29日 (日)

距離も直径も400倍・・・宇宙空間の相似形

Aki4
 
 皆さん、今宵の月は満月で美しいです。遠い宇宙から見ると、今宵は太陽~地球~月が一直線に並んでます。ところで、地球から月までの距離が約38万Kmに対して、地球から太陽までは約1億5千万Kmあるので、距離の割合は約400倍です。
 
 因みに偶然にも、太陽の直径は月の400倍あります。つまり、宇宙空間に相似形ができるので太陽も月も見かけ上、ほぼ同じ大きさに見えます。今宵、月を眺めつつ、私たちも大宇宙に浮いてることを実感しましょう。今日は旧暦の10月15日です。
 
 Everyone, tonight's moon is a full moon and beautiful beyond description. If we see from a remote universe, the sun, the earth, and the moon are lined up in a straight line tonight. By the way, the distance between the moon and the earth is 380,000 km, while the distance between the sun and the earth is 150 million km, so the ratio of the distance is about 400 times.
  
 By the way, by chance, the diameter of the sun is 400 times that of the moon. In other words, because a similitude are formed in the outer space, in appearance, the sun and the moon appear to be the same size. Let's realize that we are floating in the universe while looking at the marvelous moon tonight. Today is October 15th of the lunar calendar.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

早朝の運動と寒さは血圧にマイナス

Img_1089_20201129071501
 
 一般的に、早朝血圧が高いのは日中と比較して、就寝中は呼吸が浅いことから肺によるガス交換が少ないためと考えられます。 また、寒いときは血管が縮む傾向で血圧が高くなるようです。
 
 今年も残すところ32日になり、今朝の日の出は群馬県で6時35分です。毎朝、地区の人たちと公園で行ってるラジオ体操が始まる時間は大分暗くなり、それに加えて寒さが比例しています。
  
 健康のために行っていても、血圧を考えるとマイナスと考え、私は11月いっぱいで参加を休み、暖かくなる春まで自宅で行ないます。取り敢えず今朝と明日は参加します。そのかわり、暖かい日中に筋トレ、ウォーキングを積極的に行ないます。
 
 また、ピアノを弾く目的は本来、精神の充実のためですが、結果的に末端神経の健康になるので毎日練習します。
 
 In general, the cause of high blood pressure in the early morning is thought to be that gas exchange by the lungs is less due to shallow breathing during sleeping time compared to daytime. Also, when it is cold, blood vessels tend to shrink and blood pressure seems to rise.
 
 There are only 32 days left this year, and the sunrise this morning is 6:35 in Gumma prefecture. Every morning, when the radio gymnastics held in the park with the people in the district became much darker, plus the cold is proportional.
 
 Even if I do for my health, I think it is negative considering my blood pressure, so I will take a break the participation after December, and I will do at home until the warm spring. For the time being, I will participate this morning and tomorrow. Instead, I will actively perform muscle training and walking during warm days.
  
 And the purpose of playing the piano is originally to enrich the mind, but as a result, the end nerve becomes healthy, so I practice every day.
 

| | コメント (2)

2020年11月28日 (土)

移ろい菊に背中押されて・・・上毛新聞「ひろば」

Photo_20201128095601

 このブログに時々コメントされる通称「時計屋の近く」さんの投稿文が、本日、群馬県の上毛新聞「ひろば」欄に掲載されました。

 誠におめでとうございます。群馬県以外の方々にも、このブログを介して紹介いたします。

 以下は投稿文です。

 庭に咲く白、黄、赤の小菊が、初冬の陽を浴びて柔らかい色合いの変化の妙を楽しませてくれる。白から黄へ色変わりし、赤みを帯びていく。開花した白い花弁が次第に端から紫に色移りしていく菊もある。

 霜にあたって紫色になる白菊を、特に「移ろい菊」と呼ぶそうだ。何とひそやかな呼び名だろう。

 色かはる秋の菊をば一年に再びにほふ花とこそ見れ(古今和歌集)

 平安貴族はその風情を歌に詠み、色変わりする菊を、1年に2度咲くと言ってめでている。盛りの白菊が、高貴な色の紫に変わることに美しさを見いだし、2度の盛りを見せる姿に強い生命力を感じたのだろう。

 散歩の折、目にした3本立ての大輪の白菊は、このところの冷え込みで紫にお召し替えを始めていた。「移ろい菊」がこれからも老いの花を咲かせ、美しく晩年を生きよ、と私を奮い立たせてくれているような気がした。

 

| | コメント (4)

残された石を通して、古代人の生活を考える

Img_1413
【拡大してご覧ください】
 
 一般家庭として、私の庭には石がたくさんあると思います。以前の家から引っ越してきたとき、20才の私がリャーカーで大きな石を何度も運んだからです。その殆どは現在、築山の石垣になったり、庭石として玄関への道の両側に並べてあります。
 
 一方、元々、今の庭にあった石は比較的小さいものです。その中に古代人がまな板として、硬い実を砕いたのではないかと想像される石もあります。ご覧の石がそれで、正確な楕円体です。遠い日本人の祖先が生活した証が感じられ、大切に保存しています。
 
 現在、世界中で感染症が流行して収まりません。古代人は悪性の伝染病で苦しんだとき、どのように対処したのでしょう。薬草だったのでしょうか。
 
 As a general family, I think there are many stones in my garden. When I was 20 years old, I moved from my old house, and carried large stones many times in a rear car. Now, most of them are used stone wall of artificial hill for plants and are lined up on both sides of the sidewalk to the entrance.
 
 On the other hand, the original stones here in the garden are relatively small. Some of the stones are supposed to had used as cutting board to crush seeds by ancient people. That is the stone you see, which is an exact ellipsoid. I feel the proof that Japanese distant ancestors lived here so that I keep it carefully.
  
 Currently, infectious diseases are prevalent all over the world and cannot be stopped. How did the ancients deal with malignant infectious diseases when they suffered? Did they find medicinal herbs?
 

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

晩秋の倉賀野緑地までストライドを意識して歩く

Img_1421
 
 午後4時から倉賀野緑地まで往復ウォーキングしました。ここへ行くのは暫くぶりでした。途中、休憩なしで丁度1時間かかりました。体調はよく、ウォーキング直後の脈拍は110です。不整脈は感じません。これは普段、階段の淵でキャフレイズしてる賜でしょう。それにしても景色は晩秋から初冬の侘びしい佇まいで、まるで現在の私の心境のようです。
 
 それでも、今日は新たな発見がありました。ここ緑地から烏川に沿って隣町の岩鼻まで歩けるようになりそうです。現在、広い護岸工事をしています。また、新たなウォーキングコースができそうです。今後もしっかりストライドを維持して歩きたい。
 
 From 4 pm, I walked back and forth to Kuragano Ryokuchi Greenery park after a long interval. There is no break on the way, and it took just one hour. I am in good physical condition, so my pulse rate is 110 measured immediately after walking, and there is no arrhythmia. This is the gift of the calf raising on the stairs. Even so, the scenery looks lonely appearance from late autumn to early winter, just like my present state of mind.
  
 However, I made a new discovery today. It seems that in the near future, we will be able to walk along the Karasu River to the neighboring town of Iwahana. Now is under the construction of revetment. New walking course will be possible. From now on, I want to maintain my stride and walk.

 

| | コメント (0)

車で通過しても、ウォーキングしても快い別天地

Img_1330_20201127101401
 
 最近、開通なった「新鏑川橋」へのアクセス道路を通過すると車は滑るように走ります。ウォーキングしても景色がよく、周辺はのどかで大きな建物がなく、正面に榛名山の全貌が望め、実に気持ちがよいです。それにしても、近年の道路建設は技術的に大変優れてます。この橋を通過すれば高崎市から藤岡市へすぐに行けるようになりました。
 
 現在も、アクセス道路の延長工事が続いており、高崎側も藤岡側も2~3年後にいっそう便利になります。ご覧の通り、今のところ車が少なく、全身の筋肉の維持増強のために小春日和の温かな日にはこの坂を腕を振りつつ、せっせせっせと登ります。やがてシベリアから飛来してくる白鳥たちといっしょに鏑川の自然を満喫したい。
 
 When I pass the access road to the recently opened "Shinkabra-River Bridge", the car will proceed like slide. Even if you walk, the scenery is good, there are no large buildings in the surrounding area, and you can see the whole view of Mt. Haruna in front of you that is one of the well-known mountains in Gumma prefecture. So you will be really comfortable. Even so, road construction in recent years is technically marvelous. If you pass this bridge, you can go from Takasaki-City to Fujioka-City immediately.
 
 Even now, the extensional construction of the access road is continuing, and it will be more convenient on both Takasaki and Fujioka side in a few years. As you can see, there aren't many cars so far so that I recommend you to walk here on warm days of Indian summer. I will swing arms back and fourth and climbing up the slope to maintain and strengthen the muscles of the whole body. I will enjoy the nature of the Kabra River with the swans coming from Siberia.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

昭和時代から愛読してる英文対照の天声人語

Img_1419

 時季的に、そろそろ「天声人語2020年の秋」が発売されることから、今日は友人・時計屋の隣さん宅の近くを通過し、戸田書店に行きました。昨日が初版の発売日であったことから、早速、この本を目指して本屋に行きましたが、店内に入ると今までと違う本棚に置いてあり、定員に尋ねてやっと手にしたときは嬉しかったです。それは、これから3ヶ月間、読めるからです。

 「天声人語」は1904年(明治37)年に、はじめて大阪朝日新聞(当時)の紙面に登場して以来、100年以上にわたって長期連載中の名物コラムで、今日でも朝日新聞朝刊1面に掲載されています。さまざまな時事問題をテーマとし、簡潔でわかりやすい論評に定評があります。

 扱われるテーマは国内外の事件・事故から社会問題、科学技術、日本文学に歴史までさまざまな領域を網羅し、日・英とも時事用語やことわざ、詩歌などを通して新しい言葉や表現が学べます。記事1本あたり約600字(和文)、約450ワード(英文)。気軽に読める長さなので、1日1テーマを無理なく英語学習が続けられます。

 内容は現代社会に対する論評や身の回りで起こった出来事を伝えるエッセイであり、映画の感想、紹介文なども様々な表現方法でつづられています。

Img_1420

 私がこの本を愛読し始めたのは高崎商業高校勤務の最後の年(昭和63年)に、AETとしてニュージーランドからMr. Barry Spenceが1年間、この学校に勤務し、高崎に住むことになった頃です。

