« 晩秋の倉賀野緑地までストライドを意識して歩く | トップページ | 移ろい菊に背中押されて・・・上毛新聞「ひろば」 »

2020年11月28日 (土)

残された石を通して、古代人の生活を考える

Img_1413
【拡大してご覧ください】
 
 一般家庭として、私の庭には石がたくさんあると思います。以前の家から引っ越してきたとき、20才の私がリャーカーで大きな石を何度も運んだからです。その殆どは現在、築山の石垣になったり、庭石として玄関への道の両側に並べてあります。
 
 一方、元々、今の庭にあった石は比較的小さいものです。その中に古代人がまな板として、硬い実を砕いたのではないかと想像される石もあります。ご覧の石がそれで、正確な楕円体です。遠い日本人の祖先が生活した証が感じられ、大切に保存しています。
 
 現在、世界中で感染症が流行して収まりません。古代人は悪性の伝染病で苦しんだとき、どのように対処したのでしょう。薬草だったのでしょうか。
 
 As a general family, I think there are many stones in my garden. When I was 20 years old, I moved from my old house, and carried large stones many times in a rear car. Now, most of them are used stone wall of artificial hill for plants and are lined up on both sides of the sidewalk to the entrance.
 
 On the other hand, the original stones here in the garden are relatively small. Some of the stones are supposed to had used as cutting board to crush seeds by ancient people. That is the stone you see, which is an exact ellipsoid. I feel the proof that Japanese distant ancestors lived here so that I keep it carefully.
  
 Currently, infectious diseases are prevalent all over the world and cannot be stopped. How did the ancients deal with malignant infectious diseases when they suffered? Did they find medicinal herbs?
 

|

« 晩秋の倉賀野緑地までストライドを意識して歩く | トップページ | 移ろい菊に背中押されて・・・上毛新聞「ひろば」 »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋の倉賀野緑地までストライドを意識して歩く | トップページ | 移ろい菊に背中押されて・・・上毛新聞「ひろば」 »