« 小春日和を健康のため有効に使いたい | トップページ | 今でも生きてる「担任の言葉」 »

2020年11月14日 (土)

近年こんなに歩いたことはない

Img_1372

【新鏑橋への上り坂】

 昨日は予想通り、小春日和だったので、結局、家から歩き始め、目的地の「新鏑川橋」を渡り、藤岡市まで往復しました。このため、予定した距離の2倍以上のウォーキングとなり、推定10㎞です。往路と復路は多少コースを変え、晩秋の景色に変化を求めました。

 ウォーキング時間は2時間30分です。たくさん汗を掻き、午後になってから疲れを癒すため吉井ドリームセンターに行きました。これから家で長距離を歩いた褒美にビールと鳥皮の焼き鳥です。一見、寂しくとも、しっかり歩ける健康に感謝し、一人で「乾杯」です。13日の金曜日に「完敗」しません。

Img_1369
  
 As expected, it was Indian summer today, so after all, I started walking from my home, and crossed the destination of "Shin-Kabra River Bridge", and made a round trip to Fujioka City. So I walked more than twice the planned distance. It is estimated to be 10 km in total. I changed the course a little on the outbound and inbound routes for changing scenery.
 
 The walking time is 2 hours and 30 minutes. So I sweated in the afternoon, I went to the Yoshii Dream Center to heal my tiredness. Beer and kebab of chicken skin are the rewards at home for walking the long distance. At a glance, I am lonely but thankful for my health of walking and "toast" for marvelous day alone. It is not a "complete defeat" on Friday's 13th.
  

|

« 小春日和を健康のため有効に使いたい | トップページ | 今でも生きてる「担任の言葉」 »

人生100年時代を生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小春日和を健康のため有効に使いたい | トップページ | 今でも生きてる「担任の言葉」 »