 私は英語教員ではありませんが、何故か、校長から文科省へ彼ご一家を迎えに行くよう言われ、霞が関で初めて彼と彼のご家族に対面しました。その後、新幹線で高崎まで一緒に来て、結局その晩は私の家で過ごし、学校に近いアパートを借りるまで、暫く私の家にご家族ともども滞在してました。

 ほとんど日本語を話されないことから、私も拙い英語でいろいろ説明したり、たまたま彼もお酒が飲めるので、私の家族も一緒になって楽しい日々が続き、子供同士も仲良くなり、その後、アパートに住むようになってからも、土曜日の晩は我が家で食事会をしたものです。

 こんな体験を通して、一日中、学校でも会って話してるうちに、日本語も英語も上手下手と言う前に、交流する話の内容が大切であることに気づき、私は内心、遠大な目標を掲げるようになってました。

 それ以来、朝4時に起きては「どんなことでも日本語を英語に変換できる」ことを目標に生活する日々となり、平成時代になって私が転勤した富岡高校でも、今度はアイルランドからのAETとして Mr. Brendanを迎えました。

 一般的に、AETの先生は言葉の問題から、どうしても職員室の中で一人でいることが多く、寂しかったのではないでしょうか。私は時間があれば積極的に声をかけるように努めました。

 この考えはすべて、私が20代の頃、2年間、日本人学校勤務でインドに滞在してたことから、その間、インドの方々にいろいろお世話になったことが頭から離れず、AETとして日本のために来られた先生方に対しては、困ることがないよう助ける気持ちが強く働いてたのでしょう。

 このように外国人教師との交流体験を通して「英文対照の天声人語」は誠に理想の愛読書となり、国が違っていても、私たちは一つのテーマに対し、自分なりの意見・感想を持つことの大切さと、それを日本語でも英語でも発信できることが肝要と悟り、以来、目標はいつになっても達成できませんが、特に、和英辞典と首っ引きは今日まで続けてます。今後も一層、語彙を拡充しつつ、遠大な目標を目指してます。

  

| | コメント (2)

若き日を思い出しつつ、ピアノを弾く

Img_1308
 
 最初の就職でインドのカルカッタに滞在してました。4月に日本人学校に赴任し、やっと慣れてきた5月が夏休みだったので国が変われば年間スケジュールも異なります。若かったこともあり、ベンガル湾での海水浴などあちこちに出かけました。
 
 海岸ではビーチボーイと言う人がいてお金を払うと足の届かない沖まで手をつないで連れてってくれる商売があり、海の沖で泳ぎました。また、インド象が人を乗せてる光景をよく見ました。ですから、いまでも私の部屋に飾ってある12頭の象は若き日を思い出させてくれる象徴になってます。
  
 I stayed in Calcutta, India for my first job. I was assigned to a Japanese school as a teacher in April, and when I got used to stay there, it was summer vacation in May, if the nation changes, the annual academic schedule is different from Japan. Since I was young, I went to various places such as swimming in the Bay of Bengal.
 
 There was a beach boy on the seashore, his occupation is an unique business that took me to the offshore where I couldn't reach down to the bottom of the sea. I paid for it, and I swam off the coast of the sea. I also saw Indian elephants carrying a few people many times. Therefore, still now, the 12 elephants adorned in the room are the symbol that reminds me of the adolescence in India.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

開花を夢に、今は基礎固めの時期

Img_1411
 
 築山(別名・源平の丘)の頂上の池を直径1mほどに大きく広げました。高い所に水か溜まるので築山の隅々まで水が行き渡ります。現在は開花時期でなくとも、つまりステージなくとも、植物の根はこれから迎える冬の季節に土の中で成長します。肥料も施し、4ヶ月後に来る春のため今しっかり準備したいものです。
 
 人生においても、華やかなステージを夢見て、寒い冬の間にいろいろ積み重ねを必要とするときです。
  
 それにしても、森の中のように植物に囲まれて生きることは精神が落ち着き、人間の幸せではないでしょうか。初冬で寒いけれど、今日も庭づくりに精を出そう。
 
 The marsh at the top of artificial hill Tsukiyama (Gempei Hill) has been expanded by me to a diameter of about 1m. Since water collects in high place, water spreads to every corner of the artificial hill. Even if it is not the flowering season now, in other words, without the stage, the roots of the plant grows in the soil during winter season. I also apply fertilizer and prepare well now for the spring coming four months later.
 
 In life, I dream of a gorgeous stage, and during the cold winter, I accumulate various efforts, for example, to expand English vocabulary and piano practice.
  
 Even so, human happiness may be found in living with nature surrounded by plants like a forest. It's cold in early winter now, but I will devote myself to gardening today as well.
 
日本文と英文に若干の相違があります。
 

| | コメント (2)

2020年11月24日 (火)

年を重ねるほど筋肉トレの重要性を悟る

Img_1416
 
 家で時間があると筋トレしてます。私の考えでは「生活することとは要するに筋肉を使うこと」です。私たちの身体には無意識に働く呼吸筋を初め、多くの筋肉が取り巻いてます。同じ種類の筋トレのみでなく、押したり持ち上げたりのほか、最近では引く力を鍛え、バランスを考えトレーニングします。
 
 引く力を鍛えるには筋トレ用のゴムを使います。引くことは結構楽しいです。1セット20回引きます。
 
 いかに昔の考えから脱却できるかどうかです。今では学術的にも、年令が増すほど筋トレの必要性が叫ばれています。なお、筋トレ後は牛乳を飲みます。
 
 実は、筋肉が増えると安定した歌声になります。つまり、生活の質が向上します。
 
 When I have time at home, I do muscle training. I am of the opinion that "living is basically using muscles." Many muscles surround our body including the unconsciously moving respiratory muscles. Not only the same type of muscle training like pushing and lifting, but recently I train pulling force as well with a well-balanced method.
 
 I use the rubber for training. It's fun to pull. Drawing 20 times per set.

  How can we get rid of the fixed ideas? Nowadays, academically, the need for muscle training is being called out as the age increases. After muscle training, it is effective to drink milk.
 
 In fact, when gaining muscles, we will have a stable singing voice. In other words, it improves our quality of life.

 

| | コメント (0)

今の時期、早朝には金星、火星は一晩中見える

Img_1414
 
 今の時期、早朝の東の空に金星が一際明るく輝いてます。「明けの明星」と言われ、暫くの期間は見えてます。地球からの距離は推定1億5千万㎞です。夜空を見上げると、現在は惑星のオンパレードで、夕刻は西南の空に木星と土星が並び、南東の空高くに橙色した火星が未だ地球に接近中です。
 
 空気が澄んでる初冬は未明に巨大な「冬のダイアモンド」がすでに日本列島の頭上に来ています。スバル星団もほぼ真上に正にクラスターになってます。画像は拡大してご覧ください。
 
At this time of year, Venus is shining brightly in the eastern sky in the early morning. It is called "Dawn star". We can see it for a while. The distance from the earth is estimated to be 150 million km. Looking up at the night sky, it is now the on-parade of planets. In the evening, Jupiter and Saturn line up in the southwestern sky, and orange Mars is still approaching to our earth in the southeastern high sky.
  
 In early winter when the air is clear, a huge "Winter Diamond" has already arrived above the Japanese archipelago before dawn. The Subaru is also clustered almost directly above us. Please enlarge the image.
 

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

巨大なクレーターが見える今宵の月面

Img_1410
 
 今日の午後4時に撮った9日目の月です。空気が澄んでるので拡大すると下の方にクレーターが見えます。
 
 現在の学説ではこれらのクレーターは火山の爆発によるものでなく、彗星や小惑星が衝突した痕と考えられてます。しかし、真実は人類に分からぬことです。
  
  クレーターの直径は200kmほどであり、関東平野がすっぽり入るほどの巨大なものです。クレーターができてから20億年ほど経っていると考えられ、人類の歴史とは比較にならない遠い昔です。しかし、現実に今でも地球から見えることは神秘なことです。
 
 Tonight's phase of the moon is 9th day taken by me at 4 pm, Japan time. When you zoom in, you can see the crater at the bottom because the air is clear.
 
 According to current theory, these craters are not due to volcanic eruptions, but are traces of comet or asteroid collisions. But the truth is that humanity does not know.
 
 The diameter of the crater is about 200km, and it is so huge the same as Kanto plain in Japan. It is thought that about 2 billion years have passed since the crater was created, and it is a long time ago that is incomparable to the history of humankind. However, it is mysterious that we can still see from the earth in reality.
 
 ※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

大腸を制する者は健康を制する・辨野先生の言葉

Img_1312

【群馬県・榛名山系・・・左の尖ってるのが相馬岳、右端が水沢山】

 NHKラジオ第一で月~金の朝5時35分ころからの健康番組をよく聞いてます。先週のテーマは、多くの人が悩んでいると想われる便秘についてでした。

 講師はその名も辨野先生です。その道の第一人者です。

 現代は食物の欧米化が進み、カロリーが高く、美味しくて比較的柔らかい食品が多くなったことから、噛む回数も少なくて済むようになりました。若い人でも便秘に苦しんでる人は多い傾向と言われます。

 タイトルが示す通り、大腸は私たちの健康を左右し、大腸により心の状態までも良くもなったり悪くもなったりするようです。

 ところで、「大腸の健康とは要するに理想の便が定期的に出るかどうか」です。毎日がよいですが、私の考えでは必ずしも毎日でなくとも、1日おきでもよいと思います。要は、排便後、お腹がすっきりしたり、いわゆる爽快感があることが大切と考えます。

 以下は辨野先生の話の内容のまとめです。

 1、多種の野菜、海藻類、そして豆類を食べること。

 2、外に出かけ、身体をよく動かし、特に階段など登り、足腰を鍛えることが「便を押し出すインナーマスルが鍛えられる。」

 3、平素から「人と人とのつながりが重要」で、日々、精神状態がよいこと。

 一方、私が平素励行してる便秘対策は下記の通りです。

 1、朝食を量的にもしっかり摂る。私は概してご飯に納豆です。納豆にはメカブを混ぜます。また、多くの野菜を入れた豆腐の味噌汁です。

 2、就寝前にコップ一杯の水を飲む。・・昔から宝水と言われてる。

 3、ウォーキングと筋トレは日々行なってます。

 一方、抗酸化作用として早朝の空腹時に、コップ一杯の人参ジュース【βーカロチン】、又はトマトを中心とした野菜ジュース【リコピン】を飲みます。もちろん便秘対策としても効果があります。

 

| | コメント (0)

2020年11月22日 (日)

洗車してから吉井ドリームセンターへ

Img_1404
 
 今日は天気が良いので、先程、庭で洗車しました。洗車したら乗りたくなったので、これから吉井ドリームセンターまでドライブします。どうぞ、助手席に乗った気分になって下さい。音楽はシューベルトのアンプロンプチュです。途中でランチしましょう。
 
