« 柔らかいラクダのこぶ・・・乗ったら掴っても駄目 | トップページ | 紅葉から落葉へ・・・移り変わる季節 »

2020年12月 1日 (火)

群馬県の中央に聳える水沢山を眺めつつ前進

Img_1441
【写真を拡大すると、歩きたくなるでしょう。】
 
 小春日和だった昨日も、正面に榛名山が雄大に見える新鏑川橋をウォーキングで渡りました。長さ431mを誇る巨大な橋です。私の家から往復10Kほど歩き、丁度2時間かかりました。榛名山の右端の頂上が私のフェイスブックの最初に出てくる写真で、2才の次女と撮った水沢山です。
 
P1030479_20201201092701
 
 娘はもう大きく成長しました。小さいときの次女は東西二つの御荷鉾の頂上によちよち歩きで登りました。それが遠因でしょうか、後に県高校総体4×100mリレーのアンカーとして群馬県3位になりました。今では仕事を持つ母として、二人の娘を育てながら奮闘中で、頑張ることは誰にも負けないようです。でも、これは彼女の母に似たのかもしれません。母は和歌山国体100mの群馬県選手でした。
  
 It was Indian summer yesterday, so I walked across the Shinkabra-River Bridge where Mt. Haruna looks magnificent in front of me. It is a huge bridge boasting a length of 431m. I walked about 10km round trip from my house, and it took just 2 hours. The top of Mt. Haruna on the far right is the photo of this Facebook page, and I was taken at Mt. Mizusawa with my 2-year-old second daughter. My daughter has grown up a lot. When she was little, she climbed the summit of both eastern and western Mt. Mikabo.
 
 Perhaps of that is the cause, afterward she became the third place in Gumma prefecture as an anchor for the 4x100m relay in the prefectural high school. Now, as a mother with a job, she is struggling while raising her two daughters, and it seems that she can do her best. But this may be similar to her mother. Her mother was a 100m Gumma's athlete who appeared in the Wakayama National Athletic Meet.
 

|

« 柔らかいラクダのこぶ・・・乗ったら掴っても駄目 | トップページ | 紅葉から落葉へ・・・移り変わる季節 »

anti sarcopenia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柔らかいラクダのこぶ・・・乗ったら掴っても駄目 | トップページ | 紅葉から落葉へ・・・移り変わる季節 »