« 開花を夢に、今は基礎固めの時期 | トップページ | 昭和時代から愛読してる英文対照の天声人語 »

2020年11月26日 (木)

若き日を思い出しつつ、ピアノを弾く

Img_1308
 
 最初の就職でインドのカルカッタに滞在してました。4月に日本人学校に赴任し、やっと慣れてきた5月が夏休みだったので国が変われば年間スケジュールも異なります。若かったこともあり、ベンガル湾での海水浴などあちこちに出かけました。
 
 海岸ではビーチボーイと言う人がいてお金を払うと足の届かない沖まで手をつないで連れてってくれる商売があり、海の沖で泳ぎました。また、インド象が人を乗せてる光景をよく見ました。ですから、いまでも私の部屋に飾ってある12頭の象は若き日を思い出させてくれる象徴になってます。
  
 I stayed in Calcutta, India for my first job. I was assigned to a Japanese school as a teacher in April, and when I got used to stay there, it was summer vacation in May, if the nation changes, the annual academic schedule is different from Japan. Since I was young, I went to various places such as swimming in the Bay of Bengal.
 
 There was a beach boy on the seashore, his occupation is an unique business that took me to the offshore where I couldn't reach down to the bottom of the sea. I paid for it, and I swam off the coast of the sea. I also saw Indian elephants carrying a few people many times. Therefore, still now, the 12 elephants adorned in the room are the symbol that reminds me of the adolescence in India.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 開花を夢に、今は基礎固めの時期 | トップページ | 昭和時代から愛読してる英文対照の天声人語 »

インド生活の思いで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開花を夢に、今は基礎固めの時期 | トップページ | 昭和時代から愛読してる英文対照の天声人語 »