 
 The weather is fine today, so I just washed the car in the garden. After washing the car, I wanted to ride it, so I will drive to the Yoshii Dream Center. Please feel like you are in the passenger seat. The music is Schubert's Ampronpchu. Let's have lunch on the way.
 

| | コメント (4)

今日は二十四節気で「小雪」・・・紅葉から落葉へ

Photo_20201122065401
 
 今日は二十四節気の一つ「小雪」です。実際、太陽は動きませんが、公転してる私たちの地球から見る今日の太陽の位置は「さそり座」の鋏付近です。日中は眩しくて見えません。しかし、大平原や砂漠において日没後であれば「さそり座」の尾が見えるでしょう。
 
 地球が反時計回りに公転していることから、今日の太陽は春分点から東へ240°移動した位置に見え、そこは赤経16hです。
  
 冬至になると太陽は赤経18hに進みます。日本はこれからますます昼間の時間が短くなります。今日の日中の時間は10時間04分(群馬県)です。
 
Img_1403  
 ところで、これは何の葉でしょう。直径が13㎝位の大きな葉です。日本列島は、昨日は西高東低の気圧配置になり、群馬県高崎市でも一日中、北西の強い風が吹いていました。このため、これと同じ葉が推定500枚ほど落ちました。
 
 道路に落ちた葉は拾い、庭に落ちた葉は明日でも集めて、ゴミにせず、源平の丘【築山】に積み重ね、上から土を撒いて肥料にします。可能な限り循環型自然環境をめざします。1人で黙々と寂しそうに作業する私を想像して下さい。こんな私でも夢を持って生きてます。ところで、この葉はハクモクレンです。
 
 Today is "Shosetsu"which is one of the 24 solar calendars. In fact, the sun does not move, but today's position of the sun as seen from our revolving earth is near the "Scorpio". It is dazzling so that it is invisible during the day. However, in the great plains or deserts, you will see the tail of constellation of "Scorpio" after sunset.
  
 Because the earth is revolving counterclockwise, today's sun moved to 240 ° from the vernal equinox and Right Ascension is 16h.
 
 At the winter solstice, the sun advances to RA 18h. In Japan, the daytime will be shorter and shorter. Today's daytime time is 10 hours 04 minutes in Gumma prefecture.
 
 On the other hand, please tell me about this big leaf. Its diameter is about 13 cm. The Japanese archipelago has been in an atmospheric pressure distribution of high west and low east since yesterday. So in Takasaki City, Gumma Prefecture, Japan, the strong northwest wind was blowing all day long. For this reason, estimated 500 leaves of the same tree fell.
  
 I picked up leaves that have fallen on the road and leaves that have fallen in the garden will be collected by me tomorrow. Instead of being trashed, I will pile up it and collect on Genpei Hill that means artificial mountain for plant and soil will be sprinkled from above as fertilizer. I will aim at recycling natural environment as much as possible. Imagine me who is working alone silently and lonely. However, since the day is long, after working, I also practice Haydn's piano sonata. Even like this, I will live with a dream that comes true next year. By the way, this leaf is white magnolia.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

きれいな朝焼け・・・昨日の朝

Img_1396
 
 写真は昨日の朝、東の空を撮ったものです。天気の諺に「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」があります。これは昔の人の経験によって言い伝えられてます。気象学的にもかなり合ってるようです。
 
 日本の上空は西から東へ流れる偏西風の影響を受けることから、東に朝焼けがあると、すでに低気圧の雲が来ていることになり、昨日は日中、断続的に雨模様になりました。
  
 私の東隣の家には誰もいませんが、日中、洗った靴が外に干してあり、私は濡れない所に移動しておきました。今日は一日中よく晴れそうです。
 
 The photo is eastern sky taken by me yesterday morning. The saying of the weather is "rainy morning glow, sunny evening glow". This is created by the experience of old people. It seems to be meteorologically correct.
  
 The sky above Japanese archipelago is affected by the westerlies that flow from west to east, so if there is a morning glow in the east, low-pressure clouds had already arrived. Therefore, yesterday it rained intermittently during the day.
 
 There is no one in the neighbor's house to my east, but the washed shoes were dried outside so that I have moved them to a place where it will not get wet. It will be sunny all day long today.
 

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

何と言っても十分な車間距離・・・安全運転の基本

Img_1315
 
 新車になって約100日が経ちましたが、昔のように通勤で乗らないので走行距離が伸びず、やっと1600Kほどです。以前の黄色と同様に運転席の視界が広く、運転しやすいです。最近、左目の白内障を手術したため前方がはっきり見え、運転にプラスになりました。
 
 安全のために、広い道を選択することと車間距離を守ってます。むやみに車線変更しません。免許を取得して半世紀近くですが、自分の保険を使ったことは未だ一度もありません。
 
 以前の車と言い方が異なる英語版ナビにも慣れて来ました。今日は高前バイパス経由で榛東温泉に行き血流をよくしました。
 
 It's been about 100 days since I purchased a new car as you see in the photo, but the mileage doesn't increase because I don't commute to work like I used to, so that it's only about 1600km. The same as my previous yellow TT, the driver's seat has a wide visibility so it is easy for me to drive. Recently, I had a cataract operation on my left eye, so I could see ahead clearly than before, so the surgery made a plus for driving.
 
 For my safety driving, I choose a wide road and keep the distance between cars. I do not change lanes unnecessarily. I've got the license for almost half a century ago, but I've never used my insurance.
 
 I have accustomed to the navigation system in English version which is different from the previous car's guidance. Today I went to Shinto Spa via Takamae Bypass to improve blood circulation.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

西御荷鉾の山頂で雪合戦・・・憶えているだろうか

Img_1324
 
 写真は私のウォーキングコースです。高崎市や前橋市から南によく見える二つの峰は、東御荷鉾(みかぼ)と西御荷鉾です。昭和時代に私が高崎商業高校吹奏楽部の顧問をしてたとき、冬休みにこの近くで合宿し、レクレーションで全員が西御荷鉾山に登りました。標高1286mある頂上は広場になっており、この日は快晴で高い位置から高崎などがよく見え、景色は最高。
 
 たまたま雪が積っていたことから金管打楽器群対木管群に分かれて雪合戦になりました。実際にはこの時とばかり、後輩は先輩を目がけ、女子は男子を目がけて投げてました。
 
 当時の生徒さんたちもすでに50代半ば。今でも御荷鉾山の山容を見るたびに頂上で雪合戦したことや、音楽に燃えた青春時代を思い出しているだろうか。
 
 The photo is one of my walking courses. The two peaks that can be seen to the south from Takasaki City and Maebashi City are Mt. East-Mikabo and Mt. West-Mikabo. When I was a teacher of Takasaki High School of Commerce Wind Orchestra in the Showa era(1926~1989), we camped near here during the winter vacation. At that time, all of members climbed Mt. West-Mikabo as a recreation. The summit at an altitude of 1286m is a spacious place, and on this day it was fine so that we could see Takasaki-city from a high position and the scenery is the best and the ground was snowy.
 
 Therefore students were divided into a brass group including percussion and a woodwind group, so they played a snowball fight. Actually, just at this time, the juniors aimed at the seniors, and the girls threw at the boys.
 
 Now, the students at that time are already in their mid-50s. Do they still remember the snowball fight at the summit when seeing Mt. Mikabo and their adolescence burning with music?
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2020年11月19日 (木)

西南の空でランデヴー

Img_1395
 
 今宵、西南の空には三日月、木星、土星が一緒に輝いてます。このように見えるのは、遠い宇宙から眺めれば、私たちの地球と三つの天体が直線に近い所に並んでいることになります。また、南東の空には天高く橙色した火星が輝いてます。
 
 明朝は東の空に金星【明けの明星】が見えます。ですから、今の時期、惑星がよく見えてます。
 
Tonight, the crescent moon, Jupiter, and Saturn are shining together in the southwestern sky. What looks like this is that our Earth and three celestial bodies are lined up near a straight line when viewed from a distant universe. In addition, Mars, which is quite high and orange, is shining in the southeastern sky.
 
 Venus [Dawn Star] will be seen in the eastern sky tomorrow morning. Therefore, we can see the planets well at this season.
 

| | コメント (0)

筋肉増強には引く力も鍛錬

Img_1392

【画像を拡大してご覧下さい。】

 国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2019年、高齢者【65才以上】の総人口に占める割合を国別に比較すると、日本は28.4%で世界で最も高く、次いでイタリア23%、ポルトガル22.4%などとなってます。

 日本では、全人口に対する高齢者の割合は今後も上昇を続け、2025年には30.0%になり、第2次ベビーブーム期(1971年~1974年)に生まれた世代が65歳以上になる2040年には、35.3%になると見込まれています。

 ですから、日本は3人に1人が高齢者となる超高齢化時代に突入します。年金問題一つを考えても、働く現役世代が減る一方で、高齢者がますます増え、次第に行き詰ってゆとりのない時代が迫ってると言えます。

 他方、都市部のみならず、地方においても核家族化が進んでおり、この環境下で特に健康面において高齢の患者数が増え、医療も崩壊の危機に晒されることは今回のコロナ禍を見ても、その可能性は十分に考えられます。

 私たち高齢者にとって、今後の健康面こそ生活の基盤です。日々、努力して自ら体力を温存したり、改善しなくてはなりません。それには規則正しい食習慣であり、適度な運動と考えます。併せて、精神の充実が必要で、昔から続けてる趣味や芸術、新たに挑戦してる分野など好きな物事に集中できる時間を持つことでしょう。

 ところで、以上のような近未来の社会情勢や、一般的に体力が減退する状況を鑑み、週2~3回のトレーニングが欠かせません。いつまでも歩けるための簡単なトレーニングはウォーキングです。散歩より少々速めの歩きです。併せて、上半身の筋肉を増すには学生時代に習った「ルーの法則」を思い出し、実践したいものです。

 ※ルーの法則を簡潔に言えば「筋肉の機能は適度に使うと発達し、使わなければ退化し、過度に使えば障害を起こす」というものです。

 一般的に筋肉を鍛えるのは若い人や、スポーツ選手と思われ、高齢者には関係ないようことのに思われがちですが、とんでもありません。高齢になってこそ筋肉量の維持が基盤であり、呼吸するにも呼吸筋が働いてるように、食物を飲み込むにも、バランスを取るにもすべて筋肉が成せる業です。ですから動くことはすべて筋肉が働いてこそ可能ということで「年令を重ねれば重ねるほど、筋肉を鍛えることが必要である。」は論をまたないです。

