« 疎かになりがちな鼻の健康と嗅覚 | トップページ | 筋肉増強には引く力も鍛錬 »

2020年11月19日 (木)

今年はよく見かける庭のカマキリ

Img_1389
 
 今年は庭の植物に多くのカマキリを見かけます。この写真は昨日撮りました。昨年から藤や雪柳に黄色い袋のような形の卵の存在に気付いてました。おそらく、その中から子供が生まれたのでしょう。私は庭に農薬や除草剤を撒いてません。理由は人体にもよくないと考えるからです。
 
 それにしてもカマキリの触角と手足は長く、大きな目も特徴があり、草むらにいると保護色により簡単に見つけられません。一方、餌となる虫を獲る手は非常に発達してます。空中を飛べるのも狩りに便利です。触っても逃げず、ずっと秋の陽を浴びてます。餌となる虫の出現を待っているのでしょうか。それとも配偶者を捜しているのでしょうか。
 
 This year I find many praying mantis at the plants in the garden. This photo was taken by me yesterday. Since last year, I have noticed the existence of eggs shaped like yellow bag on wisteria and spirea. Perhaps children were born from it. Every year, I don't sprinkle agriculture chemical or herbicide in my garden. Because it is not good for the human's health as well.
 
 Even so, the mantis's antennae and limbs are long, and its large eyes are also characteristic, and it is difficult for me to find her in the grass due to its protective color. On the other hand, her hands that catch insects for feeding on are well developed. It is also convenient to fly in the air for hunting. She doesn't escape even if I touch her in the autumnal sunlight all the time. Maybe she is waiting for the appearance of insects or looking for the spouse the same as me.
 

|

« 疎かになりがちな鼻の健康と嗅覚 | トップページ | 筋肉増強には引く力も鍛錬 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

蟷螂(カマキリ)は、いろいろなポーズを見せる。
獰猛にして威嚇的
   蟷螂はむか腹立つが仕事かな 
     (小林一茶)
前脚を擦り合わせている正面の貌は神父さん
   かまきりの拝む形をしてゐたり
     (細見綾子)
小春日和の中を静かに歩く胴長の姿は雪原の中のきたきつねの歩みにも似ている
   蟷螂は狐のごとく歩みけり
     (阿波野青畝)


投稿: 時計屋の近く | 2020年11月19日 (木) 08時33分

時計屋の近くさんへ・・・昔から他の虫とはかけ離れた獰猛にして威嚇的な姿に蟷螂を詠んだ句はずいぶんあり、歌人によい題材だったのでしょう。
 誠に今年はカマキリをよく見かけます。小春日和の頃は多くの虫がすでにいなくなっても、カマキリのみ時々庭に現れます。確かに正面から見ると恐ろしい顔をしています。
 ところで、某所には24日に参るつもりです。

投稿: カッキー | 2020年11月19日 (木) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疎かになりがちな鼻の健康と嗅覚 | トップページ | 筋肉増強には引く力も鍛錬 »