« 近年こんなに歩いたことはない | トップページ | 白内障の手術が成功し、よく見えて運転しやすい »

2020年11月14日 (土)

今でも生きてる「担任の言葉」

Img_1259
 
 中学校を卒業して以来、半世紀以上も経過しますが、当時、担任であったS先生の言葉が今でも忘れられません。日々、それを信じて過ごしています。その言葉は「人間の脳とは使ったつもりでも1%位しか使っていない。だから未だ未だ、いくらでも入る」」と言うものです。
 
 人生100年時代を迎え、退職後の長い日々を考えるとき、私は語彙の拡充に、ピアノの練習に、この教えが大きな支えになってます。この教えは脳と共に身体運動にも当てはまるように考えてます。
 
 長い人生をより人間らしく生きる上で、このことは誰にも共通する基盤ではないでしょうか。
 
 It has been more than half a century since I graduated from junior high school, but I still can't forget the words of teacher S, who was in charge of me at that time. Still now I believe it every day. The word is, "Even if we used our brain, we used about 1% only. So we still can learn many knowledge as much as we want from now on."
  
 Now is about to the life of 100 years. When I think about the long days after retirement, this teaching is a great support for my vocabulary expansion and piano practice. I think this teaching applies not only to brain, but to move the body.
 
 Isn't it a common foundation for everyone to live a long life more like a human being?
 

|

« 近年こんなに歩いたことはない | トップページ | 白内障の手術が成功し、よく見えて運転しやすい »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近年こんなに歩いたことはない | トップページ | 白内障の手術が成功し、よく見えて運転しやすい »