 私は機会さえあれば、家の内外で筋トレしてます。高齢になると陥りやすいのが猫背で、これを防ぐには壁に背を向けて姿勢をチェックすることに始まります。自分の現状を知れば自ずと効果がある方法を工夫するものです。これには背中を反る体操です。

 一方、私はダンベルや「てっぽう」を欠かしませんが、これらは概して押すトレーニングです。最近は逆に引くトレーニングも取り入れてます。筋肉は伸びたい縮んだりするので、この動きの両方をバランスよく鍛えます。引くには写真のようなトレーニング用ゴムが有効です。身体の向きを変えたり、腕の向きを工夫すると異なる筋肉が働いてることが分かります。皆さん、いつまでも自らの意志通りに動けるようトレーニングしましょう。

 

| | コメント (0)

今年はよく見かける庭のカマキリ

Img_1389
 
 今年は庭の植物に多くのカマキリを見かけます。この写真は昨日撮りました。昨年から藤や雪柳に黄色い袋のような形の卵の存在に気付いてました。おそらく、その中から子供が生まれたのでしょう。私は庭に農薬や除草剤を撒いてません。理由は人体にもよくないと考えるからです。
 
 それにしてもカマキリの触角と手足は長く、大きな目も特徴があり、草むらにいると保護色により簡単に見つけられません。一方、餌となる虫を獲る手は非常に発達してます。空中を飛べるのも狩りに便利です。触っても逃げず、ずっと秋の陽を浴びてます。餌となる虫の出現を待っているのでしょうか。それとも配偶者を捜しているのでしょうか。
 
 This year I find many praying mantis at the plants in the garden. This photo was taken by me yesterday. Since last year, I have noticed the existence of eggs shaped like yellow bag on wisteria and spirea. Perhaps children were born from it. Every year, I don't sprinkle agriculture chemical or herbicide in my garden. Because it is not good for the human's health as well.
 
 Even so, the mantis's antennae and limbs are long, and its large eyes are also characteristic, and it is difficult for me to find her in the grass due to its protective color. On the other hand, her hands that catch insects for feeding on are well developed. It is also convenient to fly in the air for hunting. She doesn't escape even if I touch her in the autumnal sunlight all the time. Maybe she is waiting for the appearance of insects or looking for the spouse the same as me.
 

| | コメント (2)

2020年11月18日 (水)

疎かになりがちな鼻の健康と嗅覚

Img_1236
 
 私たちは日頃から鼻呼吸の習慣を持ちたいものです。人の五感のうち、嗅覚はどうも軽く見られ、多くの情報は目と耳から入ります。パソコンやスマホを操る現代人は視覚に頼り過ぎて、もともと動物に劣る嗅覚がますます鈍る傾向です。風邪を引くと食事が美味しくないのは鼻の粘膜がやられてるからと考えられます。
 
  嗅ぐ力が弱まれば、食べ物の風味のみならず、人生まで色褪せかねません。鼻の値打ちは高さではなく、鼻呼吸を通じて嗅ぐ力を磨き、精神を元気にしたいものです。
  
 We want to have a habit of nasal breathing on a regular basis. Of the five human senses, the sense of smell is seen lightly, and much information comes from the eyes and ears. Modern people who operate personal computers and smartphones is relying excessively on their vision, and their sense of smell, which is already inferior to animals, tends to become dull. If we catch a cold, the food is not delicious, probably because our nasal membrane is damaged.
 
 If the ability to smell deteriorates, not only the flavor of food but also life may fade. The value of the nose is not determined by its long shape , but the ability to smell rejuvenates the spirit through nasal breathing.
 

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

抗酸化作用あるものを常飲

Img_1388
 
 偶然通りかかった黒沢病院で前立腺講演会が開催されることを知り、講義を受けました。その結果、癌を未然に防ぐにはトマト、大豆、そして人参がよいことを知りました。これらはリコピン、ビタミンE、βーカロチンなど抗酸化作用のある物質を含むので、以来、私は早朝など空腹時にコップ一杯飲むように心掛けてます。
 
 理由は空腹時は一気に胃から十二指腸へ入って行くからです。もう3年間も飲んでる野菜ジュースです。特に、真ん中のジュースは管理栄養士も推奨してます。右の充実野菜は人参中心で飲んだ後、胃がとてもすっきりします。
  
I knew that a prostate lecture would be held at Kurosawa Hospital in Takasaki-city where I passed by accident. And I took the lecture. As a result, I was taught that tomato, soybean, and carrot are effective for preventing cancer. Since these vegetables contain antioxidant such as lycopene, vitamin E, and β-carotene, I have been trying to drink alternately with a glass when an empty stomach, such as in the early morning.
 
 The reason is that it goes from the stomach into the duodenum at once when the empty stomach. So I've been drinking these vegetable juice for 3 years. In particular, the juice in the middle in the photo is also recommended by registered dietitians. The full vegetables on the right are mainly carrots, and after drinking, the stomach is very refreshed.
 

| | コメント (0)

植えた主亡き後も家族のため生り続ける「みかん」

Img_1386
 
 ラジオ体操会でインストラクターの先生から参加者全員にみかんが10個程ずつ配られました。写真の通り今年は隣の庭のみかんも鈴生りで、日に日に色濃くなってます。どこでも柑橘類が豊作のようです。私の庭の金柑も未だ食べられませんが、たくさん実をつけてます。
 
 庭にみかんが生ってる光景はとても豊かな気持ちになります。しかし、これを植えたご主人は5ヶ月前に他界されました。彼は広い意味で私の上司でもあったことから、とてもショックを受けてます。主なき後も家族のために、みかんはずっと生り続けます。一人暮らしの私も苗を植えたくなりました。
 
 At the radio gymnastic party, the instructor gave about 10 tangerines to all the participants. As you can see in the photo, the tangerines in the garden next door are also abundant. The color becomes clearer day by day. so it seems that citrus fruits are rich harvest everywhere. I still can't eat kumquat in my garden, but it bears a lot of fruit.
 
 The sight of tangerine growing in the garden makes me feel very rich in spirit. However, the planter Mr. Takano who planted it passed away five months ago. In a broad sense, he was also my boss, so I'm very shocked. Tangerine will continue to grow for the sake of his family even after he is out of this world. I who live alone also want to plant the seedlings.
 

| | コメント (2)

2020年11月16日 (月)

「継続は力なり」は好きな仕事であってこそ顕著

Img_1384

【語学学習によい天声人語対訳版】

 人生100年時代に突入し、退職後の有り余る「長い時間をどう過ごすか」は、それに直面する時間の差こそあれ、今後、老若男女にとって誰にも共通する課題です。

 これは現代社会が抱える一つの問題である「認知症対策」にも関連し、核家族化しつつある現代において、特に老後の一人暮らしが増加しつつあることから、退職後の生き方は誠に大きなテーマと言えます。

 この長い老後を心身ともに健やかに過ごすには、人それぞれの考えや嗜好に基づくことであっても、万人に共通することは★健康の維持、★経済の安定、★脳の活性化などです。

 このうち、健康維持と経済については、生活が維持できる水準であれば、そのまま年月が過ぎて行くものです。しかし、やがて歩行が困難になったり、いつかは自ら買い出しや、ゴミ出しができなくなったりするかもしれません。この場合、身寄りがいなければ近所の方々と互いに助け合うことになり、日頃から心からのお付き合いが大切です。

 前述のうち「脳の活性化」については、いかに日頃から物事を記憶する対象があったり、脳を能動的に使う習慣がポイントと考えます。これには大好きな仕事を一つや二つ持つと効果的で、逆に、一日中、テレビを見てたり、所謂、与えられる喜びのみに身を委ねたりすると、ますます受動的な生活に陥ります。

 衣食住について、なるべく人に頼よる生き方を避け、自ら積極的に生活することが脳を使い、これが未然に認知症を回避する道ではないでしょうか。しかし、現実には、ますます認知症が発生しつつあり、予想以上に大変な高齢化社会に突入しそうな現実が日本社会に迫ってます。

 厚生労働省研究班の調査では、8年前の時点で65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、約462万人に上ることが明らかになっています。 そして、5年後の2025年にはその数が730万人へ増加し、65歳以上の5人に1人が認知症を発症すると推計されています。 

 ところで、そう言う私は16年間という長期に亘り、一人暮らしを余儀なくされてます。それでも今のところ、どうにか健康であり、有難いです。

 結構、生活に張り合いがあり、前向きに日々を過ごし、夢まで持ってます。年令にしてはブログやフェイスブックに喜びを感じたり、毎朝、仲間と共に公園でラジオ体操を続け、何より、日々の学習として英作文に喜びを見い出してます。

 この年になっても、新たな英単語に挑戦し、大学ノートの単語帳はたくさん増えました。これは若き日のインド滞在や、その後、ホームステイ受け入れの体験から英作文の楽しみを今でも感じてるからでしょう。

 また、17才から始めたピアノもほぼ毎日弾いてます。難しい曲や速い曲でなく、私の実力に合ったものを選んでます。その他、今までのブログに記述したように、庭いじりが好きで多種の花木を世話し、その中でも、しだれ桃、シャクナゲ、花梅、サルスベリには開花と言う目的に向かって、年間を通じ水やりなどしてます。

 英作文もピアノ練習も花木の世話も、今までより更によくなることを目指し、あれこれ、いろいろ工夫することから脳は活動してると考えられます。ですから、生活は比較的に能動的であり、どれも喜びに通じてます。

 タイトルに示した通り、人間は嫌いなことではストレスが溜まっても、好きなことに集中すれば一日は充実です。これからも、生きてる喜びを追求する日々でありたい。

 

| | コメント (0)

中洲にある案山子は何のため!

Img_1372_20201116053401
 
 この度、開通した新鏑川橋【高崎~藤岡間】は誠に素晴らしいですが、この橋を歩いて渡ると不思議なものが目に入ります。それは橋の上から、下に広がる鏑川と鮎川に挟まれた中洲を見ると、奇妙な案山子が立ってます。中洲なので人は簡単に行けません。
 
 中洲には穀物を作ったり、畑がないので誰が何のために立てたのでしょうか。これは車で通過すると見えません。橋の西側の歩道を歩くと見えます。しかも、この案山子は橋の方角を見ています。台風が接近すると、この河川は毎年、大水が出ます。流されないで立っているでしょうか。
 
Img_1379
 
 The newly opened Shinkabra-River Bridge [between Takasaki and Fujioka] is truly marvelous, but when I walked across this bridge the other day, I noticed something strange. From the top of the bridge, when you look down at the bushy delta between the Kabra and Ayu rivers, you can see a strange scarecrow. Since it is the delta, people cannot easily go there.
 
