« 西南の空でランデヴー | トップページ | 何と言っても十分な車間距離・・・安全運転の基本 »

2020年11月20日 (金)

西御荷鉾の山頂で雪合戦・・・憶えているだろうか

Img_1324
 
 写真は私のウォーキングコースです。高崎市や前橋市から南によく見える二つの峰は、東御荷鉾(みかぼ)と西御荷鉾です。昭和時代に私が高崎商業高校吹奏楽部の顧問をしてたとき、冬休みにこの近くで合宿し、レクレーションで全員が西御荷鉾山に登りました。標高1286mある頂上は広場になっており、この日は快晴で高い位置から高崎などがよく見え、景色は最高。
 
 たまたま雪が積っていたことから金管打楽器群対木管群に分かれて雪合戦になりました。実際にはこの時とばかり、後輩は先輩を目がけ、女子は男子を目がけて投げてました。
 
 当時の生徒さんたちもすでに50代半ば。今でも御荷鉾山の山容を見るたびに頂上で雪合戦したことや、音楽に燃えた青春時代を思い出しているだろうか。
 
 The photo is one of my walking courses. The two peaks that can be seen to the south from Takasaki City and Maebashi City are Mt. East-Mikabo and Mt. West-Mikabo. When I was a teacher of Takasaki High School of Commerce Wind Orchestra in the Showa era(1926~1989), we camped near here during the winter vacation. At that time, all of members climbed Mt. West-Mikabo as a recreation. The summit at an altitude of 1286m is a spacious place, and on this day it was fine so that we could see Takasaki-city from a high position and the scenery is the best and the ground was snowy.
 
 Therefore students were divided into a brass group including percussion and a woodwind group, so they played a snowball fight. Actually, just at this time, the juniors aimed at the seniors, and the girls threw at the boys.
 
 Now, the students at that time are already in their mid-50s. Do they still remember the snowball fight at the summit when seeing Mt. Mikabo and their adolescence burning with music?
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 西南の空でランデヴー | トップページ | 何と言っても十分な車間距離・・・安全運転の基本 »

教育」カテゴリの記事

コメント

タイトルの一節「憶えているだろか」をみて、思わず(^^♪「君はおぼえて~いるだろうか~~あの白い ブランコ~~~~」と口ずさんでしまいました。正しい歌詞は「君はおぼえているかしらあの白いブランコ」。この曲が出たのが、学生運動が過熱してゆく1969年。時代社会の喧騒とかけ離れた、「白」という字が眩しかった。白いブランコは、「ふらここや揺らすでもなく二人掛け」。
想い出と追憶に浸る御荷鉾山は、「雪合戦的は意中の人となり」

投稿: 蒲鉾 | 2020年11月20日 (金) 09時57分

蒲鉾さんへ・・・年月の経つのは誠に早く、御荷鉾へ引率した頃の私は39才か40才くらいでした。当時の高校生は今では50才代です。もっともそれより前の榛名時代は67才にもなるので、当時の私の親くらいの年齢になってます。
 雪合戦は高商ブラスの恒例行事で長野県の小諸青年の家に合宿に行ったときも氷点下15度の中で雪合戦しました。体育館では私がピアノを弾いてフォークダンスもしました。「憶えいてるだろうか。」です。
 もしかして、練習より、りレクリエーションの方を良く憶えているものかもしれませんね。

投稿: カッキー | 2020年11月20日 (金) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西南の空でランデヴー | トップページ | 何と言っても十分な車間距離・・・安全運転の基本 »