« 地球に接近中の火星がよく見える | トップページ | 今宵もよく見える接近中の火星 »

2020年11月 5日 (木)

今でも脳裏に焼き付いている巨大な火口の姿

Img_1311
 
 写真は榛名山の中腹から見た赤城山で、その最高峰はすでに雪に覆われてます。群馬県でよく知られてる山は上毛三山と言われ、それは赤城山、榛名山、妙義山です。この他の有名な山は活火山の浅間山、魔の谷川岳、武尊山などです。私の体験では、これらの山がすべてよく見える位置は玉村町です。
 
 若き日に登った中で、強烈に印象に残ってる山は活火山の浅間山【標高2568m】です。底が見えないほど深く巨大な火口の姿に驚愕しました。そして、関東平野がすべて雲に覆われ、生れて初めて広大な雲海を見て、あまりの感動でその後、二回も登頂しました。そのときは日本アルプスや富士山が大きく見えました。
 
 The photo indicates Mt. Akagi seen from the middle of Mt. Haruna, and its highest peak is already covered with snow. The well-known mountains in Gumma Prefecture are called Jomosanzan which are Mt. Akagi, Mt. Haruna, and Mt. Myogi. Other famous mountains include the active volcano Mt. Asama, the terrible Mt. Tanigawa, and Mt. Hotaka. In my experience, Tamamura town is the best place where we can see all of these mountains.
 
 The mountain that left a deep impression on my mind when I was young is Mt. Asama [elevation 2568m]. I was amazed at the appearance of the huge crater so deep that I could not see the bottom.
At that time, the entire Kanto plain was covered with clouds so that I saw a vast sea of clouds for the first time in my life. I was so impressed that I climbed the summit twice after that. At that time, the Japanese Alps and Mt. Fuji looked big.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

|

« 地球に接近中の火星がよく見える | トップページ | 今宵もよく見える接近中の火星 »

群馬の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地球に接近中の火星がよく見える | トップページ | 今宵もよく見える接近中の火星 »