 What on earth, who made this scarecrow for? There are no cultivated fields in the delta. This is invisible when you drive through the bridge. You can see it by walking on the western sidewalk. Moreover, this scarecrow is looking in the direction of the bridge. When a typhoon approaches, the rivers are flooded every year. At that time, can the scarecrow stand without being swept away?
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
  

| | コメント (2)

2020年11月15日 (日)

白内障の手術が成功し、よく見えて運転しやすい

Img_1361
 
 TTクワトロは黄色から青になって、やっと100日が経過しました。走行距離は未だ1500K程度です。毎日、乗らないからです。これまでに比較的遠方へ行ったのは嬬恋村の「愛妻の丘」、榛名湖、妙義山です。運転操作の感想として、ハンドルは軽くて握りやすいです。タイヤ扁平率が35%だからでしょう。走りは路面に吸いつくように安定してます。
 
 ITに弱い私ですからナビの新規設定が未だ難しく感じます。それでもどうにかナビの案内で行ってます。作曲家・古関裕而記念館はナビに設定できましたが、行くのは来春です。今日も小春日和になるので高前バイパスを走って調整します。白内障を手術したお陰で、運転中、前方が誠によく見えるようになりました。
  
 Audi TT Quattro has been 100 days since the car turned from yellow to blue in color. The mileage is still around 1500km, because I don't drive every day. So far, I have been to "Aisai no Oka" situated in Tsumagoi Village, Lake Haruna, and Mt. Myogi. As an impression of driving operation, the steering wheel is light and easy to grip. This is probably because the tire flatness is 35%. The car is stable, as if it proceeds to stick to the road surface.
  
 As you know, I'm weak in information technology, so it is still difficult for me to make new navigation settings. Still, I managed to go with the guidance by English navigation system. The composer Yuji Koseki Memorial Hall in Fukushima prefecture could be set as a navigation system, but I will go there next spring. It will be Indian summer again today, so I will adjust by driving through Takamae Bypass. My eyes have really improved due to cataract surgery.
 
 

| | コメント (4)

2020年11月14日 (土)

今でも生きてる「担任の言葉」

Img_1259
 
 中学校を卒業して以来、半世紀以上も経過しますが、当時、担任であったS先生の言葉が今でも忘れられません。日々、それを信じて過ごしています。その言葉は「人間の脳とは使ったつもりでも1%位しか使っていない。だから未だ未だ、いくらでも入る」」と言うものです。
 
 人生100年時代を迎え、退職後の長い日々を考えるとき、私は語彙の拡充に、ピアノの練習に、この教えが大きな支えになってます。この教えは脳と共に身体運動にも当てはまるように考えてます。
 
 長い人生をより人間らしく生きる上で、このことは誰にも共通する基盤ではないでしょうか。
 
 It has been more than half a century since I graduated from junior high school, but I still can't forget the words of teacher S, who was in charge of me at that time. Still now I believe it every day. The word is, "Even if we used our brain, we used about 1% only. So we still can learn many knowledge as much as we want from now on."
  
 Now is about to the life of 100 years. When I think about the long days after retirement, this teaching is a great support for my vocabulary expansion and piano practice. I think this teaching applies not only to brain, but to move the body.
 
 Isn't it a common foundation for everyone to live a long life more like a human being?
 

| | コメント (0)

近年こんなに歩いたことはない

Img_1372

【新鏑橋への上り坂】

 昨日は予想通り、小春日和だったので、結局、家から歩き始め、目的地の「新鏑川橋」を渡り、藤岡市まで往復しました。このため、予定した距離の2倍以上のウォーキングとなり、推定10㎞です。往路と復路は多少コースを変え、晩秋の景色に変化を求めました。

 ウォーキング時間は2時間30分です。たくさん汗を掻き、午後になってから疲れを癒すため吉井ドリームセンターに行きました。これから家で長距離を歩いた褒美にビールと鳥皮の焼き鳥です。一見、寂しくとも、しっかり歩ける健康に感謝し、一人で「乾杯」です。13日の金曜日に「完敗」しません。

Img_1369
  
 As expected, it was Indian summer today, so after all, I started walking from my home, and crossed the destination of "Shin-Kabra River Bridge", and made a round trip to Fujioka City. So I walked more than twice the planned distance. It is estimated to be 10 km in total. I changed the course a little on the outbound and inbound routes for changing scenery.
 
 The walking time is 2 hours and 30 minutes. So I sweated in the afternoon, I went to the Yoshii Dream Center to heal my tiredness. Beer and kebab of chicken skin are the rewards at home for walking the long distance. At a glance, I am lonely but thankful for my health of walking and "toast" for marvelous day alone. It is not a "complete defeat" on Friday's 13th.
  

| | コメント (0)

2020年11月13日 (金)

小春日和を健康のため有効に使いたい

Img_1349_20201113043701
 
 今日は小春日和になりそうなので、お気に入りの1200mある土手と高い橋の上を往復ウォーキングします。新しく完成した高崎~藤岡間の新鏑川橋を藤岡側まで歩きます。橋の長さは431mで、ウォーキングは合計4kmほどです。橋の上に辿り着くまでかなり登ります。
 
 最近の感覚では坂を登ると足腰に負荷がかかり使う筋肉が異なります。しっかり歩いて今日が「13日の金曜日」である迷信を吹き飛ばします。人間とは何か心に新鮮なことがあると頑張れます。
 
Img_1333
  
 It will be Indian summer today, so I'll walk back and forth on my favorite 1200m bank and high bridge. I am going to walk along the newly completed Shinkabragawa Bridge between Takasaki-city and Fujioka-city. The length of the bridge is 431m. Walking distance is about 4km in total. I have to climb a bit until reaching the top of the bridge.
 
 My recent feeling is that when we climb a slope, the load of our legs muscles are different. Any rate, I walk firmly and blow away the superstition that today is "Friday's 13th". We human beings can do our best if there is something fresh in our heart.
 
上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
  

| | コメント (4)

2020年11月12日 (木)

昨日から今日にかけてアクセスが集中してます。

どうしたことでしょう。私のブログに全国からアクセスが集中しています。それは大相撲の怪我についてです。
 
What's the matter? Access to my blog is concentrated from all over Japan. It's about sumo injuries.
 
20080504_1161
 

| | コメント (0)

紅葉に映える妙義山へ・・・久しぶりにドライブ

Img_1363

【画像は4枚とも拡大してご覧いただくと臨場感が出ます。】

 1ヶ月ほど前、嬬恋村の「愛妻の丘」へ新車アウディーTTクワトロ・ターボブルーでドライブ行って以来、その後、榛名山の紅葉に行きましたが、榛名湖付近は土曜日で天気もよく県内外の車で賑わって、駐車するにも一苦労するほどでした。

 今回、行った妙義山は紅葉シーズンも終わりに近づき、ウィークデーであったり、西高東低の冬型となり、気温が低く、見物客は予想していたより少なかったです。

 新車になってから、初めて通過する国道18号線は道路工事の個所があり、結構混んでいましたが、安中を過ぎると渋滞は解消され、スイスイ走れました。松井田駅付近から今度は急カーブの連続で、平素の運転環境と変わり、ハンドル捌きの技術が必要です。サイドラインとセンターラインは道幅を知るのに運転者にとって大切で助かります。

 私は後輪のタイヤが縁石に乗らぬよう比較的大回りに走ります。その上、道路の傾きがいつも走ってる平地とは違い、かなりの上り坂です。早速、ドライブ・セレクトを燃費の良いイフェシャンシーからダイナミックに切り替えると、途端にエンジン音が力強くなり上り坂でも速度が落ちずに前進します。

 次第に高度を増し、景色がよくなって遠望に高崎方面が見えても、よそ見はせず前方に集中です。それはカーブの連続と見えない岩陰から突然、対向車が出現し、前方から目を離せません。

Img_1368

 このように、時々は山岳地帯の道路を運転すると、ハンドリングなど運転技術が向上し、平素の平地での運転にもプラスになるでしよう。しかし、平地はそれなりに信号や子供や高齢者、自転車を見逃してはならないので、また、違った集中力が要ります。

 脳活動と身体の動きなど敏捷性を高めるためにも、免許返納はせず、今暫く運転を続けます。

 ところで、妙義山の歴史を紐解くと、今から300万年ほど前まで火山活動があったと言われます。しかし、今から3千年前から、その前約1万年間が縄文時代と考えられ、これと比較しても300万年前とは、どの位昔か想像ができません。

 妙義山は南西側にある荒船山と同時期に形成した溶岩体であり、その後、周囲の柔らかい堆積層が浸食され溶岩の岩体が露出したと考えられてます。この険しい岩峰の尖った荒々しい山容の奇観群から日本三大奇景の一つに数えられており、次の写真からも奇岩の姿に驚かされます。

Img_1362

 画像の岩は、その名も「揺るぎ岩」と命名されており、本当に触れば崩落するような不安定の様相を呈してます。しかし、度重なる大地震にも屈せず、何万年もこの姿なのでしょう。

 初めて登頂した中学生のとき、バスケット部の顧問と仲間で近くまで行ったことがあり、理科が専門である顧問の説明が思い出されます。そのときは全員で「大の字」の所へも登りました。先生は私の担任でもありました。10年ほど前、すでに他界されてます。

Img_1366

 タイトルにあるように一般的に妙義山と言えば紅葉です。しかし、今回、私が感じたのは妙義山は紅葉はもちろんでも、どちらかと言えば、奇岩の方が見る人を圧倒するでしょう。写真は妙義山系・金鶏山の一部ですが、誠に急峻な峰です。やはり中学生のとき、この頂上に登る人がいたので驚いたことがあります。

 妙義山には何10万年、何100万年と言う歳月を費やして、風雨に浸食された岩に巨大な穴が開き、自然の石門がいくつもあります。通常、人がその中を通れる所は第一石門から第五石門までです。しかし、それ以外にもあります。

 今回暫くぶりに訪れた妙義山は上毛三山の中でも「奇岩の名所」として誠に個性ある山と再認識しました。私が高崎商業吹奏楽部の顧問をしてるとき部員と共に、この近くの妙義少年の家で冬の合宿をしたことも懐かしく思い出されました。当時の生徒さんたちはすでに50代で今年、還暦組もいます。

  

| | コメント (2)

2020年11月11日 (水)

荒海を進むような荒船山・・・妙義山から撮影

Img_1360
【拡大してご覧ください】
 
 今日は予定通り、群馬県の名所・妙義の中乃岳にドライブを兼ね紅葉を見に行きました。駐車場の標高は推定900m程なので気温は平地より8度ほど低く、かなり寒かったです。写真は西南に見えるテーブルマウンテン「荒船山」です。高崎で見るより近くに見えます。
 
 以前に、「荒船山」の平らに見える位置より左の高い山の頂上から数羽のレース鳩を放したことが思い出されました。鳩たちはおそらく、この妙義山上空を通過し、無事に倉賀野まで帰りました。妙義山の紅葉の印象については明日ブログに書きたいと思います。
 
 Today, as scheduled, I went to see the autumn leaves by car at Nakanotake in Mt. Myogi in Gumma prefecture. The altitude of the parking lot is estimated to be about 900m, so it was about 8 degrees Celsius lower than the flat ground and it was quite cold. The photo is the table mountain "Mt. Arafune" in the southwest seeing at Mt. Myogi. It looks closer than seeing from Takasaki-city.
 
