« 晩秋となり、最期を懸命に生きるカマキリ | トップページ | 荒海を進むような荒船山・・・妙義山から撮影 »

2020年11月11日 (水)

金柑が豊作・・・食べごろは来年早々

Img_1356
 
 庭の金柑の木を見たら、未だ青いけれど推定300個ほどの実が生ってます。太陽と雨と土でこのように生るのですから、自然は誠に素晴らしいです。来年早々に食べられるでしょう。金柑はそのまますべてを食べられて、栄養価も高く、特に、ビタミンCを多く含みます。これは免疫力を高めたり、血流を改善する働きがあると言われ、また、抗酸化作用があるβーカロチンも含むと言われてます。
 
 それにしても金柑は英語で「噛む食わっt」と発音し、そのまま噛んで食べられる日本語の意味に似てます。
  
 When I looked at the kumquat tree in the garden, it has still blue fruits, but there are an estimated 300 fruits. Nature is marvelous because it grows in the sun, rain and soil only. I will be able to eat it early next year. Kumquat can be eaten as it is. It is nutritious, and is especially high in vitamin C. It is said to have the function of boosting immunity and improving blood circulation, and it is also said to contain β-carotene which has an antioxidant effect.
 
 Even so, kumquat is pronounced in English as "chew and eat" which is similar to the Japanese meaning.
 

|

« 晩秋となり、最期を懸命に生きるカマキリ | トップページ | 荒海を進むような荒船山・・・妙義山から撮影 »

antioxidant」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋となり、最期を懸命に生きるカマキリ | トップページ | 荒海を進むような荒船山・・・妙義山から撮影 »