 I remembered that I released a few racing pigeons previously from the summit of the higher mountain to the left of the flat-looking position of Mt. Arafune. The pigeons probably passed over Mt. Myogi and returned safely to Kuragano. I will write about the impression of the autumn tints of Mt. Myogi on my blog tomorrow.
 

| | コメント (0)

金柑が豊作・・・食べごろは来年早々

Img_1356
 
 庭の金柑の木を見たら、未だ青いけれど推定300個ほどの実が生ってます。太陽と雨と土でこのように生るのですから、自然は誠に素晴らしいです。来年早々に食べられるでしょう。金柑はそのまますべてを食べられて、栄養価も高く、特に、ビタミンCを多く含みます。これは免疫力を高めたり、血流を改善する働きがあると言われ、また、抗酸化作用があるβーカロチンも含むと言われてます。
 
 それにしても金柑は英語で「噛む食わっt」と発音し、そのまま噛んで食べられる日本語の意味に似てます。
  
 When I looked at the kumquat tree in the garden, it has still blue fruits, but there are an estimated 300 fruits. Nature is marvelous because it grows in the sun, rain and soil only. I will be able to eat it early next year. Kumquat can be eaten as it is. It is nutritious, and is especially high in vitamin C. It is said to have the function of boosting immunity and improving blood circulation, and it is also said to contain β-carotene which has an antioxidant effect.
 
 Even so, kumquat is pronounced in English as "chew and eat" which is similar to the Japanese meaning.
 

| | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

晩秋となり、最期を懸命に生きるカマキリ

Img_1357
 
 私は庭の植物に対し、農薬と除草剤を決して使用しません。理由は昆虫の命を保護するためです。今年の早春にも樹木についてるカマキリの卵がありました。結果的にカマキリがたくさん生まれたのでしょう。庭には夏から秋にかけて幾匹もカマキリを見ました。
  
 今日は秋の日差しを浴びて温まり、短い一生の最期を懸命に過ごしてる様子を見ました。
 
 秋が深まれば餌となる小さな虫もいなくなり、お腹が空いてることでしょう。それにしても、保護色の実にきれいな黄緑に身を纏い、長い手足や羽根そして細い触角を使って懸命に生きてます。今の私とあまり変わらないと感じます。
 
 I never use pesticide, agricultural chemical and herbicide on plants in the garden. The reason is to protect the lives of insects. There was a praying mantis's egg on the tree in early spring of this year. As a result, many mantises were born in the garden from summer to autumn.
  
 Today I saw her warming up in the autumnal sun and spending the end of her short life.
  
 As autumn deepens, there will be no small insects to feed on, and she will be hungry. Even so, she is dressed in the marvelously protective yellow-green color and lives hard with her long limbs, feathers and thin antennae. I feel that she is not much different from what I am now.
 
上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

本末転倒!早朝に行う運動

Img_1293_20201110090801
 
 今朝6時30分は一段と冷えてました。この寒さの中でも町内の人たちと公園でラジオ体操をしたら身体がポカポカしてきて、空腹になり朝食が美味しかったです。しかし、寒くなると血管が縮むので朝は血圧が高くなりやすく心配です。私としてはもう少しの期間、ラジオ体操を続けても、本格的な冬の間は休むつもりです。家の中でします。
 
 健康のためにやってるつもりが本末転倒になったら意味がありません。血圧の観点から、冬期は午前10時頃から外で身体を動かせば健康的でしょう。
 
 ところで、ずいぶんウォーキングをしたことから、どの靴底も減ってます。そろそろ運動靴を買おう。写真は車の運転用の靴です。
 
 It was still colder at 6:30 this morning. Even in this cold temperature, when I did radio gymnastics in the park with the people in the town, my body became warm and "hunger is the best sauce", so the breakfast was delicious. However, if it gets cold, our blood vessels shrink, so I am worried that my blood pressure will rise. Even I will continue radio gymnastics for a few days only, then I will take a rest during the full-scale winter. I'll do it in the house.
 
 It is no good that "put the cart before horse" for hypertension. From the viewpoint of blood pressure, it will be healthy that we move our body outside around 10 am in winter.
  
By the way, since I walked a lot, all the soles have decreased. It's time to buy new athletic shoes. The photo shows shoes for driving a car.
 
上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2020年11月 9日 (月)

開通した新鏑川橋を渡る私のウォーキングコース

Img_1332

 昨日、私はこの度、開通した高崎市・木部町~藤岡市・篠塚町間の「新鏑川橋」を歩いて渡りました。

 走行しやすい立派な車道と共に、両サイドに広い歩道が付設され、大変歩きやすく、極めて近代的で安全に配慮できてる橋です。この橋の特徴の一つは、平地の一般道からかなり上って高い位置に架かっており、全長431mという長い橋です。位置が高い故に橋からの景色は誠に素晴らしいものです。

 実は、2~3日前に偶然、この近くを愛車で通過したところ、開通したことを知り、帰路に橋を通過しました。路面が良くて、あまりの快適さに工事の丁寧さと景色の素晴らしさに感銘しました。

Img_1349

 以前からこの近くの土手をウォーキングコースとしていた私は、橋が完成した暁には、この橋をウォーキングコースに取り入れ、藤岡市サイドも歩けば、より一層、足の鍛錬になると考えてました。それは前述の通り、橋の位置がかなり高いので、橋まで登ることでも下半身が鍛えられます。

Img_1346

 写真は橋の上から下流方面を見たところです。橋がかなり高いことがお分かりになるでしょう。正面は以前にブログで紹介した白鳥の飛来地です。ここ一帯は川の水が沼のように溜まり、波もなく、シベリアやカムチャッカから飛来すると想われる白鳥にとって棲み心地がよいのでしょう。12月末から3月上旬まで約50羽が羽を休め、近年では「白鳥の飛来地」として名所となってます。

 また、この橋の下は二つの川の合流点で、右は日野金井方面から流れてくる鮎川であり、左は鏑川の本流です。鏑川の源流は群馬県南西部の荒船山や神津牧場付近です。

Img_1330  

 写真によっても橋までかなり上りであることが分かります。拡大してご覧ください。正面には上毛三山の一つである榛名山の雄姿を望み、高崎市街地のビル群も見えます。この界隈は未だ田んぼやトマトの生産地です。

 実はここ一帯は今は亡き私の母の故郷です。母は子供の頃、この付近で母親に連れられて箒星を見たことを、いつも私に自慢そうに話してました。すごく長く尾を引いていたとのことです。もちろん、それはハレー彗星であり、1910年に出現したもので歴史を紐解くと、このときのハレー彗星は近年出現したものとは違って誠に大きく見えたことは事実のようです。

 ところで、私が考える効果的なウォーキングの方法です。

 1、少々ストライドを広く取ります。これによりスピード感が出ます。運動とはある程度のスピード感を伴うことが基本です。

 2、両肘を90°に曲げ前後に振ります。これによって背中の筋肉がかなり活動的になります。腕が疲れたら100mほど腕を下げて歩く、いわばインターバルトレーニングです。

 3、視線を遥か前方におきます。これによって姿勢がよくなります。

 4、つま先で地面を意識して蹴ります。これにより脹脛が発達します。脹脛は下半身の血液を心臓へ送るポンプの役割をしています。

 5、常に鼻呼吸を心掛けます。これにより脳がすっきりします。

 なお、これから寒くなるので血圧安定の観点から、ウォーキングは早朝の時間帯を避け、気温が高くなってからが適します。

 何事も、従来の環境や方法を常に点検し、固定観念から脱皮し、「経験のみに頼らず、新たに挑戦する柔軟性」こそ人生100年時代を元気に生きる基盤ではないでしょうか。

| | コメント (2)

2020年11月 8日 (日)

温かな家庭をめざすには・・・社会全体で応援

P1080973
 
 今日から家族の週間です。雇用など将来の生活に不安があったり、仕事と子育ての両立が難しい状況から結婚や出産をあきらめている人が少なくありません。また、子育て中の家族も、核家族化や都市化によって地域のつながりが薄れ、身近に子育てを助けてくれる人や相談できる人が少なく、子育ての悩みを抱えてる状況があります。
 
 このように家庭を築き、子供を生み育てるということが困難になっている中にあっても、子供を生み育てたいという選択が尊重され、社会全体で子育てする家族を応援することが重要です。私は近所の若い夫婦や子供たちに必ず「声かけ」するよう努めます。
 
 Family week begins from today in Japan. Many people give up marriage or childbirth because they are worried about their future life such as employment and it is difficult to balance work and child-rearing. In addition, families who are raising children are also having trouble in raising children because the connection between the region and family have weakened due to the nuclear family and urbanization, and there are few people who can help or consult with them.
 
 Even though it is difficult to build a family and raise children, it is indispensable to respect the choice of having family and raising children and to support families raising children throughout society. I always try to "reach out" to young couples and children in my neighborhood.
 
上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2020年11月 7日 (土)

天秤座について・・・今日は「立冬」

Img_1313

【榛名山から見た私の最後の職場・・・・前橋市の景色】

 太陽が通過するように見える黄道にはその背景に12の星座がほぼ等間隔で並んでいます。1年かけて反時計回りに公転してる私たちの地球から見ると太陽は、およそ1ヶ月ごとにそれらの星座の前を東へ東へと移動して行きます。1年が12ヶ月あるのは、これに起因すると私は考えてます。

 黄道十二星座には、どんな星座であるかと言えば、春分点がある魚座に始まり、東へ順に牡羊座、牡牛座、ふたご座、かに座、獅子座、そして、秋分点がある乙女座、天秤座、さそり座、射手座、やぎ座、水がめ座です。

 実は、本日11月7日【立冬】に、これらの星座のうち太陽は地球から見て「てんびん座」の前にあります。実際には眩しくて日中これを確認することはできません。

 それなら、何故それが分かるかと言えば、半年前の立夏【5月5日頃】の晩の午前0時に「てんびん座」が真南にあったからです。来年の立夏の晩にも「てんびん座」が真南にあるでしょう。

Img_1321

【地球の公転軌道と太陽、そして天秤座の位置関係】

 しかしながら、21世紀の現代はこの通りであっても、地球の歳差運動により、これらの星座の位置は少しずつ変化し続けています。それは約27000年の周期で元に戻ると計算されてます。この運動はコマを回すと次第に首を振ることに似てると言えます。

 黄道十二星座を初め、現在の星座名は紀元前バビロニア時代に命名されたと考えられ、この時代と現在では前述の理由で、星座の赤緯【南北の位置】が変化しており、「てんびん座」と命名された時代に、この星座は赤緯±0°にあったと言われてます。つまり、天の赤道上にあったとされ、「てんびん座」に秋分点があったことから、北半球と南半球を天秤で量るかの如く命名され、同時に昼と夜を等しく天秤に計る星座として命名されたと考えられます。現在では「てんびん座」の赤緯は概略-15°で、南半球にあります。

 この他に、このように紀元前バビロニア時代の命名が今でも名残として存在するものに南回帰線という名称があります。それは英語名でThe tropic of Capricorn【やぎ座】です。現在の実際の位置とずれてる例です。つまり、現在、冬至の日に太陽は「やぎ座」にありません。また、南回帰線の頭上に「やぎ座」はありません。現在の冬至点は「射手座」付近です。

284pxlibra_constellation_mapsvg_20201107123201

【天秤座】

 今日は二十四節気の一つ「立冬」です。公転してる地球から見る今日の太陽は「てんびん座」の方向にあります。このことは上図で示してあるように半年後、立夏の午前0時に真南に「てんびん座」があるので確認できます。

  

| | コメント (0)

早速、新ウォーキングコース5Kを行く

Img_0985
 
 今日は開通した「新鏑橋」を早速ウォーキングで通過してみます。橋の長さは400mほどですから、速足で4分かかるでしょう。この橋には車道と歩道の間に柵が付いてるので安心して渡れます。歩道も比較的広いです。何事も自らの環境が良い方向に変化するとイキイキワクワクするものです。
  
   同様に、どんな些細なことでも、今までより改善されると人間の脳は活性化するのではないでしょうか。例えば、新たな英単語一つ知っても、新たな漢字一つ知っても、新たな知識や感じ方が身についても嬉しいものです。
 
 I will walk through the newly opened "Shinkabra-Bridge" today. The length of the bridge is about 400m, so it will take 4 minutes on a fast foot. This bridge has a fence between the road and the sidewalk, so pedestrians can cross it with relief. The sidewalk is also relatively wide.
  
 Similarly, everything is exciting when our environment changes for the better, so human brain will be activated if any trivial matter is improved. For example, if we could acquire new knowledge or new way of feeling, such as one new English word or one new Kanji Chinese character or new way of life, we would be delighted.
 

| | コメント (4)

2020年11月 6日 (金)

誠に素晴らしい「新鏑橋」が開通・・高崎~藤岡間

Img_0991_20201106194101
 
 今日、吉井ドリームセンターからの帰路に、この度、開通した「新鏑橋」を愛車で通過しました。景色がとても良かったです。藤岡側から橋を進むと正面に榛名山が大きく見えるからです。
 
 実はこれから、この橋は私のウォーキングコースになります。高崎側・木部町の土手を1Kほど歩いてからこの橋を渡り、藤岡側の土手を1K歩くと往復5Kの距離になります。
 
 全コース高い位置なので空気は新鮮で、景色は最高です。こんな良い環境でせっせせっせと歩く私を想像してみてください。今までに支払った税金がこのような形で還元です。有効利用しなければなりません。高崎近辺の方は、ぜひこの橋を通過してみてください。
 
 Today, on the way back from Yoshii Dream Center, I passed the newly opened "Shin Kabura-Bashi" New Bridge by my car. The scenery is marvelous beyond your imagination. Mt. Haruna looks big ahead of us when passing on the bridge from the Fujioka side.
  
 Actually, from now on, this bridge will become my walking course. If I walk about 1km on the bank on the Takasaki side at Kibe-town, then I cross this bridge and walk 1km on the bank on the Fujioka side, the total distance will be 5km for a round trip.
 
 The air is fresh and the scenery is great because all the courses are high situation. Would you please imagine me who is walking hard in such an ideal environment. The taxes paid so far are returned in this way. We must use this bridge effectively. If you are in the vicinity of Takasaki city, please try passing through this bridge in the near future.
 
上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 
 

| | コメント (0)

寒さに負けず、筋トレは年間を通じて鍛えたい

Photo_20201106095401
【今は亡き友人富所三郎さんが撮った日の出写真・・・水沢山山頂から】
 
 明日は立冬。今年も残すところ後55日になりました。群馬県高崎市の今日の日の出は6時12分、日の入りは16時43分です。西に山があるので実際の日の入りは16時30分頃です。このため夕方になるとすぐ日没です。計算上の昼の長さは10時間21分ですが、実際はもっと短いです。
  
 努めて日中は外に出て活動してますが、これからは寒さも加わるため、次第に家の中で過ごすでしょう。家の中でも運動は工夫次第で、柔軟性をめざしたり、筋トレもできます。筋トレは筋肉を縮める方法と逆に伸ばす方法を対でやりたいものです。
 
 Tomorrow is the first day of winter in 24 solar callendar. There are 55 days left this year. Today's sunrise in Takasaki City, Gumma prefecture, Japan is 6:12 and sunset is 16:43. Since there are mountains in the west, the actual sunset will be around 16:30. Therefore, it becomes sunset as soon as the evening comes. The calculated daytime is 10 hours and 21 minutes, but it's actually shorter.
 
 I'm trying to go out during the daytime, but I spend more time at home due to the cold. Even at home, we can train flexibility of muscles by ingenuity. Muscle training should be a pair of methods both of contracting and stretching.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (6)

毎日行なう庭づくり・・・次第に高くなる築山

Img_1320
 
 今日の午後は心身に鞭を打ち、一人黙々、肉体労働です。裏庭が草ボウボウだったので、アサカキで削り、枯れ葉や枯れ草を一輪車で運んで、表の庭の築山【別名・源平の丘】の上に積みました。近日中に上から土で覆います。これによって築山が一段と高くなり、来春はここに色とりどりの花が咲きます。
 
  中央の幹がくにゃくにゃしてる樹木が源平しだれです。紅白二色で満開になるので見事です。来春には花見ができるのでお出かけ下さい。
 
 This afternoon, I whipped my mind and body, and I'was silently working physical labor alone. Since in the backyard there were rampant grasses, I scraped it by the mower named asakaki, carried dead leaves and dead grasses with a unicycle, and piled them on the artificial hill named Genpei Hill in the front garden. I will cover it with soil from above in the near future. This will raise the artificial hill higher, and colorful flowers will bloom here next spring.
 
 The squishy and twisting stem in the center is the Genpei bicolored weeping peach tree. It is marvelous when it is in full bloom. Please come to see the peach blossoms next spring.
 
Img_1318  
  

| | コメント (0)

2020年11月 5日 (木)

今宵もよく見える接近中の火星

Photo_20201105161201
【拡大してご覧ください。】
 
 今宵はよく晴れるので南東の空に橙色した火星がはっきり見えるでしょう。現在、火星は地球に接近中で、太陽の位置と反対側にあり、太陽が沈むと東に出ます。今宵は「魚座」の下に出ます。つまり、「春分点」付近です。
 
 この他に、橙色した星で有名なのは「さそり座」のアンタレスです。アンタレスとはギリシャ語で「火星に対抗する」と言う意味で、この二つの星はしばしば接近し、間違いやすいことからこのような名が付けられました。今宵はこの二つの星は接近しません。
 
 It will be fine tonight, so you can clearly see the orange Mars in the southeastern sky. Mars is currently approaching our Earth. Mars is on the opposite side of the Sun now, so that it will appear in the east when the Sun sets. Tonight will be under "Pisces". In other words, it is near the "Vernal Point".
 
 In addition, the orange star is famous for Antares in "Scorpio". Antares is the Greek word for "against Mars," and was named because the two stars are often close near the equator in the sky, so liable to make mistake to distinguish. They doesn't approach tonight.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

今でも脳裏に焼き付いている巨大な火口の姿

Img_1311
 
 写真は榛名山の中腹から見た赤城山で、その最高峰はすでに雪に覆われてます。群馬県でよく知られてる山は上毛三山と言われ、それは赤城山、榛名山、妙義山です。この他の有名な山は活火山の浅間山、魔の谷川岳、武尊山などです。私の体験では、これらの山がすべてよく見える位置は玉村町です。
 
 若き日に登った中で、強烈に印象に残ってる山は活火山の浅間山【標高2568m】です。底が見えないほど深く巨大な火口の姿に驚愕しました。そして、関東平野がすべて雲に覆われ、生れて初めて広大な雲海を見て、あまりの感動でその後、二回も登頂しました。そのときは日本アルプスや富士山が大きく見えました。
 
 The photo indicates Mt. Akagi seen from the middle of Mt. Haruna, and its highest peak is already covered with snow. The well-known mountains in Gumma Prefecture are called Jomosanzan which are Mt. Akagi, Mt. Haruna, and Mt. Myogi. Other famous mountains include the active volcano Mt. Asama, the terrible Mt. Tanigawa, and Mt. Hotaka. In my experience, Tamamura town is the best place where we can see all of these mountains.
 
 The mountain that left a deep impression on my mind when I was young is Mt. Asama [elevation 2568m]. I was amazed at the appearance of the huge crater so deep that I could not see the bottom.
At that time, the entire Kanto plain was covered with clouds so that I saw a vast sea of clouds for the first time in my life. I was so impressed that I climbed the summit twice after that. At that time, the Japanese Alps and Mt. Fuji looked big.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年11月 4日 (水)

地球に接近中の火星がよく見える

Photo_20201104213001
 
 外は少し寒いですが、今宵も南南東から南の空に橙色した火星がはっきり見え、光の強さから火星と地球が接近していることが分かります。これは太陽~地球~火星の順でほぼ一直線に並んでいることになります。
 
 逆に火星が太陽の方角にあるときは地球と火星が最も離れてます。このときは昼間なので見ることはできません。
 
 それにしても今宵はよく晴れてるので火星を見る絶好のチャンスです。地球も火星も他の惑星も北極星側から見ると反時計回りに公転しています。
 
 Tonight it's a bit cold outside, but we can clearly see the orange Mars in the south-southeast to south sky, so we can understand that Mars is approaching our Earth. This means that they are almost in a straight line in the order of Sun, Earth, and Mars.
 
 Conversely, when Mars is in the direction of the Sun, the Earth and Mars are farthest apart. At this time, it is daytime in earth, so we cannot see it.
  
 Even so, it's not cloudy tonight, so it's a great chance to see Mars, and Mars looks much better than other stars. Earth, Mars, and other planets revolve counterclockwise when viewed from the North Star side.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

逆境にこそ、ひたむきに生きたい

Img_1295_20201104094701
 
 今朝も歩いて往復1Kある公園でのラジオ体操会に参加しました。天気はよく晴れ上がり、誠に真っ青な空でした。そのため、放射冷却で今までで気温が最も低く感じました。長い期間、身体も硬く、人間も硬い私でしたが、体操により大分、柔軟になっていると思われます。
 
 この次、私に会うとカッキーは一回り柔軟になったと感じられるでしょう。背が高いので猫背になりやすくても、それは解消されてると思います。いずれにしても逆境の環境にある今こそ、肉体と精神に気合を入れ、人生の後半戦をひたむきに生きたい。
 
 I participated in the radio gymnastics held in the park that is 1km round trip on foot this morning. The weather was fine and the sky was sky blue the same as my car. Instead, I felt the temperature was the lowest ever due to radiational cooling. As you know, my body and my spirit are stiff, but gymnastics has made me much more flexible I guess.
 
 The next time when you meet me, you will feel that Kacky became a little more flexible. Though I'm tall, I think the stoop has disappeared. In any case, I want to be more and more enthusiastic  about my body and mind with earnest attitude even if during my adverse situation, and to live the second half of life toward my purposes.
 

| | コメント (2)

2020年11月 3日 (火)

11月3日とは

P1010857_20201103050101
 
 今日11月3日は文化の日で祝日ですが、元々、明治天皇の誕生日です。また、昭和21年11月3日に日本国憲法が公布され、半年後の昭和22年5月3日施行されました。私が子供の頃、明治生まれの母は「今日は天長節」と言ってました。
 
 ところで、今日、博物館や美術館の中には入場無料にするところもあると言われます。一方、関東地方では11月3日は晴れの特異日と言われてます。果たしてどうでしょうか。いずれにしても、人生においては文化芸術に親しみ、日々、自らの内面を豊かにしたいものです。
  
 Today November 3rd is Culture Day and a national holiday in Japan, but it was originally the birthday of Emperor Meiji. In addition, the Constitution of Japan was promulgated on November 3, 1946, and came into effect on May 3, 1947, six months later. When I was a child, my mother who was born in the Meiji era, said, "Today is the Emperor's Birthday."
 
 By the way, it is said that some museums and art galleries today offer free admission. On the other hand, November 3rd is said weather singularity to be sunny day in Tokyo including Kantoh region. How will it be? In any case, we'd like to become familiar with culture and art, and enrich our inner lives every day.
  
Photo_20201103050701
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (4)

2020年11月 2日 (月)

人間は長い間、寝たきりになると歩けない

Img_1253

【群馬県嬬恋村から見た浅間隠山・標高1757m】

 ブログで亡き妻のことを書くことは殆どありません。二人の娘たちも16年も経過すると、日々自身の仕事や家庭生活で多忙であり、特に子育てに追われているので、実母のことを悲しんでいる様子は見受けられません。それどころか、毎日が充実しているのでしょう。いつ会っても楽しそうな顔をしてます。私はそれはそれで素晴らしい生き方をしてると思います。

 私自身も両親が亡くなったのは昭和時代であり、毎朝、仏壇に手を合わせることは日課にしてますが、もう悲しいと思うより、平素の時間帯は忘れているかもしれません。命日や、お盆、彼岸には人並みに墓参りや、線香を手向けます。

 若き日、陸上競技女子短距離の群馬県選手として和歌山国体に出場した妻でしたが、人生は分からぬもの。50才台前半に病が生じ、入退院を幾度も繰り返し、最後の頃、一旦家に戻りましたが、病院に戻った際、妻の要望で廊下から病室まで私は初めて車いすに乗った妻を押してやりました。群馬県の女性では100m走が最も速かったのに、何故、車いすに乗ることになったのかなど振り返る余裕はなく、目の前にある回復したい気持ちの一心で、混んでる病院内を通過しました。

 病室に着くと妻はすぐにベッドに横になりました。つまり、病状もありますが、もう歩けなくなっていたのです。長い期間、入院し、歩かないでいると足の筋肉が不足して立ってもいられなくなったのでしょう。それにしても、病院内を車いすを押したことは私も初めての体験で忘れることはありません。夢中で押したのでしょう。

 このことからも、16年間一人暮らしを余儀なくされてる私は平素、歩けることが生活上、最も重要であることを認識しました。ですから、1週間も寝ていると、ルーの法則により、若い人でも足の筋肉が減少し、これは最近耳にするサルコペニアの状態です。筋肉が減少してしまい、身体を動かせなくなり、先ず、立てなく、そして歩けなくなります。

 このことからも人間は筋肉によって活動ができていることをしっかり認識すべきで、年令が増す程、やせ過ぎてはなりません。私は十分な筋肉があってこそ、いつまでも自分らしく生きられると悟ります。

P1000423

【木部町・鏑川の土手】

 このために特別な運動は要りません。生れてこの方、続けてきた歩行によって下半身の筋肉を意識してつけましょう。それらは太腿、その後ろ側のハムストリング、そして脹脛です。脹脛の役割は歩く運動機能の他に、脹脛の静脈内の血液を高い位置にある心臓まで押し上げるポンプの役目もしてます。ですから脹脛は太くて筋肉が充分あることこそ血流がよくなる基盤です。血流の良さにより全身の臓器や筋肉に栄養や酸素が行き渡ります。

 私は以前からウォーキングしてますが、昨今は改めてウォーキングの価値を見直してます。ウォーキングは足腰のためのみならず、生命を維持する心肺機能の活性化を念頭に入れて歩きます。健康的なウォーキングのため頭に入れておくべくいくつかの方法があります。

 先ず、背筋をピンと伸ばした姿勢で、25mほどの遠方を見て歩きます。両肘を少し曲げ、前後に振ります。これで肩周辺の関節と筋肉が大きく動くと共に、姿勢の良さに結びつきます。一方、太腿の力のみでなく、つま先で地面を蹴る意識を持つとスピードも速くなります。試してみてください。ウォーキングではある程度のスピードが効果があります。ですからウォーキングは散歩と異なり、スポーツです。

 このように、私たちは健康増進と共に、仕事や趣味など他の分野においても、今までより上を目指すと喜びに繋がります。これは脳活動です。今まで、あまり興味関心がなかった分野でも、新たなことに出合い、新たな知識を得ると喜びです。内面の一歩一歩の向上こそ、今までにない自分に出会えると言えるのではないでしょうか。その基盤はすべての活動の源となる筋肉を減らさないことです。私はサルコペニア対策こそ年令が嵩むほど重要と考えてます。

  

| | コメント (2)

初めて挿し木を試みる・・・果たして成長するか

Img_1305
 
 半世紀前に亡父が植えたツツジは今でも毎年5月に濃いピンクで咲いてます。植物とは言え、主亡き後も毎年、咲き続けるとは誠に不思議なことです。
  
 先日、私がそのツツジを剪定したら切り取った枝がたくさん出たので挿し木を試みてます。葉をかなり取り除きました。果たして根が出て成長するでしょうか楽しみです。
 
 植物には花を愛でるものと樹形を楽しむものがあります。ツツジは前者です。もし、挿し木の良さを習得できれば植物の種類を簡単に増やせるでしょう。温かな所で、適度に湿り気を与え大切に見守ります。人間とは、こんなことでも成長の楽しみがあります。
 
 Half a century ago, an azalea planted by my late father still blooms in deep pink every May. It is truly strange that it continues to bloom every year even after the death of her master.
  
 The other day, when I pruned the azalea, so there were a lot of cut branches, so I'm trying cutting. I removed a lot of leaves of it. I'm looking forward to growing the roots.
  
 Some plants are loved flowers and some enjoy tree shape. The azalea is the former. If I learn the goodness of cutting, I can easily increase the variety of plants in the garden. I will give a moderate amount of moisture and watch carefully in a warm place. Human being is looking forward to growing up even in this idea.
 
 

| | コメント (2)

2020年11月 1日 (日)

運転中、路面の様子や縁石の存在を見落とさない

Img_1146_20201101170601
 
 今日の午後、吉井ドリームセンターへ行ってきました。この車の運転席にはドライブセレクトがあり、連続して坂を登るときはアクティヴにすると回転数が上がり、エンジン音が力強く活動的になり、ぐんぐん前進します。ところで、最近の私は運転中、扁平率35%のタイヤのため路面をよく見ながら運転します。
 
 先日、近くの金融機関の前で、一台の軽自動車が縁石に乗り上げ、動けなくなってました。こんな姿を見ると路面の具合や縁石の存在を見落とさないことが、とても重要に感じます。
 
 I went to Yoshii Dream Center to bathe this afternoon. There is a drive select in the driver's seat of my car, and when climbing an ascending road continuously, if I turn to active mode, the number of revolutions will increase, and the engine sound will become powerful and active, and the car will move forward steadily.
 
 By the way, recently I drive while looking closely at the road surface for tires with a flatness of 35%. The other day, in front of a nearby financial institution, a light car ran on a curb and the car got stuck. Looking at such a scene, I feel that it is important for us not to overlook the condition of the road surface and the existence of curbs.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

紅葉の榛名湖畔

Photo_20201101074901
 今年もあと6分の1になりました。昨日、紅葉を見に榛名湖へドライブに行きました。しかし、車がいっぱいで駐車が困難でしたが、やっと駐車できました。今まで幾度も行きましたが、こんなに混雑してたのは初めてです。概して、コロナ禍から少し解放された気持ちがあるのでしょう。
 
  それにしても大自然の中でも皆マスク着用の姿は正に不自然に感じました。レストランもロープウェイも人人人の行列です。湖を一周して帰路につきました。肝心の紅葉は今が盛りです。
 
 It remains one-sixth only this year. Yesterday, I went for a drive to Lake Haruna to see the autumn leaves. However, it was difficult to park because the car was full, I was finally able to park. I've been there many times including with Mr. Barry, but it's the first time so crowded. Generally, everybody feels a little free from Covid-19.
 
 Even in the great outdoors, everyone wearing a mask felt unnatural. Both the restaurant and the ropeway are lined up with people. I went around the lake and went home. The most important autumn leaves are in full blossom now.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »